鰻と神社めぐり

 

先日、美味い鰻食べに行ってきました。

墨田区にあるお店なので、お友達のAさんとは両国駅で待ち合わせ。

両国駅から北斎通りを通ってたんですよ。

この通り沿いに昨年オープンしたすみだ北斎美術館があるですよ。

 

 

休日だったからか、そこそこ混んでそうでしたねー。外からしか見てないけど(笑)。

で、この美術館の設計を妹島和世さんがされてるので、そのうち中も見に行きたい。

どーてもいい情報ですが、ワタクシ、妹島さんと誕生日が一緒です。生まれ年は違うけど。

 

 

で、やってきました石原の鰻屋「川勇」。

以前もこのブログで書いたんですが、ここの鰻が美味いのよ!

もうね、お店の近くに着いただけで鰻の蒲焼のいい匂いがっ!

昼営業が始まってすぐくらいにお店についたので、すぐに座れましたー。席数も江戸川橋のはし本よりはあるしね。

今回はちょっと奮発して「特上 竹」を頼んじゃったぜー!

件の鰻さんはコチラ。

 

 

ふっくらフワフワです♡

安定の美味さでした。

 

 

食べた後、私はとくに予定なかったんですが、Aさんが深川不動尊と神田明神に行かれるとおっしゃったので、一緒についてくことにしました。

大江戸線で門前仲町へ。

あっという間に深川不動尊ダヨ。

 

 

門前仲町着いた時には、天気もかなり回復していて上着着てると『ちょっと暑いかな?』と思うくらい。

お焚き上げの時間には合わなかったので、中の見学だけ。

 

お隣?というか近くに富岡八幡宮があるので、そっちも寄ってもらったり。

 

お参りするところが南向きなので、日光燦々です。上着着てたら、暑かったヨ!

境内では神前式の結婚式を挙げた(っぽい)カップルが記念撮影しておりました。

 

私が「小網神社に行きたい!」ってのを数日前にFB で言ってたので、ついでに寄り道して小網神社にも寄ってもらいましたー。

 

ワタクシ、ここ初めて行ったんですが、思ってたよりちっちゃいのね!

なんかコンパクトな神社ですね。

神社の敷地の広さに比べて、参拝客はわりと来てたな~。

私は銭洗い弁天というと、鎌倉の宇賀福神社のイメージがあったので、あそこと無意識に比較してました。小網神社の銭洗い場は、宇賀福神社と比べるとめっちゃコンパクトでした。

ただ、境内がこの広さのわりに、氣がよかったですねー。神社の手前の道あたりまで浄化されてる感じがしました。

 

そして神田明神。

あ!写真、ブライトやり過ぎたわ

ここでも神前式カップルに遭遇。しかも二組も!

手前の左側と奥の右側にカップルさんたちが居るんです。

裏の摂・末社をお参りして、拝殿もお参りし終えて境内でAさんとおしゃべりしてたら、ポニー(?)を散歩させてる男性が境内を通って、一瞬結婚式用の神社側の演出なのかと思いました。あれはびっくりしたわー。そのあと東京医科歯科大裏の交差点でもその男性を見かけたので、お散歩中だっただけっぽい

 

御茶ノ水駅に辿りついたらニコライ堂が見えたので、「ニコライ堂も見たい!」と言って、付き合ってもらいましたー。

ちなみにこのニコライ堂、実施設計はジョサイア・コンドルだそうだ。

ジョサイア・コンドルと言えば、先月行った三菱一号館美術館のオリジナルも設計してた人ね。

辿りついた時には、もう見学時間は過ぎちゃってたので、中を見るのはまた次の機会だなー。

 

そのご近くのカフェでAさんとお茶とおしゃべり。

Aさんとはネットでやりとりしてたんですが、リアルでお会いするのは実はこの日が初めてでした。

しかーし!「以前からお友達ですよね?」って感じなくらい、ふっつーにお話してましたねー(笑)。

Aさん、長時間お付き合いくださりありがとうございましたー!

 

 

カテゴリー: お出かけ タグ: ,

江戸川橋の老舗鰻屋に行ってきた

数か月前にYouTube で料理関係の動画ばっかり見てた時期があるんですよ。

その時に、偶然辿りついたのがこの動画。

 

*テキストは英語ですが、インタビュー音声は日本語です。

 

この動画見て、気になってたんですよねー。

創業が天保6年(1835年)だそうで、180年の歴史を持ついわゆる老舗鰻屋さん。ミシュラン東京版でも星とってるらしいよ。

 

 

ってことで、行ってきました。

最寄駅は地下鉄有楽町線の江戸川橋駅。うん、『え?どこ?その駅?』って感じですよね。

ざっくり言うと早稲田の北のほうって感じ?

新宿区と文京区の境目のあたりです。もうちょっと南に行くと神楽坂があったりするあたり。

 

江戸川橋駅を出て、新目白通り沿いに東へ進み、神田川を越えるとすぐにお店がありました。

 

昼営業の5分くらい前に着いたんだけど、すでに1グループお客さんらしき人たちがいました。

女性の店員さんが暖簾を出され、「いらっしゃいませ」とおっしゃったので先に来てたグループの後から入店。

予約していかなかったけど、お座敷席なら空いてるとのことだったので、お座敷席へ。

テーブル席を眺めてみたら、ほとんどの席に「ご予約席」のプレートが置いてありました。

並ばずに食べたい場合は、予約したほうが無難のようですね~。

 

 

さて、鰻(鰻重)ですが、特上・上・並の3つがございました。

店員さんに聞いてみたら、それぞれご飯の量は一緒だそうです。乗ってる鰻の量が違うそうだ。

「上」を頼もうかと思ったけど、最近胃もたれ気味なのを思い出して「並」にしました。

鰻重に椀物はついてこないっぽかったので、吸い物も単品で頼む(椀物は肝吸いもあるヨ)。

 

 

わりと待ったのち、やってきましたうなじゅー!

 

これが鰻重(並)の外見。

 

で、それぞれの蓋を開けるとこんな感じ。

 

 

あ、あれ?なんか鰻、少なくない??

ミスったわー。鰻重(上)にしときゃよかった…orz

 

さて、鰻ですが普通に旨かったです。ただ、感動するほどの美味って感じでもなかったかなー(個人的にはね)。いや、美味いんだけどね

それより、ご飯が美味かったー!!

タレの濃さも割と好み♡

 

一緒に行った友人がふと「関東の鰻だねー」みたいなことを言ったんですよ。

関東の鰻(蒲焼)は蒸し焼きだそうで、わりとふっくらな感じだそうだ(多分そんな感じのことを言ってたと思う。うろ覚え)

それを聞いて思ったんですが、ある一定以上の美味さの食べ物って、その先はもう個人の好みで美味さが決まるんじゃないかと。『確かに美味しいけど、わたしはあの店のほうが好み』みたいな感じでさ。味覚というのも、「人は慣れ親しんだ味を美味いと感じやすい」って話を聞いたことあるし。

ってことで、私の勝手な意見ですが、「はし本」の鰻は、鰻・タレ・ご飯のトータルバランスが非常にいい鰻重ではないかなーと思います。

 

鰻重(並)とお吸い物で2,750円でした~。

鰻重(並)が2,600円でお吸い物が150円。

たぶん、夜行っても同じお値段だと思う。

参考までに、鰻重(上)は3,300円、鰻重(特上)は4,000円どす。

 

 

うなぎ はし本
東京都文京区水道2-5-7
11:30~14:00 / 16:30~20:00(L.O 19:30)/定休日:木曜日
http://www.unagi-hashimoto.jp/

 

 

カテゴリー: 食べ歩き タグ: ,

両国で鰻重食べてきました

201602kawayuh

 

数日前に知人に東京の東の方の美味しいお店をいくつか教えて頂きまして、その中で両国の鰻屋さんがすごく気になったんです。来週の週末に行こうかと思ってたんですが、来週までこの鰻熱を保持していられるのか?! 「ウナギ、ウナギ」言いながらあと1週間も過ごすのはキツイ! …と思いまして、早速食べに行ってきました。

両国駅から歩いて15分くらいのところにある「川勇(かわゆう)」という鰻屋さん。テレビでも何度か紹介されてるお店のようです。店内にその時の写真が貼ってありました(サイトにも載ってる)。

お店に着くとテーブル席は満席。お座敷だったら空いてるのですぐ座れるとのこと。私、お座敷ってあんまり好きじゃないので、テーブル席が空くのを待つことにしました。待ってる間におかみさんらしき女性が「先に注文決めておけば、早くお出し出来るわよ」って感じで、注文を聞いてくれました。肝吸も飲みたかったので「鰻重 上」を注文。

しばらくすると、テーブル席のお客さんがお帰りになられた。で、通された席が神棚の下のお席。神様とディナーって感じで、なんか嬉しい。他の席からは見えにくい席なので、ゆっくり食べれるー。しかも四人席独り占め~♪

お席に着いたら、女性の店員さんが緑茶とお漬物とおしぼりを持ってきてくれました。でも、すぐにはお漬物に手が伸びなくて、しばし正座しそうな勢いで姿勢を正して鰻が来るのを待ってしまった(笑)。テーブル席だから、正座はしてませんけど。

その後、肝吸が来て『おぅ、そろそろ鰻とご対面かしら!』と思ってると、ほどなく鰻重のご登場。それが上の写真です。

鰻に箸を入れると、スッと箸が入るんですよ。ステーキが箸で切れると感動しますが、あれに似た感動がっ! 食べてみると、フワフワですよー! 鰻ってこんなにフワフワなんですねー! 初めて知りました。鰻自体は、サッとタレをくぐらせただけなのかな?それほどタレの味は濃厚ではないんですが、その分お重の中のご飯にタレがしっかりかかってる感じです。

肝吸は好みな味でしたが、お漬物はもっと浅漬けの方が私は好みかな。

お重のご飯はけっこう入ってますねー。食べ終えた頃には、お腹いっぱいでした。で、食べ終えてからテーブルに置いてあった山椒をかけて食べ忘れたことに気づき、ショック・・・。しもうたー! 食べる前にテーブルを眺めてて山椒が置いてあるのに気が付いて、『鰻、半分食べたら山椒かけてみよーっと♪』とか思ってたのに、鰻の魅力に負けて一気に食べ終えてました。

また行きたい。

 

うなぎ川勇

東京都墨田区石原3-30-9

営業時間 11:00~14:00(LO 13:45) 16:30~20:30(LO 20:15)

定休日 水曜

公式サイト 食べログ

 

カテゴリー: 食べ歩き タグ: ,

Copyrighted Image