四柱推命の年始と季節について

たまには真面目に四柱推命の話でも書きますか。

 

四柱推命ってのは、暦を陰陽五行で説明したものなんですよ。平たくザックリ言うと。

 

で、いきなりですが、四柱推命で言う年始は立春となります

*細かく言うと、立春生まれや節入り生まれの人の場合は出生時間も必要になるけど、そこについては省略。

なので、1月生まれの人は年の干支かんしは前年の干支でみるのよ。

 

 

あ、その人の生年月日を四柱推命用に表したもの↑を「命式めいしき」と呼びます。

上の図がそうね。これはわたしの命式。

この赤い枠の部分が年の干支となります。

わたしの場合、この図で言えば「丁巳ひのとのみ」年ね。

1977年生まれのなので、一般的な干支(えと)で言うと巳年なんだけど、四柱推命だと十干十二支じゅっかんじゅうにしってのを使って表すので、「丁巳」となります。

ひのと」ってのが、十干じゅっかんで「巳」が十二支ね。

1月生まれの人は、この年の十二支の部分が一般的な十二支と違ってると思うのよ。てか違ってるんだけど。

それは、四柱推命で使ってる暦では1月はまだ前の年の干支とみなすので、いわゆる普通の十二支と違ってきます。

 

 

さて、次は季節のはなし。

メール鑑定では「生まれた季節でみた性格」ってのも出してるんですが、この季節も曲者なのよ~。

 

紛らわしいつうか、わたしは今でもちょっと混乱します。ので、確認してます

四柱推命は、暦を陰陽五行で説明していると書きましたが、この「暦」ってのが十干十二支であり、二十四節季です。

「二十四節季って何?」と思いますが、天気予報で「もう暦の上では春です」みたいなこと言うじゃないですか。あの「暦」が二十四節季よ。

 

二十四節季は

立春、雨水、啓蟄けいちつ、春分、清明せいめい穀雨こくう、立夏、小満しょうまん芒種ぼうしゅ、夏至、小暑しょうしょ大暑たいしょ、立秋、処暑しょしょ白露はくろ、秋分、寒露かんろ霜降そうこう、立冬、小雪しょうせつ大雪たいせつ、冬至、小寒しょうかん大寒だいかんね。

「立」が付く節季と「分」がつく節季はわりと聞くかな?

上記の二節季で昔は「ひと月」としてたのね。だから、「立春」と「雨水」で「寅月」となる。

グレゴリオ暦の2月と寅月では少しズレがあるんですが、だいたい2月=寅月と思っていただければ分かりやすいかな。

*厳密に言うと違います

 

 

立春は「春」って漢字が入ってるように、二十四節季では「立春から春」となります。

…なので、立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨は

春なのよ。

ざっくり言うと、2月・3月・4月生まれの人は、「春生まれ」となります。

*厳密に言うと違うけどね

 

 

立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑は

夏となります。

ざっくり言うと、5月・6月・7月生まれの人は「夏生まれ」となります。

*厳密には違います

 

 

立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降は

秋となります。

ざっくり言うと、8月・9月・10月生まれの人は「秋生まれ」となります。

*厳密には違うけど

 

 

立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒は

冬となります。

ざっくり言うと、11月・12月・1月生まれの人は「冬生まれ」となります。

*厳密に言うと違うけど

 

 

ってことで、四柱推命上での年始や季節はちょっと違うよって話でした。

 

二十四節季について詳しく知りたい方は、wikipedia 先生に聞いてください。

毎年の二十四節季は国立天文台の暦計算室のページで確認できます。参考にどぞ。

 

 

 

カテゴリー: 四柱推命 タグ:

12運命周期のはなし

 

一昨日だったかなー。

メンタル的にめっちゃ落ち込んでたんですよ。もう思い浮かべること全て不安に苛まれるようなことばかり…みたいな感じ。何やっても心落ち着かずで、夜もあんまり寝付けなくって、もう「救急科にかけこむか?!」と言うくらいヒドかった。

で、ふと『あれ?今日って何の日だ?』と自分の12運命周期を見たら、ものの見事に「空転の日」でした。

 

わたしが習った流派の四柱推命では12運命周期(天中殺)というのがございまして、年・月・日・時間で、それぞれ12のリズムがあるのですよ。

わたしは日ごとのリズムってあんまり気にしてないし、体感としてもないんですが、「空転の日」だけはなぜか分かる

とにかく落ち込みやすいし、空回りしやすい。

あ、あくまでも私はそう感じるって話です。

 

特に女性の場合は、自分の生理周期の方がリズムを捉えやすい人も居るだろうし、星(惑星)のリズムの方が掴みやすい人も居るかと思います。

↑ こういう感じで、「自分の感覚で捉える」のって大事どすよ。

 

 

四柱推命の12のリズムはこんな感じ。

 

☆夜明けの時期

新しい目が顔を出したような時期

 

☆進化の時期

芽が成長して、ぐんぐん成長する時期

 

☆決意の時期

成長した草木に花がさく時期

 

☆休息の時期

成長した草木や作物が、夏の暑さで元気がなくなるような時期

 

☆青春の時期

真夏の太陽の下で、草花が華麗に咲き誇り蝶や鳥が集うような時期

 

☆空転の時期

草花や作物が台風に襲われ散るような時期

 

☆飛躍の時期

秋に向けて、実がどんどん大きくなってくるような時期

 

☆絶好調の時期

大きく育った実が熟れ、草木の最盛期を迎えたのような時期

 

☆頂点の時期

実が大地に落ち始め、冬の足音が聞こえてきそうな時期

 

☆忍耐の時期

草木が、冬の訪れと共にだんだん弱っていくような時期

 

☆陰徳の時期

本格的な冬の到来。落ちた実は大地の栄養となり、畑もお休みのような時期

 

☆修行の時期

草木の種が、雪や大地の下で新たな芽を出すエネルギーを蓄えているような時期

 

…とまあ、草木や畑なんかで説明するとイメージとして掴みやすいかと思います。

 

 

カテゴリー: 四柱推命

大宮で四柱推命のフォロー&シェア会

ことの発端は10月末だったかな?

「四柱推命のシェア会するとしたら来てもらえるでしょうか~?」ってお話があったんですよ。

それからトントン拍子に話が進み、12月15日に大宮でフォロー&シェア会を開催してもらいましたー!

もーねー、参加メンツが強力すぎて、ワタクシは呼び出し食らってお呼びしていただいてガクブルでこんな感じでした→((((;゚Д゚))))

 

 

主催(?)してくれたのは、moco 先生こと「自由カメラ」のもこちゃん。

参加してくださったのは、熊谷でビーズ講師をしている「Puaanela(プア アネラ)」のnoko さん。

13の暦の講師をしている小清水恭子さん。

・・・というゴーカメンバーでした。

 

会はランチを食べつつということで、場所は大宮にある糖質オフのレストラン「カーボオフ」でしたー。カーボというのが糖質のことらしいよ。

糖質オフのからだにおいしいレストラン「カーボオフ」
http://www.carbooff.jp/

 

それぞれランチを注文。

まずはスムージーから。

 

私はパスタランチを注文。

この日はトマトソースのパスタでした。

 

ちなみに、みなさんはサラダランチを注文されてました。

これはお隣に座ってたnoko さんのプレート。

 

パスタは炭水化物の代表選手みたいなもんですが、ここのパスタはオーツ麦のブラン(外皮)を使用しているそうで、通常より糖質が1/4に抑えられているそうです。

ワタクシ、この日めちゃくちゃお腹空いてたので、ちょっとこれ(パスタセット)では足りなかったなー。

 

さて、ここまでワタクシ、ロクに四柱推命の話をしてなくて、内心

『まったく話してないんだけど、い、いいのかしら?』

とビクビクしておりましたが、どーもこの日はこのメンバーで集まることに意味があったみたいだし、もこさんと恭子さんがお話をリードしてくれてるのにも意味があったようです。

 

で、デザートも食べるゼ!

チーズケーキだったかな?

もちろん糖質オフどす。

こちらのメニューは全部糖質オフなのですー。

 

ここら辺にきて、「そういえば四柱推命の話してないね」って流れになり、ちょっとフォロー会っぽい話もし。

ようやく肩の荷が下りた気分どす。

 

けっきょくお店のランチタイムぎりぎりまでお話してました~。

オーナーの粂さん、スタッフさん、ありがとうございました!

 

で、話はここで終わらず、次のカフェに持ち越し。

近所の小洒落たカフェに移動して第二ラウンド(?)。

そして、そこでもケーキ食べてました。

こっちは普通のガトーショコラ。

 

ワタクシ、ほんとにロクに四柱推命の話してなかったんですが、今回はマスターな人たちが揃ってたのでそれもまた良しってことで。

むしろ、私の方がいろいろな情報を仕入れることができました。

参加してくださったお三方、ありがとうございましたー!

 

来年(あ、もう今年か)は、noko live が見れることと恭子さんのドラムが聴けることを期待しております♪

 

 

カテゴリー: お出かけ, 四柱推命

2. 天中殺は悪い時期?

map1

 

天中殺ネタの続き。

あんまりにも自分らしく生きてないと、天中殺で(所謂)悪いことが起こる→軌道修正がかかるって話を数記事前に書きましたが、その次ね。

 

そこそこ自分らしく生きれてるとか、月の天中殺(年だけでなく月でも天中殺はあります)の場合、年度末とか決算期とか年末に近い感じかもしれません。

会社やお店に勤めたことがある方だったら、「棚卸し」や「事業別業績」ってあると思うんですが、そんな感じよ。

月の天中殺で言えば、1年(もしくはもっと前から)の中で増えいった物だったり繋がりだったりを次の年度も持ち越しますか?って問う時期ね。

だからこの時期に断捨離がオススメなのです。

物の断捨離もそうだけど、情報の断捨離や連絡先の断捨離、自分の思考(不要な思い込み)の断捨離もオススメよー。

 

自分の人生の中で「この分野は得意」ってやってきたもの、これを会社に例えると利益を出してる部門とでも言えば分かりやすいだろうか。それを次の周期にもやっていきたのか、はたまた「今の自分にはそぐわない」と路線変更するか見極めたり。

反対に自分の中の「不採算部門(実際に採算が取れてる取れれないは別としてね。あくまで会社で例えると、よ)」にいい加減ケリをつけるか、それともまだ続けたいのか(「マッサン」の中での鴨居商店のウイスキー部門みたいな感じ?)。

あるいは自分の中で「これをより強化したい」って思うものに対して、磨いて行ったり。この場合は、「学ぶ」って選択肢も出てくる可能性もあるわけよ。

 

って訳で、「天中殺は悪い時期だから何もしない方がいい」って訳でもないよ。

さらに言うと、「自分らしく生きる」を極めてると、人によってはもっとスペシャルな現象も起こりますよ~。

 

カテゴリー: 四柱推命

天中殺は悪い時期?

map1

 

たまには四柱推命やってる人っぽい話でも。

 

私がやってる四柱推命って占いの中で、天中殺という時期があるんですね。

「天中殺」って単語を知ってる方もいると思いますが、一般的には運気が悪い時期と言われています。

 

で、そもそも疑問を持ってもらいたいんですが、

何を持ってして、それを悪いと判断しているのか

ってことです。

コレ、天中殺以外にも言えることです。

 

天中殺を例に話していきますが、

伝統的には「天中殺の時期にはケガや大病を患いやすい」と言われています。

うん。その渦中に居る時には悪いことと思えますよね。実際辛いだろうし。

ただ、もっと長いスパンで見たら、「あの時ケガ(もしくは大病)があったからこそ、(方向転換して)今がある」っておっしゃる方も居ますよね。

 

ってことで、私の考えですが、

天中殺ってのは、自分らしく生きるための軌道修正の時期

だと思うんですよ。

本音を自分に問わないで「世間一般ではこうした方がいいよね」と思ってやってたり、本来持って生まれた資質をまったく生かしてないと、「そっちじゃねーよ!」って軌道修正が入ります。「もっと楽しい人生ありまっせー」って感じで。

いや、もちろん、その渦中にいるときはそんなこと微塵も思えないだろうけどな。

でもさ、ケガや大病くらい起こさないと、そのライフスタイル(人生の方向)変えないでしょ?

だから起きてるんです。

 

今まで多くの人々は「世間一般にこうした方がいい」とか「常識的にこうだよね」ってものに従って生きてたから、たいてい「天中殺に悪いことが起こってる」ってだけじゃねーの?と思うのですよ。

もっと言うと、その「世間一般」だったり「常識的」ってのは、昔「発言力があった誰か(幕府とか領主とか)にとって都合がよかった理論」でしかないかもしれないよ。

 

あ、あと、自分の恐怖心や不安に従いまくってる場合も痛い目みる(悪いと言われることが起こる)かもね。ウケケ。

 

カテゴリー: 四柱推命

Copyrighted Image