letter

 

貴女は、今自分が提供しているサービスの集客が上手くいってないって話してましたね。

 

それは、次の気づきを得るために、その上手くいってない事柄をまるっと教材として使うから(利用するから)、今現在あえて上手くいってない状態にもってかれてるのかもしれませんよ。

 

だから、『集客するには、こうやらなきゃ!』って今までの固定概念で考えたことを無理にやらなくてもいいかもしれません。

そうじゃない、あなただけの”上手くいく方法”を試すため、そしてそれを経験するために、それはあえて今上手くいってないのです。

無理したり、焦ることはありませんよ。; )

 

カテゴリー: letter

soundcloud で聞いてる人たち

単にわたしがこういう人のをsoundcloud で聞いてまっせーって話です。

 

前記事で紹介したAnton Batagov (アントン・バタコフ)さん。

 

 

わたしは彼のピアノ曲が好きなので、こうやってすぐに聞けるサービスがあると非常に助かる。

ほら、なんせロシアの人じゃないですか。

ロシアの音楽情報なんて、日本語で出回る頻度はかなり少ないかと思うのよ。

 

 

chaim

 

 

たしかイスラエルかどっか出身だったと思う(←確認してないので、あやふや情報です)。今はベルリンをベースに活躍してるエレクトロニックの人。

リミックスなどもやってる。

オリジナルより、リミックスの方が多い気がしますが、どうだろう?

彼は、このリミックス↓がすごく好き。

 

 

彼の名前の読み方はチャイムって訳入れてる人をみかけたけど、ハイムじゃないかなぁ?

チャイムは英語読みじゃね?

イスラエルの人名で、アルファベット表記でChaim と書く場合、日本語の音だとハイムに近いようですよ? (参考記事:ウィキペディア「イスラエルの大統領」

 

 

Bonobo

 

日本にもライブに来てたことあるんで、ご存知の方はご存知だと思います。

イギリスのエレクトロニックの人。

てきとう説明ダナ、ヲイ

 

上記の2人はわりとマメにsouncloud にUPしてますねー。

 

 

以下はお試し的にとりあえずフォローしてる人たち

 

Gold panda

 

たしかGold panda もイギリスのエレクトニックの人だったと思う。

しかし、プロフィール写真が日本の電車内っぽい(笑)。

曲は上がってるけど、地域限定で視聴可能になってるのか日本では聞けないものがあるのが残念。

 

 

Bombay dub orchestra

 

彼らはジャンルでいうとワールドミュージックかな?

あんま詳しいことは知りませんw

 

 

Genzo Okabe

 

あんまりUPされてないんだけど、オランダを拠点に活動してるサックス奏者の岡部さん。

どうやって岡部さんにたどり着いたかを書くと一記事書けるので詳細は省略。

 

Okabe Family

↑アルバムもオススメどす。これは1st 。「Amedas」が好きー。

2nd もありやす。

 

 

Aphex twin

 

すっかり引退してるのかと思ってますが、約1年前にUPがあるみたいw

Aphex twin はお試しでもなんでもなく、好きなミュージシャンです。ただ、まめにUPしてるかと言えばどうよ?って感じですよね。上記のbonobo とchaim と比較しちゃうとねー。

 

 

 

常々思ってるんですが、音楽を紹介しようと思っても、ブログ記事で紹介するのは以前はかなりハードルが高かった。

今はこうやってミュージシャン(本人たち)側がネットに上げてくれて、しかもそれがブログに貼り付けやすいサービスを利用してくれてるので、紹介しやすいわけですよ。

音楽って聞いてなんぼじゃないですか。

ってことは、まず聞けないと話にならんわけですよ。

なのにそれを聞けるサービスや、シェアできるサービスが今まで整ってなかった。

たぶんね、提供する側(ミュージシャンやレコード会社やレーベル)は、「無料で提供しちゃったらお金落ちてこないじゃん」ってのが本音にあると思うんですよ。

ただ、すでに感覚的に分かってる人たちは、先に無料で聞けるサービスで提供しておけば、次に何かに繋がるし、お金払っても欲しい人はちゃんと買うってのは知ってると思うのですよ。

そういう話をこないだのトークショーで西野さんも話していた。そういうやり方を「フリーなんとか」って西野さんが話してたけど、忘れましたw

 

 

カテゴリー: 雑記

ダメ人間の典型

 

もうね、普通何かするでしょ。

無一文になるとかありえんだろ、と自分でも思いますわ。

ってことで、先週の話を。

 

もうほんと子どもの頃から、お金があると使わずにはいられないのですよ。

それがずっと悩みで、お金のブロック解除とか受けたりしてましたよ、以前。

雪乃さんのセッション受けて、多少緩和したんですが、でもやっぱりあると使う。

それも考えようによっては、私がお金使うことで、使ったお店の人たちの給料を生み出してるともいえるんですけどね。そう思えるようになったのは今月からですが。

でも、いまだに『今月これがあるからいくら位は残しておかないと…』みたいなのが出来ません。

 

で、先週の木曜かな?

「たすけてー」って記事書いたら、いろんな人が助けてくれたんです。

ありがとー!

 

でも、その前に記事出して1時間くらいかな? 何の反応も無くて、「うぇーん(泣)」って独りいじけておりました。

もうね、音楽もsin cos tan とか気分が暗くなるようなのかけて。彼らの1st アルバムはもれなく私の気分を落ち込ませてくれます(笑)。

こんな感じで。

 

で、とことん落ち込んでたら、

『わたし、めっちゃ頑張ってたもん!』

ってのが出てきた。

うん、頑張ってたんだけどね。

 

ワタクシの文章はわりときっちりしてるので、性格的にもきっちりしてると思われてるかもしれませんが、別にそんなことないです。そこは頑張った結果がこうなだけです(笑)。

そもそも保育園のころからちゃんと通うってことができなくて、小学校の頃に出席日数足りなくて留年しかけましたから。

そういう普通の人なら普通に出来そうなことが出来なかったのよ。

中高でも学校行ってなかった時期があって、『さすがに何か得意分野がないと、この先マズイのでは?』と思いましてね。←それも一種の思い込みだけど

本読むの好きだし、文章書くのもそれほど苦ではないので(今はジャンルによるけど)、『じゃあ、文書力鍛えればええやん!』ってやった結果がこの文章なだけです。

ここ(文章書くこと)はそうとう頑張ってますよ、ワタクシ。

 

そうだ。前にやってたバイトも、「今日体調悪いから休みます」みたいなことが基本できないバイトだったので、体調にはそうとう気をつかっておりました。←場合によっては休めるけど、基本無理と思っとけってところでした

なので、年末まではめっちゃ気ぃ張ってましたよ。

そこら辺がいろいろあって、「めっちゃ頑張ってたもん!」が出てきたんだけど。

 

でですね。

「私は私なりにそうとう頑張ってました」を認めたら、あら不思議。

『たしかにそっちの方向では頑張ってたけど、四柱推命の説明はまったくやってませんよね?』がちゃんと出てきて、『じゃ、やるか』って気にようやくなった

きっちり落ち込んで、きっちり認めると、転換が起こるのですよ。

参考記事的に。

『認めたら楽になる』
ご訪問ありがとうございます✨ 応援していただけたらとても嬉しいです。““愛のある一票を♡m(_ _ )m 人気ブログランキングへこんばんは。リーディングカウ&

雪乃さんが言おうとしてることと、わたしがいおうとしてることはちょっと違うかもですが、参考にどぞ。

 

 

あ、あと、余談ですがワタクシ、比肩持ちなので、自分で痛い目に合わないとやり方変えない傾向なのよ。

「比肩」持ってる人に、「こうした方が楽だよ」とか「こっちのほうが上手くいくよ」ってアドバイスしても、多分あんま耳貸さないと思います(笑)。比肩持ちさんは「失敗から得られること」ってのも人生の学びとして設定してきてると思うのよね~。なので、痛い目見た方がいいのですよ、彼らは。

 

 

そうそう。

今回のことで、人に「たすけて」って言うってのもレッスンとしてあったと思うのですよ。今にして思えば。

ワタクシ、だいたいあるていどのことは何となーく出来たりする→自分でやった方がはやい(ラク)と思う傾向にあるのよ。私に限らず、そういう人って「人に頼るのがヘタ」だと思うんですよ。そこ今回やりなさいよってことだったのかもしれん。

 

 

で、ですね。

もしコレ読んでてご自身でブログを書かれてる方がいましたら、別に「私頑張ってるもん」とか書かなくてもよいと思います。わたしはケーススタディの一例として書いてるだけどす。

「認めきる」→「転換や別の発想がやってくる」って例のひとつとして、こうこうこういうことがありましたって経緯(プロセス)を書いとります。

ただ、「こういうの苦手です」とか「こういうの出来ないんだよね」って話は、書いておくと後々自分がラクになると思うヨ。かっこつけるのも見栄張るのも、それはそれでいいんだけど、やりすぎると疲れると思うのよね~。

ダメな自分を出しとくと、ラクになりますよ~。ダメな部分もOKな人が読んでくれるようになると思ふ。

ついでに言えば、自分で「これができなきゃダメよね」って思ってても、傍から見たら「いや、それ出来なくても問題ないっしょ」ってこともあります。

あと、「そんなんでも大丈夫なんだ」ってこともあります。happy ちゃんのだったり坂爪さんだったりのブログを読んでると、「出来なくても大丈夫なんだ~」って人に勇気を与えられるブログも世の中にはあったりします。

いろいろよ~。

 

しっかり落ち込んだので、翌週にはいろいろミラクルがありました。

 

 

カテゴリー: 私のこと

letter 情けは人の為ならず

 

先日の「お返し」の話を書いて思い出したんだけど、貴女が誰かに何かをあげたとするよね。

あげた相手からお返しをもらったら、それで終わりなんだけど、お返しをもらわなかった場合、巡り巡って、別のところから+α上乗せされて返ってくることもあります。+αでなくても、返ってくるけど。

これは物に限らずなんだけど。

そういうのを、日本語で「情けは人の為ならず」って言います。

英語だと、Pay it forward って言います。

スピ系で言われてる「先に出す」ってそゆうことね。

 

面白いことに、貴女が誰かに何かをあげたりしてあげたとき、相手から返してもらおうと、そっちに意識が行ってる(意識のフォーカスがそっちに合ってる)とこれに気がつかないし、起こらない場合もあります。

「そのうちどっかから返ってくるだろ」くらいに思ってると、見事に返ってきます。期待しない方が返ってきます(笑)。ここについて書くとまた長くなるから、今回はサックリ省くね。

ベース(元)にどういう思考があって、やってる行いかで、結果はかなり変わってくるよ。

だから、思考を変えるとか整えるってのをわたしはやってるのよ。

 

 

カテゴリー: letter

好きな俳優さんについてのあれやこれや

 

先に言っときます。

ジェレミー・アイアンズは20年前から好きです。

自分の中で20年前を振り返れることに驚くけどなw

 

私は映画好きですが、高校の頃は特によく観てたのよ。映画。

ここ7~8年はバイトが大変であんまり見れてないケド

私が気になる作品にジェレミーさんはよく出てたので、それで好きになった。

クロちゃんこと、クローネンバーグの映画がわたしは好きってのもあるんですが。←なぜかクロちゃんの映画にジェレミーさんはよく出てる

まあ、「戦慄の絆(監督:デヴィッド・クローネンバーグ)」でジェレミーさんの知名度が特にあがって、その後「運命の逆転(監督:バーベット・シュローダー)」で米アカデミー賞の主演男優賞を取ったので、ジェレミーさんのキャリアにおいて、クローネンバーグの作品ってのはかなり重要なんだろうね。ちなみに、のちに「Mバタフライ(監督:デヴィッド・クローネンバーグ)」にも出演している。

「Mバタフライ」について書くと、一記事書けるのでとりあえず割愛しますが、「ダメージ(監督:ルイ・マル)」も一時DVD買ってよく観てたなー。

ジェレミーさんは、弁護士・医師の役多いよねー。聖職者とか。あと中世もの。あと魔法使い←

「ダンジョン&ドラゴン」は白塗りで出てるので、よほど好きな人しか分からんよw

ちなみに、ジェレミーさんは声も素敵なので、好きなのデス。(声のみの出演もけっこうある)

「ダイ・ハード3」から、彼の出演する映画のチョイスがまったく理解できなくなってきたので、それほど熱心に観てないな…。何だかんだ言って観てはいるけど。

「マージン・コール」観て、『あぁ、ジェレミーさんも老けたな~』としみじみ思いました。あの朝ごはん(?)食べてるシーンが特に。

 

件の「マージン・コール」

 

 

昔は、「この監督の作品一気観」とか「この俳優の作品、一気観」とかしてましたが、ほんと最近映画観てません。

ブラッド・ピットの映画も観てたよ?

あんま熱心に観てませんが。もう「リバー・ランズ・スルー・イット」(古!)でいいよ。

これ観ると、フライフィッシングやってみたくなる。思うだけだケドw

 

そんなこんなで「スナッチ」すら観てない。ガイ・リッチーが監督してるのにー!

 

 

ディカプリの出てる映画も昔は数作観てましたが、「タイタニック」前後で観なくなったかなー。

 

「タイタニック」は感想が分かれるよね~。

「すごく良かった、好き!」って人と、「ディカプリオ、何であの映画?」って人と。

あれに出る前って、ディカプリオは子役(?)時代も含めだけど、わりと性格俳優というか実力派とでもいうか、「ギルバート・グレイプ」など難しい役をやってたけど、「タイタニック」で一気に大衆化したよね。だから、「ギルバート・グレイプ」を知ってる人たちからすれば、「何でタイタニック?」ってのがあったと思うのよね~。

そのことを映画好きな人と話してたとき、面白いことを言ってて、

「「タイタニック」って、ある種”この人じゃなきゃ出来ない”って役じゃないよね。でも、(ディカプリオのそれまでのキャリアを振り返って)あえてチャレンジしたところがすごい」

って感じの話をしてたよの。へー! 目からウロコやわー。そういう見方もあるのね~。

 

 

別に顔は好みではないのですが、一時期ジェームズ・スペイダーが出てる映画よく観てました。

今、ウィキペディアを見てきたら、最新画像が変わってて、えらいビックリしたよ!

「ボストン・リーガル」もビックリしたけど、今の写真の方が衝撃度は高かった。

あまりの衝撃に、何書こうとしたか忘れた…。

そうだ、クローネンバーグだよ。

ジェームズ・スペイダーもクローネンバーグの映画に出てて(「クラッシュ」)、それから過去の映画を観あさった記憶が。

 

 

そうそう。

何故かジョニー・デップの映画はまったくと言っていい程観てない。

THE NINTH GATE, Johnny Depp, 1999, (c)Artisan Entertainment

 

嘘でした。今ウィキペディアで出演作品確認してきたら、数作品観てたわ。

でも、ジョニデはなぜか記憶に残ってないなー。

 

 

ジョージ・クルーニーは出演作よりも、監督もしくは製作で携わってる作品が面白いと感じます。

 

特に「スーパー・チューズデー」↑面白かったですね。「マルゴ」も気になってるけど、まだ観てません。

 

 

そうねー。海外(欧米)の映画でも、アメリカの映画のいわゆるメジャーどころより、どっちかと言えばカンヌ受けするような映画の方が好きなので、有名どころはけっこう観てないかもな。

クローネンバーグが好きとか言ってる時点で、カンヌ寄りだよね(笑)。

そもそも最近映画を観てないってもあるけど、最近は「この俳優さん!」って感じで観るより、「気になってたあの作品」ってスタンスで観る方が多い希ガス。

 

 

カテゴリー: 雑記

Copyrighted Image