tips

大切なのは選択だよ

映画「Matrix」より拝借

映画「Matrix Reloaded」より拝借

 

「Matrix」はとても好きな映画の一つです。

この映画の中で、人生において、ひっじょーに重要なことを言っとります。

「己を知れ」だったり、「考えよるより感じろ」だったり(あれ?モーフィアスとの柔術の練習のとき言ってたセリフってこっちでよかったよね?)。

 

で、私が一番「コレやー!」と思うのが、「大事なのは選択」ってとこだと思っとります。

日々の中で無数の分岐点があって、本当は毎瞬毎瞬選択してるはずなのですが、普段の習慣だとか(思考の癖ね)、一般常識だとか、固定概念なんかで「自動的に選択してしまっている」場合が多いと思うのですよ。

ここを冷静にやってくと、実は大きく変化するんじゃないかと思っとります。

 

世のモニターってヤツについて

ameba 界隈で個人事業主してる人なら勉強してるかもですが、そうでないとお仕事で広報だったり商品企画だったりの仕事してないと、ここら辺のことは知らないかもしれない。

簡単な経済の本とかに載ってたかも?

 

世の「モニター」だったり「モニター価格」だったり「体験会」ってのは、それなりに理由があってそうなってると思うのですよ。

 

まずパターン1

メーカーなどが、新商品や新製品を出す前にユーザーの反応を見る場合。

試作品を作って意見を聞いたりすると思います。

スピ系のお仕事してる人あたりだと、新しい方法を編み出してその効果を確認するのに「モニター」を募集する場合もありますね。

 

パターン2

売り出す前や販売開始直後に口コミで広めてもらいたい場合。

シャンプーや化粧品のモニターはここらへんの意味合いが大きいんじゃないのかな?

 

パターン3

実際に使ってもらわないと効果が分かりにくいものの場合。

試食とか、サンプルはモロこれですよね。

あと英会話教室の体験スクールとか、自己啓発系の体験セミナーなんかもここら辺じゃないかな?

まずは試してもらって、次のほんとに売りたい方へお誘いするって感じ。

 

パターン4

実際に人を入れてみないと分からないものの確認の場合。

レストランのプレオープンや、アミューズメント施設のプレオープンなんかはこれだと思う。

動線の確認だったり、入ってもらわないと分からない部分の確認よねー。

 

パターン5

練習を目的としてる場合。

ヘアサロンの見習い美容師さんがカットモデルを募集してるのは、このパターンだと思う。

占いの流派によっては、「○人までは無料でやってね」って課せられてる場合もありますね。

 

パターン6

メンタルブロック等の場合。

お金を頂くのに抵抗がある人は、いつまでたっても値上げできずに「モニター価格」で出してる人いますよね。

 

パターン7

(個人事業主さんの中で)本職が副業を禁止してる場合。

公務員さんなどは無料モニターと銘打ってやってることありますね。

 

 

私が思いつくのはここら辺でしょうか。他の理由もあるかもですけど。

あと、これらのパターンが合わさってる場合もありますよね。

パターン1&2とか、パターン2&5とか。

 

モニターってついてるには、それなりの理由がありますよーって話でした。

 

[amazonjs asin=”487290690X” locale=”JP” title=”最新版アメリカの高校生が学ぶ経済学~原理から実践へ~”]

モニターの話とは少しずれるけど、「無料サービス」の「無料」分は誰が負担してるの?…みたいな話から載ってる経済の本どす。

 

ちょっと行動力が欲しい時には

candle1

 

「あぁ、あれやっとかなきゃ…」て思いつつ、なかなか手が付けられない時ありますか?

私はよくあります(笑)。

 

私の感覚上での話ですが、そういう場合って2種類ある気がします。

一つは、本当に疲れ切ってて、あまりにも疲れすぎてて自覚がない場合。

そういう時は無理やりでも休みましょう

こういう時に「アレきゃんなきゃ」のアレをやってしまうと、ろくな結果になりません。

とっとと寝るに限ります。

 

もう一つは、何かのきっかけさえあれば動ける場合。

体調的にそれほど悪くはないけど、今まで停滞状態だったので、そこから抜け出すキッカケがないって感じでしょうか。

こっちの場合の時は、キャンドル点けます

 

え?マジですか?と思うでしょ!

行動やスポーツと言うのは火の資質になります。

ホロだと火星の担当。火星も火でしょ?

なので、身近に火があればよいわけですよー。ってことでキャンドル。

オシャレなアロマキャンドルでも、無印の12個入り300円くらいのキャンドルでも、自分が気に入ったのだったら何でも大丈夫だと思う。

キャンドルホルダーがあった方が安心ですな。

 

 

そだ。

キャンドルは点けとくと消臭効果もあります。普通の白いキャンドルでもOK。

アロマキャンドルだったら、アロマの香りがするので、リラックスにもオススメー!

 

 

と言うわけで、気になった方は試してみてください♪

 

保存

動画のサムネイルをゲトする

地味にブログの変更などしとります。

たぶん、誰も気が付かないレベルの変更をしています。私も言われなきゃ気が付かないと思うレベルの。

ってことで、どこらへん変更していたのかと言うと、記事のアイキャッチ画像(一般に言うとサルネイムね)を変更してました。

 

以前、YouTube から読み込んだ動画のサルネイムがどーにも「ヘン」って思ってて、どうにかならんのかと。

あと、それはwordpress のプラグイン「Video Thumbnail」を使って取得したものだから、1つの記事に動画が2つある場合、自動的に記事の上方にある動画のサルネイムがアイキャッチ画像に入ってしまうのですよ。そこを修正。

ちなみに、「Video Thumbnail」の設定や使い方はこの記事に詳しく載ってたヨ。

Video Thumbnails – YouTube動画のサムネイル画像を取得して登録できるWordPressプラグイン – ネタワン
http://netaone.com/wp/video-thumbnails/

 

 

 

そもそも、YouTube の動画のサルネイムって、ちっこいのだと自動的に3つ設定されてるらしい。動画の投稿者が指定してなければ。

それを取得できるやり方があった。詳しくは以下のサイトで。

URLを指定するだけ!YouTube動画のサムネイル画像を一発で取得する方法 | Time to live forever
http://unsolublesugar.com/20130808/153039/

 

 

しかし↑これはYouTube の場合のみ。で、調べたらvimeo のサルネイムも取得できるようだ。

YouTube,TED,Vimeo,Vine等の動画サムネイルを取得できる「embed.ly」
http://plus1world.com/embed-ly

 

 

 

私は記事ごとにアイキャッチ画像を指定するのがぜんぜん苦じゃないんですが、ブログをwpに移転してきて一気にやる場合やそもそも自分でやるのが面倒な人は自動でアイキャッチ画像の指定をやってくれるプラグインもあるようです。

Auto Post Thumbnail|アイキャッチ自動設定プラグインの設定方法! – フリーランサー
http://webdesignerwork.jp/wordpress/auto_post_thumbnails/

 

 

朝やってたのはこんな感じかなー。

今後、wordpress にお引越しされる方の参考になればいいな。

 

よく使う翻訳サイト

Photo credit By: Lisa @ Sierra Tierra

 

 

ホテルブログを書くのに、海外のサイトを参考にすることがよくあります。というか、ほとんど。

そんな時、もちろん翻訳サイトはなくてはならない必需品です!

私がよく使ってる翻訳サイトのご紹介。

 

 

Weblio

もーねー、このサイトがなかったら話にならんですよ!ってくらい使います。有名どころですな。たぶん、今一番英⇔和の訳がなめらかなのは、ここじゃないかな?

辞書機能もあってオススメ。

テキスト翻訳は英語、中国語、韓国語に対応。

Weblio 翻訳
Weblio 翻訳

 

 

google 翻訳

意外と使います。くだけた文章の英→和の訳はぐぐる先生の方がよかったりします。あと調べものしていて、ウィキペディアのページが現地の言語しかない!って時、ググる先生が大活躍します。オランダ語の翻訳が出来るサイトなんて知らないものー!(←前にあったんですよ。オランダ語のウィキペディアでしか載ってないヤツが)

固有名詞の翻訳もぐぐる先生が活躍してくれます。

ぐぐる先生は言語ペアによって精度がかなり違うって話を昔見かけたけど、今どうなんだろう? その当時は英⇔仏はかなり精度がいいって話でした。

Google 翻訳
https://translate.google.co.jp/?hl=ja

 

 

ほんやくまとめ

Yahoo! 、excite、Weblio の訳を一気に見れるサイト。8言語対応。

たぶん、コレのアプリ版(だと思う)を持ってる。

1つの翻訳サイトの訳だけだと怪しい文章も、いくつかの翻訳サイトの訳を見比べるとなんとなーくわかることがあります(笑)。

ほんやくまとめ
http://honyaku-matome.dyndns-web.com/

*2017年7月現在、サイトにつながらなくなってます。閉鎖されたのか何なのかよく分かりませんが、リンク先に飛ぶと読み込みエラーになります。

 

 

Reverso

日本語を勉強しているフランス人のお友達に教えてもらった翻訳サイト。

仏⇔和だとココもけっこうイケる。

フランスのサイトって、フランス語しかなかったりすることもあるんで、そういう時に非常に助かる。

Reverso | Free online translation, dictionary
http://www.reverso.net/text_translation.aspx?lang=EN

 

 

WordReference.com

辞書サイトですねー。これも教えてもらった。私は英単語はiPhone に入ってる英和辞書かWeblio 使いますが、仏語を調べるときコレ使ってます。仏語の場合、仏⇔英のペアしかないんですが、仏和辞書が今手元にないので、何気に便利。

WordReference.com
http://www.wordreference.com/

 

 

他にもいいのを見つけたら追加したいと思います。

 

保存

保存

Copyrighted Image