感情の22段階 その2

 

そだ、前の記事書き終えてから思い出したことなど。

 

 

例えば、引き寄せの法則で有名な本と言えば「ザ・シークレット」!

 

 

この本を読んですぐに望む世界を創れるようになる人って、推測するに「感情の22段階」の1~7あたりに居れる人じゃないかな?と思う。

感情の22段階はコレね。

1 喜び、智恵、充実、自由、愛、感謝
2 情熱
3 熱意、やる気、幸福
4 肯定的な期待、信頼
5 楽観
6 希望
7 満足
8 退屈
9 悲観
10 不満、苛立ち、焦り
11 戸惑い
12 失望
13 疑い
14 心配
15 非難
16 落胆
17 怒り
18 復讐
19 憎しみ、激怒
20 嫉妬
21 危機感、罪悪感、自己卑下
22 恐れ、悲しみ、落ち込み、絶望、無力感

 

14(心配)や13(疑い)の感情が常にある状態の人だと、ちょっとシフトチェンジするのに時間がかかると思います。

21(危機感など)や22(恐れや絶望感など)の感情が常にある状態だと、拒否反応が出ると思います。

あれよ、怒りに満ちてる人に「感謝するといいよ」とか言っても、「はぁ?!何言ってんのよ!」って反応になると思うんよ。エネルギーが違いすぎるからね。

 

 

で、段階の上に上がってく方法ですが、平たく言うと出し切ると上がる

例えば失恋したときとか、しっかり悲しみ切ると浮上してくるじゃないですか。思いっきり泣くとかさ。

そこまで大きいものでなければ、前の記事に書いたように「ほっとする」とか「ちょっと上がれる」アイテムを使っても上がれます。まめにやってるとこっち(「ほっとする」とか「ちょっと上がれる」アイテム)だけで上がれるようになってくる気がします。

 

そもそも自分が今現在どの地点に居るのか分からない場合、休むとか緩ませるとよかかと思います。

休むは普通に寝とけって話なんですが。

めっちゃ無気力なときって、「何にもしたくない…」になってると思うんよ。そういう時は、無理せずゆっくり休んでください。ちなみに22あたりは生命力みたいなのも落ちてるので、「何か行動したい!」みたいなことすら思わないと推測します(てか、過去の自分がそうだった(笑))。なので、まずはゆっくり休んでください。上がってくると行動力も出てくるので、それからです。

 

緩ませるはそれこそいろいろ方法があると思うので、自分でやってみて自分に合った方法を見つけるとよいかと思います。それこそお股カイロだったりふんパンだったりよもぎ蒸しだたりマッサージや整体だったり温泉だったりヒーリングだったりアロマだったりカラオケ行くとか、いろいろあると思うんよ。

あと、感情開放もよかですよ~。自分の感覚に敏感になるにはもってこいです。まあ、好みがあるから、すべての人に良いとは言いえないけど。

 

で、ですね。

1~7あたりに行くと、14とか13あたりに居る時では考えつかなかったことが考えつくんよ!

13や14あたりでも視野が狭くなってると私は感じるんですよ。

それが7あたりに行くと、視野が広がる感じ?

例えば、過去にAという出来事があって、その後Bという情報を知ったとします。

13や14あたりだと、それは何の関連もない別々の事に思えるんだけど、7あたりまで上がっていくと『あれっ?!Aってのは、Bに繋がる出来事として起こってたんじゃない??』って発想(アイディア)が出てくるんよ。何の関係もなさそうなことがいきなり繋がるんよ。

思考パターンが変化するって感じかなー? そういうことが起こりやすくなってきます。

 

情報が、探しに行かなくても入ってくるって状態になりやすい。

何か行動したとしても、少ない労力で済むかな~。

 

だから「良い気分でいろ」って言ってるんだと思うんよ。

 

 

感情の22段階

 

「感情の22段階」が最近すごく役に立ってます。

エイブラハムたちが唱えてる指標(ってのかしら?)なんですが。

ハピちゃんがわりとセミナーで言ってたりするので、ご存知の人もいるかな。

 

エイブラハムたちが言う「宇宙の法則(引き寄せの法則でもいいけど)」では、「明るくて良い気分でいる」ことが大事だって言ってるんですよ。

「明るくて良い気分でいるとき、あなたは「内なる存在」と同調してる状態です」って。

この「内なる存在」ってのは、「魂」とか「ソース」とか「神」とか「ハイヤーセルフ」とか呼ばれてるのとほぼ同じらしい。ハピちゃんは「ボルテックスにいる状態」って表現でよく言うよね。

このゾーンにいると問題が問題でなくなるってことが起こってくるそうなので、「明るくて良い気分でいることが大事」って話らしいのよね。

 

で、現在地点が分からないとボルテックス(内なる存在と同調してる状態)に居るかどうか、ボルテックスからどれくら離れているのかが分からないと思うんよ。

そんな時に!感情の22段階ですよ!!

1がボルテックスにいる状態です。1から離れるほど、「ボルテックスから離れてまっせー」ってだけね。

 

1 喜び、智恵、充実、自由、愛、感謝
2 情熱
3 熱意、やる気、幸福
4 肯定的な期待、信頼
5 楽観
6 希望
7 満足
8 退屈
9 悲観
10 不満、苛立ち、焦り
11 戸惑い
12 失望
13 疑い
14 心配
15 非難
16 落胆
17 怒り
18 復讐
19 憎しみ、激怒
20 嫉妬
21 危機感、罪悪感、自己卑下
22 恐れ、悲しみ、落ち込み、絶望、無力感

 

右側に書かれてる感情は、あくまで「こんな感情を感じる時」って目安ね。

*最近の私の実験では、1~7あたりの感情を感じるときは、「おおむね良い気分」になってるように感じます。

 

 

数日前に落ち込むことがあったんですが、その事柄を知って、まず22あたりに行ったんよ。

ここら辺に行ってると、思考に勢いがつきやすい気がします。

悪いことを想像し始め、さらにそれに伴った出来事を想像しだすの(笑)。

先月からここら辺のトレーニングを地味にやってたので、今回は22に行ったときに『いや、待てよ。今めっちゃボルテックスから離れたんだな』と一呼吸置けたんよ。

でも一呼吸置く前に行動しようとすると、たいていろくなアイディアが思いつきません(笑)。

なぜなら、その時発してるのは問題のエネルギーだし、22あたりに居ると視野が狭くなってるので、ヒラメキにつながらないんよ。

余談だけど、いわゆるヒラメキが起こるのって脳波がアルファ波を出してるあたりらしいんよ。アルファ波を出してる時ってのは、リラックスしてる状態と言われてます。だから「散歩してるとひらめく」って人は、散歩がその人にとってリラックスした状態を作り出すからなんね。お風呂入ってるとひらめくみたなのも同じ理由どす。

たぶん、22あたりだとガンマ波あたりを出してるんじゃなかろうかと思うんよ。ガンマ波ってのはイライラしてる時に出てる脳波。

そんな時にいいアイデアなんて思いつきませんよ(笑)。

 

で、どうしたかというと、『ちょっとずつ上がっていこう』と思って、まずはハピちゃんのセミナー音声聞きながらゲームしてたんですよ。

ハピちゃんのセミナー音声でも、奥平亜美衣さんのスケジュール帳でも、「自分がほっとする、いい気分になることを書いておこう」ってのがあるんよ。

先月後半からトレーニングしていて、「あ、これやるといい気分になれるな(この場合の「いい気分」ってのは、何もハッピーな気分とか前向きな気分でなくて、「ほっとする」とか「ちょっと上がれるな」ってのでOK)」って思ったものは書いておいたんよ。私の場合は、その中にハピちゃんのセミナー音声があったので、それ聞いてた訳ですわ。

そうすると、めっちゃ地味~に上がって行くんよ。ちょっとずつね。

あとエイブラハムの本読んでましたね~。

 

昨日の午前中だったかな? 『あ~、なんか暇やな~』ってふと思ったんよ。

そのときの私の脳内会話をドゾ。

『あれ?今、私、「暇」って思いませんでした? 暇ってことは退屈と近いよね? ってことは(感情の22段階の)8まで戻ってきてるってことやん!』

はい、もう一度「感情の22段階」をドゾ。

 

感情の22段階

1 喜び、智恵、充実、自由、愛、感謝
2 情熱
3 熱意、やる気、幸福
4 肯定的な期待、信頼
5 楽観
6 希望
7 満足
8 退屈
9 悲観
10 不満、苛立ち、焦り
11 戸惑い
12 失望
13 疑い
14 心配
15 非難
16 落胆
17 怒り
18 復讐
19 憎しみ、激怒
20 嫉妬
21 危機感、罪悪感、自己卑下
22 恐れ、悲しみ、落ち込み、絶望、無力感

 

22に一度行ったけど、8まで戻ったんよ。

かなりボルテックスに戻ってきました。

もちろん途中で「危機感」だったり、「心配」だったり「失望」「疑い」あたりも通ってきてます。今の私の場合、14(心配)・13(疑い)・10(焦り)あたりの滞在時間が長いですね~。

ちなみに、昨年四柱推命始めた時って、多分10あたりに居たと思うんよ。「早く結果が出て欲しい!」って感じ。行動をスタートした時の感情と同じ感情の結果を引き寄せるので、「早く結果が出て欲しい」って状況をまた生み出すんよ。引き寄せの法則ってそういうことですよ。なので四柱推命は辞めました。

 

あともうちょっとボルテックスに近くなると、もっと視野が広がるので良いアイディアが思いつきやすくなるはず。

ってことで、落ち込んだときに感情の22段階を目安に使って上がってきました、って話でした。

 

 

合わせてこちらもドゾ。

感情の22段階 その2

 

 

Copyrighted Image