「Matrix」と「本当はどうしたいの?」

 

好きなんですよ、「Matrix」シリーズ。

いやー、よー出来てる映画ですよねー。

「Matrix」はスピ好きな人は知ってるかもですけど、この世のカラクリみたいな話だったりします。

で、製作当時の技術を使った「おとぎ話(寓話)」としても楽しめるのはもちろんだけど、私が「Matrix、すげー」って思うのは、そういう哲学的な話に興味ない人でも楽しめるところが「スゲーなー」と思うんよ。

SF映画としても楽しめるし、アクション映画としても楽しめる。←ここが凄いと思うんよ

画面の色のバランスがすごく丁寧に作ってるんだろうなーと思う(特に最初の「Matrix」は)。

 

ここしばらく観てないから細かいこと忘れましたが、最初の「Matrix」も面白いんですけど、「reloaded」もええんよ。

「reloaded」に「設計者」が出てくるんやけど、このおっさんの言ってることとかこのおっさんとネオのやりとりがけっこう肝なんじゃなかろうかと思う。

設計者が「選択が大事だよ」ってことを言うんやけど、「選択」ってのはどんな行動を選択するかももちろんあるけど、思考を「選択する」もあるよねー。映画の中ではその話は出てなかった気がするけど。

 

ネオが設計者のところに辿りついた時って、マトリックスのカラクリが分かるところなんやけど。

設計者から「今まで救世主が現れたけど、毎回ダメでした。君で6人目だよ」みたいなことをネオが言われるんよ。

ネオが今までの救世主と同じ選択をしたら現行バージョンのマトリックスは崩壊してリローデット(再設計)されるよん♪、みたいな話だったと思う。

一番大事なところで記憶があいまいなんですが、「トリニティを犠牲にして世界を救うか?」みたいな選択をネオが迫られて、ネオは「世界も大事だけとトリニティも大事(両方を選択)」だったか「世界も大事だけど、今はトリニティが大事(トリニティを選択)」を選択したと思うんよ。

ここでネオの「本当はどうしたいの?」が出てるんじゃないのかと思うんよ。

で、本音(トリニティを救う)を選んだら革命が起きて次につながってくんやけど。

たぶん今までの救世主は「犠牲を払って世界を救う」って選択したから崩壊してたんだと思う。それって実は「良く思われたい」とか「良い人と思われたい」の現れじゃないかと今にして思う

「でも実は本当はどうしたいの?って聞いて本音を選んだ方が、ぶっちゃけ上手くおさまりまっせ」ってことをいいたいんじゃなかろうか?と思います。

 

書いてみたらけっこう記憶があやふやだったので、近いうちにまた観たいなー。

 

 

カテゴリー: 雑記

自己否定しないほうがいいスピ的理由

久しぶりにわりとスピ寄りな話。

知ってる人は知ってるけど、知らない人は知らないかも?

 

 

神社の拝殿の中って見たことあります?

必ず置かれてる物があるんですけど、何か知ってますか?

「鏡」です。

 

ってことはよ、『何が祭られてるのかな?』って思って拝殿の中のぞいたら鏡があって、鏡には覗いてる自分が写ってるワケですよ。

つまり、「神様はあなたの中に居まっせ」ってことなんよ。

もちろん御祭神ってスピリット(細かくいうとsprits やな)はそれぞれの神社にいらっしゃいますが、「YOUもその一員だゼ!」みたいな感じ?

まあ、だから自己否定しないほうがええでって話なんスけど。

 

 

あと、スピリチュアル界隈で「私たちはワンネスです」みたいなこと言うじゃないですか。

ワタクシ、正直『ほんとかよー?』とめっちゃ疑っておりましたが、最近は『もしかしたらそうかも?』と思うようになりました。じゃないと詰り取りセッションでやってることが説明がつかないから

あ、でね、ワンネスってか「どっかで繋がってる」て仮定したとします。

自分の中に神様が居たとして(てか自分も神様の一員だとして)、その部分が他の人と繋がってる部分だったとします。

で自己否定や自分責めしてると、つながってる部分から他の人も「否定した感じ」を受けるので気分が悪くなるんよ。

なので、自己否定や自分責めしてると「厳しい状況」や「厳しい世界」が現れるし、自分を受け入れたり認めてると「寛容な世界」が現れるそうだ。

 

こういう「考え」もあるよーってことで、参考にドゾ。

 

 

カテゴリー: 雑記

やってたと思ってたけど出来てなかったよー!

先週の木曜の深夜だったかな、その日(?)のハピちゃんのインスタライブ見てたんよ。

第2弾DVDの収録の模様だったんやけど。

その前のDVDのおさらい的な話してたんだけど、「自分から湧き出た気持ちを否定しない」ってやってたと思ったけど出来てなかったよー!

 

例えばさ、自分の中で「イラッとする」みたいなのが湧きがった時は、まず一旦ちゃんとキレるをやったりしてたんよ。

そこはいい。そこは出来てました。ハイ。

でさ、インスタライブでハピちゃんが言ってたのは(正確に覚えてないけど)、「望みは叶うって言われたとき、本当は”そんなわけないじゃん”って湧き出たんだったら、”もしかしたらそうかもしれないけど、今はそれを信じられない”が本音じゃない?だったらそっちをまず”そうだよね、そう思えないよね”って認めてあげる。なのにみんなそうしないで、熱いお湯に手を突っ込んで”熱くないです”って言ってるようなもんでしょ」みたいなこと言ってたんよ。

マジかー! そこもか!

 

そのあと、ハピちゃんのブログで読んでない部分があったのを思い出して、読み直してたら「自己受容」の話があったんよ。

例えば上記のように、「そうは言っても信じられない」(疑い)がまず出てきたなら、そっちを先に自分で「だよねー。もしそうだったとしても今は信じられないよね」って自分に言ってあげるんよ。

 

 

で、以下推測。

自分が発してるエネルギーがどう変わるかなんやけど。

説明に感情の22段階を使います。

感情の22段階

1 喜び、智恵、充実、自由、愛、感謝
2 情熱
3 熱意、やる気、幸福
4 肯定的な期待、信頼
5 楽観
6 希望
7 満足
8 退屈
9 悲観
10 不満、苛立ち、焦り
11 戸惑い
12 失望
13 疑い
14 心配
15 非難
16 落胆
17 怒り
18 復讐
19 憎しみ、激怒
20 嫉妬
21 危機感、罪悪感、自己卑下
22 恐れ、悲しみ、落ち込み、絶望、無力感

コレな。

 

最初に「願いは叶うよ」って言われたとき、自分の中に一瞬出てきた感情が「そんなわけないじゃん」だったとします。

それを何かの感情に当てはめるとしたら「疑い」とか「心配」じゃないかな?と思います。ただ、人それぞれその感情を何と呼ぶかは違うと思うので、あくまでもこの場合「疑い」や「心配」だったと仮定します。

感情の22段階の1の感情ってのは一番自分が気分が良い時に出てる感情で、本来の自分自身で居る状態なんよ。

「疑い」の感情は13、「心配」の感情は14なので、「本来の自分自身で居る」状態から(あえて距離を言うなら)13または14離れてまっせ、てことね。

「そんなわけないじゃん」って気分そのままでいれれば、本来の自分から13から14離れてるって距離に居れてるんだけど、とっさに出た「そんなわけないじゃん」ってのを無視したり蓋をして「そうだよ!願いは叶うんだよ」ってやると、自分の感覚を否定することになるんよ。

自分を蔑ろにするんで、21の自己卑下になるんじゃないかな?

最初に一瞬浮かんだ「そんなわけないじゃん」のままだったら、13から14離れてる状態だったんだけど、それを無視して「そうだよ!願いは叶うんだよ」をやると21離れることになるんよ。

 

じゃ、反対に「そんなわけないじゃん」って気持ちを認めるとどうなるのか。

どんな感情だろうと自分の気持ちを誰かに「そうだよね」って認めてもらえると人って安心したり気持ちが楽になったりしません?

それって「満たされた気分」だと(私は)思うんですよ。微妙に違うかもだけど…

感情の22段階で「満足」ってのが7にありますんで、認めて安心とか気持ちが楽になると本来の自分に近づくんよ。

 

 

「願いは叶うんだよ」って言われたとき、とっさに「そんなわけないじゃん」が出てきた場合のエネルギーの変化

・そのまま「そんなわけないじゃん」って思った→「疑い」や「心配」なので本来の自分から13ないし14離れたエネルギーを発します

・一瞬「そんなわけないじゃん」って思ったけど、それを無視して「そうか!願いは叶うよね」と自分に言い聞かせた→自分の感覚を否定するので、本来の自分から21離れたエネルギーを発します

・「そんなわけないじゃん」って思ったので、自分で「だよねー!もしそうだったとしても、今はそう思えないよねー」と自分の気持ちを認め同意した→その時の自分の気が楽になる充足した気持ちになるなので「満足」に近いんじゃないかな? で、「満足」は本来の自分から7離れたエネルギーを発します。この3つの中では一番「本来の自分」に近いエネルギーを出せる

別にどれを選んでもええんやけど、こういう変化があるんじゃないかと思います。

ただ、本来の自分に近いエネルギーを出せると気分がいいし、楽だよってだけ。

 

 

通り過ぎると忘れちゃうんよ

たしかに、私も9年くらい前までは日々モヤモヤとして過ごしてた気がします。

ってか、モヤモヤしてました。(笑)

だけど、今ってその当時と比べるとぜんぜんモヤモヤしてないんよ。いや、モヤモヤするときはモヤモヤするけど、当時ほどじゃねーなと。

ってことをこないだ人と話してて気が付いたんすよ。

 

もともと心について興味があったので、以前ってか昔からなんやかんや読んでたし、スピ的なものも好きだったからいろいろ読んだりはしてたんよ。

ただ特に実践してなかったってのはあったなー。でも別ジャンルでめっちゃ実践してたけどな。こっちはなすとややこしくなるので、とりあえずそれは省略

9年くらい前から実践もやるようになったと思うんだけど、記憶があいまいです。

 

でですね、何が言いたいかと言いますと、自分でクリアできてしまったものってかなりな頻度で忘れちゃうんよ

今回とある人と話してて、『あれ?そういや自分も昔はそんな感じだったな…』って思い出したんよ。

そういうきっかけがなければ、すーっかり忘れてしまってるんよ。

聞かれないと思い出せんみたいな感じ?

 

 

カテゴリー: 雑記

SUITS 一気見なう

 

数日前から「SUITS 」を一気見しとります。

今シーズン4 の途中。

 

以下、見てない人には何のことかさっぱりな話になります。すまん。

 

 

シーズン1が面白かったんで見てたんですけど、シーズン2がひどかった…。

そういうドラマなんだと思えばいいんだろうけど。

にしても酷かった(苦笑)。

ダニエルが復帰しちゃったのだって、ジェシカとハーヴィーが過剰反応したからじゃね?と思うんだけど。

売り言葉に買い言葉な状態で動くから、結果はまたひどいことになるんよ。

シーズン2は全体的に泥仕合な感じ? ぜんぜんスマートじゃない。

頭がいいことと感情を処理することが出来ることはぜんぜん別ですネ、の好例ですな。

感情は湧き出るものなので、出てるのは当たり前なのですが、それがネガティブな感情の場合は感情のままに動くとろくなことがありませんっていい例ですなシーズン2は。

 

そしてルイスがチョロ過ぎる(笑)。

もう見てると『あー、ここで持ち上げたらルイスはきっと動くな』って思ってみてると、まんまジェシカやハーヴィーの思う通りに動いてくれるんよ。まあそういう役どころなんだけど、にしてもチョロ過ぎダロ、ヲイ。

シーズン3だったか、他のシーズンだったか忘れたけど、ジェシカが何度も言ってるけどルイスは自分でうまく行かないルートを選んでしまってるんよ。

それは自分の力不足を認められない(そしてそれを知られたくない)って感じのことがベースだったり、失敗に対する恐怖だったりだと思うんだけど。

アメリカ人の多く(だと思う)は失敗に対するプレッシャーがめっちゃあるって感じの話が「Cooking for geeks」にあったけど、ルイスもそんな感じなんじゃなかろうか?

 

 

シーズン4に出てくるローガン・サンダース。この役やってる役者さん、どっかで見たけど思い出せん…と思ってIMBd で調べてみたら、「lie to me 」のローカーの役やってた人(Brendan Hines)だよ! あースッキリした。

アメリカのドラマ見てるとこういうことってよくある。

前に「クリミナル・マインド」見てた時も、『あれー?この女優さん、何かのドラマで見た希ガス』と思ってたら、「lie to me 」のジリアン役の女優さん(Kelli Williams)だったりとか。

 

 

カテゴリー: 雑記 タグ:

Copyrighted Image