ザ・プリンス さくらタワー カフェチリエージョのアフタヌーンティーと鑑定練習

もー、しばらくブログ書いてなかったんで、書き方忘れてるっつーの。

8月中旬にお友達の夏見なみさんに「(四柱推命の)鑑定の練習に付き合ってください!」とお願いしたら、快諾していただけた上に、「鑑定のお礼と言ってはなんですが、ケーキセットかアフタヌーンティーごちそうさせてください♪」とのお返事がっ!

なみさんが、そろそろホテルのラウンジでのんびりしたかったってのもあったようですが。

 

そんな訳で、高輪(品川?)のザ・プリンス さくらタワーに行ってきましたー!

なみさん、誘ってくれてありがとです!

しかも、予約もしてくれた! 何から何まで、ありがとうございます。

 

201608sakuwatower-1

 

通されたお席が、こんな感じで窓側のお席でした。

ここ、窓が広くて、お庭がよく見えるー!

なんかテンション上がります。

私、基本高層階のラウンジが好きなんですが、ここもけっこう好きかも。

 

ドリンクは紅茶4種類、ハーブティー3種類、コーヒー7種類、ソフトドリンク1種類から選べました。

お代わりの時に、ドリンクの変更も可能。

ドリンクの変更可能なところは、ポイント高いですよね~。

 

201608sakuwatower-2

 

たしか、最初はハーブティーを頼んだ気がします。

こんな感じでポットで来ます。

 

201608sakuwatower-3

 

201608sakuwatower-4

 

どどーんとティースタンドとプレートが一緒にやってきます。

このプレートに載ってるアンティパストの数々がとても美味しかったー!

右手前の生ハムの下には桃が入っとります。

ってか、生ハムと桃しか覚えてないけどw

 

ティースタンドのお菓子類もバランスが良かった気がします。

甘いお菓子ばかりに偏ると、私は最後の方でけっこうキツかったりするので、ここのはとてもバランスよく完食した気がします。

 

なみさんとのお話は、マニアックな話が出来るのでとても楽しい。

たしかこの日もマニアックな話をしていた気がします。

 

アフタヌーンティーを食べ終えてから、よいよ鑑定の練習!

しかし、時間配分が上手く行かず、スタッフさんから「そろそろお時間です」とお声がかかる。

けっきょく、さくらタワー出て近くのカフェで残りの話をさせてもらうことに。

 

なみさん、長時間お付き合いくださり、ありがとうございました。

そして、ごちそうさまでした!

モニター募集記事、とっとと書きます。

 

カテゴリー: アフタヌーンティー

ホテルメトロポリタン丸の内のTENQOO アフタヌーンティー

久しぶりのホテルのアフタヌーンティーです。

 

東京駅日本橋口から徒歩1分もしないところにある、ホテルメトロポリタン丸の内に行ってきました♪

日本橋口って、使ったことないとすごく分かりにくい、マイナーなところだと思う…。

八重洲側の八重洲北口のさらに北側に日本橋口があります。ここから出て右手にUターンするとシャングリラ東京がある方って言えばホテル好きな人なら分かるかしら?

左手に行くとホテルメトロポリタン丸の内が入っているサピアタワーに辿り着きます。東京駅から直結してるみたいですが、どの通路かよく分からなかったので私は日本橋口から行きました。

日本橋口から出ても1分かからないです。雨の日はちょっぴり厳しいかもですが。

 

サピアタワーに辿り着いて、ナナメ左に進むとホテルに直通のエレベーターホールがあるので27階へ。

27階のエレベーターホールから開けた方に進んで行くとホテルのロビーに辿り着きます。

吹き抜けが気持ちいい。

この吹き抜けは、先月言った品川のインターコンチになんとなーく似てる気もする。

ここにソファーが何席かあるので、予約時間より早く着いた時に待ってるのにいいですね。

ホテルがJR系列ということもあるからか、このロビー階にはこんなジオラマも。

 

20160604Met marunouchi-10

 

かなり精密に出来てる感じです。

上の写真にはほんのちょっぴりしか写ってませんが、スカイツリーや東京タワーもライトアップされて設置(?)されてるので、夜見ても素敵かもー!

 

予約時間より少し早めに着いたので、ちょっと化粧室へ。

ここの化粧室もすっごい眺め良いです!

ここからの眺めだと、建物の下を電車が走ってるように見えるので、鉄道を見るのが好きな人にはほんとたまらないかも。

とてもいい眺めですので、ぜひご自身の目で確かめてください♡

 

さて、アフタヌーンティーです。

TENQOO はロビーと同じ27階にあります。

スタッフさんに予約してる旨を告げるとすぐにお席に案内されました。

TENQOO の右側がレストラン、左側がバーになってる感じかな。アフタヌーンティーは左側のお席になります。

それぞれのテーブルがパーティションで区切ってあるので、半個室な感じ。

お席はすでにこんな感じでお皿がセッティングされてました。

 

20160604Met marunouchi-1

 

(写真の編集してて色温度間違えたみたいで、ちょっと青白い写真ですが、気にしないでください。)

ここのおしぼりも、ほんのり香り付きでした~。

香り付きは六本木のリッツに続いて2軒目だわ。

 

まずはお飲み物を選びます。紅茶3種類、フレーバーティー&ハーブティー7種類、中国茶2種類、コーヒー6種類の中から選べます。

お代わりも出来ますし、その際に種類の変更もOK。

しかもカップも毎回変わるのですよ!

最初は紅茶のヴィンテージブラックを。

 

20160604Met marunouchi-3

 

この写真だと分かりにくいのですが、黒地にカメリアが描かれてるカップでやってきました。ちなみにカップはノリタケだそう。

 

そうこうしてるうちにアペリティフがやってきました。

クラッシュパイナップルとダージリンのソーダ カクテル仕立て。

 

20160604Met marunouchi-2

 

スプーンでしゃきしゃきかき混ぜて、カップから直接のんじゃいます。

 

お次がプレート。セイボリーですね。

 

20160604Met marunouchi-4

 

左上のグラスに入っているのがポークリエットとメークインのクロケット。

右上の紙に包まれてるのが酵母パンのチキンとアボカドのミニバーガー。

真ん中のココット皿がフォアグラのブリュレ。

ココット皿の左右にあるプチトマトが乗ってるのがサーモンとクリームチーズのロールサンド。

左下が生ハムとチーズのオープンサンド。

右下がキッシュなんですが、これ詳細忘れました。

 

もうね、このプレートに乗ってる品々、

すんごい美味しかった!

そもそもTENQOO のレストランの方はフレンチのようなので、このプレートもフレンチベースなのかな。

ちょっとしたフレンチのランチで出て来てもおかしくないですよ、コレ。

個人的にはクロケットのトマトソースが特に美味しかった~♡

あ、クロケットももちろん美味しかったですよ。

 

プレートが終わるころに、紅茶も次のをいただきました。

次に甘いものがくるので、シンプル(?)にアールグレーを。

 

20160604Met marunouchi-6

 

来てみたら、けっこうベルガモットの香りが強いですね。でも嫌味な強さってほどでもないです。

 

プレートですでに心は満たされたんですが、ティースタンドもちゃんと来ます。

 

20160604Met marunouchi-7

 

これ、2人分です。

上段からマカロンとチョコ。

マカロンはピスタチオ(グリーン)と何か(オレンジ)。よく聞いてませんでした、すんません。ジンジャーだったっけかなぁ?

チョコレートはオレンジピールとカシスだったかな?

 

中段がスコーン2種類。

プレーンとチーズ。写真には写ってませんが、クロテッドクリームが付きました。

下段がシュークリームと季節のタルト。今回はベリー類。

左側のグラスに入ってるのがスティックパイ2種(胡麻、チーズ)。

 

スコーンの小ささに、ちょっとビックリ。類を見ない小ささなんですが、全体量を考えるとこれくらいの大きさでもいいのかも。

クロテッドクリームがけっこう柔らかめでしたね。この固さは珍しいかも。わりと塗りやすいです。

チーズのスコーンは、かなり濃厚な感じで好みな味でした。

 

ティースタンドの方もひと段落したので、ここで紅茶を。

今度はフレーバーティーのフラワリー ローズガーデンというのを。

 

20160604Met marunouchi-8

 

味や香りはほっとんど覚えてないんですが、今回私の方に出てきたカップの中ではこのカップが一番気に入りました。

 

で、最後にグラスデザートがやってきます。

まだあるの?!って感じですが(笑)。

 

20160604Met marunouchi-9

 

ココナッツミルクとブラマンジェ、タピオカ入り。

この辺りは話が盛り上がってて、あまり味は覚えてないです…。

 

…と、これだけありましてサービス料&税込み3,800円って言うんですから、かなりコスパいいんじゃないでしょうか。

機会があったらまた行きたい。

 
TENQOO のアフタヌーンティーのオンライン予約は一休.com からとなりますので、コチラからどうぞ。
 

他のアフタヌーンティーのご予約は、こちら↓のリンクからドウゾ。

 

カテゴリー: アフタヌーンティー

化粧室の話

Photo credit By: Moyan Brenn

 

ホテルの小ネタ的な話でも。

 

先日、品川にあるストリングスホテル東京インターコンチネンタルに行ったんですよ。ロビー階で化粧室を利用しまして、そこからの夜景がめっちゃすごかった!

PLフィルターつけたカメラで撮りたいくらい♪

 

化粧室からの眺めがいいといったら、ワタクシが真っ先に挙げたいのはマンダリンオリエンタル東京!

あそこの化粧室はお手洗いっていうよりほんと部屋ですよ部屋!

 

パレスホテル東京の化粧室は、わりと普通の化粧室なのですが、清掃スタッフさんの制服がビックリ!

ふつーのフォーマルな服を着られてるんですよ。一瞬、他のお客さんと勘違いしました。

あれ、いいですね

 

丸の内と言えばアマンも行ったけど、あまり記憶に残ってないなー。

清掃スタッフさん(?違うかも?)が作務衣着てたのは覚えてるけど。

 

外しちゃいけないパークハイアット。

出来て数年の時に行ったんですが、洗面台にそなえてあるのが「ハンドタオル」で驚いた。

ハンドドライヤーでもペーパーでもなく、タオルですよ!

あれは当時衝撃的だったなー。

 

高級ホテルの化粧室巡りも意外と面白いかも。

 

カテゴリー: ホテル

インターコンチネンタル東京ベイ ニューヨークラウンジのティースタンドアフタヌーンティー

201603interconti-tokyo03

 

ちょっと前に、竹芝にあるインターコンチネンタル東京ベイ1階のニューヨークラウンジのアフタヌーンティーに行ってきました。

 

竹芝…、微妙に行きにくいと言えば行きにくいです。ホテルのサイトをチェックしていたら、シャトルバスが出てたので、JR浜松町駅からシャトルバスを使っていきました。

シャトルバスの時刻表はコチラから。浜松町駅行と品川駅行の2つがあります。バスは1時間に3本くらいあります。

 

ホテルのエントランスをくぐるとウッディないい香りが。シャングリ・ラ東京以外でエントランスにフレグランスを流しているところって初めて~! しかも、好みな香りで嬉しくなります。

 

少し早めにホテルに着いたので、化粧室に行き、その後エントランス手前にあるソファー席で友人とおしゃべりしてました。

化粧室も素敵♪ 高級ホテルの化粧室ってほんと「室(というか部屋)」になってて、素敵~。ちなみに、化粧室で特にオススメなのはマンダリンですね。私の中では。

 

予約した時間になったので、ラウンジ前のスタッフさんに一休経由で予約した旨を告げると、すぐにお席に案内されました。

昼食も兼ねてと11時半に予約していたので、この時点ではラウンジの方はかなり空いていました(その後、混んできましたが)。テーブル席は埋まってたけど、ソファー席はほぼ空いてたかな? 平日でしたし。

 

お席に着いたらお飲み物の説明。ドリンクメニューに載っているものだったら、どれでもOK(アルコールは別料金がかかります)。お代わりの時に種類変更もOK。お茶は工芸茶以外はカップサービスだった気がします。

 

お茶を注文してしばらくしたら、ファーストディッシュがやってきました。

 

201603interconti-tokyo02

 

3月から東北野菜を取り入れたディッシュをやっているようで、これがそうでした。

上側の大きなポットの様なのに入ってるのが、ミックス東北野菜ホットスムージー。

プレートは左から胡麻とツナのサンド、真ん中がチアシードと青森ふじりんごジャムのヨーグルト、右が岩手の清流鶏胸肉と宮城のデリシャストマトのサラダ。

ふじりんごジャムと鶏胸肉がとても美味しかった。

 

次が一番上に貼ってある写真のティースタンド。分かりやすくもう一度どうぞ。

 

201603interconti-tokyo03

 

上からご紹介。

 

201603interconti-tokyo04

 

右側の一番大きいグラスがグレープフルーツとオレンジのパフェ、左下の黄色いのがパッションフルーツとチョコレートのタルト、左上のグラスに入ってるのがボイセンベリーのゼリー。

 

中段のお皿

201603interconti-tokyo06

 

真上から時計回りに仙台味噌のスコーン、プレーンスコーン、バジルとチーズのスコーン。

このプレーンスコーンがちょー好みな味でした! スコーンはちょっと固めの方が好きなのですが、これがまさにそう。焼き加減も好みだけど、味もまさに好みな味でした。

バジルとチーズもよかった~。仙台味噌は、味噌がちょっと味濃いめかなぁ。

 

スコーンには右からクロテッドクリーム、ストロベリージャム、左のは何だったっけ?

201603interconti-tokyo07

 

 

 

下段のお皿。

201603interconti-tokyo05

 

真上から時計回りにチョコレート2種、フルーツマシュマロ、マカロン、クッキー2種、パートドフリュイ…だったと思う。

 

今回、一休で申し込んだときにプティガトーのワゴンサービスを付けたので、ティースタンドとは別にプティガトーのワゴンもやってきました。(写真撮り忘れ)

ワゴンに乗ってたのは、マカロン、フルーツマシュマロ、ミニティラミス、クッキー、チョコレート、ミニ抹茶ケーキ…だったかな? 一回だけワゴンは来るそうで、ワゴンに乗ってるプティガトーはお好きに選べるようです。

私はこの時点ですでにけっこうお腹いっぱいだったので、ミニティラミスとオレンジピールを頂きました。

 

選べるお茶なのですが、紅茶はもちろん緑茶やほうじ茶、中国茶(工芸茶)も選べました。

201603interconti-tokyo08

 

201603interconti-tokyo01

 

細かいことすっかり忘れ気味なんですが、私が頼んだ中国茶はこんな感じでした。

中国茶はポットサービス。これで3~4杯分くらいあったと思います。

 

場所が場所だけに行きにくかと思ってましたが、シャトルバスを利用すれば雨でも行くのはラクかも。

特にプレーンスコーンの絶品具合に参りました。

 

 

インターコンチネンタル東京ベイ1F ニューヨークラウンジ

東京都港区海岸1丁目16番2号

公式サイトはコチラから

少しお得になる一休.comのアフタヌーンティー特集もどうぞ。

 

 

カテゴリー: アフタヌーンティー

シャングリ・ラ 東京 ピャチェーレの土日祝限定アフタヌーンティー♪

201602piacere2

 

ピャチェーレ、やっと行ってきましたー!!

と言う割に、ブレブレ写真で申し訳ない。ISO100 で撮ったら、光量足りなかった。すまん。

何をそんなに騒いでいるかと言えば、ピャチェーレはインテリアデザイン界のマイアイドル、アンドレ・フー氏がインテリアデザインやってるんですよ。日本だと、ここ以外に同じくシャングリ・ラ ホテル 東京内の「なだ万」、同「ホライゾン・クラブ」(宿泊者限定だと思う)、フォーシーズンズ 東京の「MOTIF」のインテリアデザインをやっとります。

 

201602piacere3

 

海外だと、彼は地元香港のUpper House のインテリアデザインをやってます。他にもいっぱいやってるけど。

ホテルのインテリアデザインって、客室やロビーをメインのインテリアデザイナーが担当して、レストランは別のインテリアデザイナーが担当するというのはよくあるようです。東京のシャングリ・ラの場合は、レストランのみアンドレさんが担当してます。Upper House の場合は、全部アンドレさんがやってる。

アンドレさんについて書くと長くなるので、そろそろ切り上げますが、正直内装見れただけで十分です。

ホテルの公式サイトの写真で見ると、もっとゴテっとした感じがしたんですが、実際に行ってみると写真から受けたイメージほど「ゴテ」感はないかなー。

 

はぁ、うっかりアンドレさん話で盛り上がり過ぎた・・・。

東京駅の日本橋口から出て、右側にUターンするとシャングリ・ラ ホテル 東京が入居している日本トラストタワー本館に辿り着きます。オフィスエントランスの左手にホテルのエントランスがあります。

ホテル内に入ると、シャングリ・ラ の香りがお出迎えしてくれます。エントランス内を見るより先にこの香をかぐと『あー、シャングリ・ラだわー』と思います。好き嫌いは別にしてね。

エントランスの生け花が素敵だったんですが、予約時間ぎりぎりだったので写真撮ってる余裕がありませんでした。

エントランスに入ると正面にエレベーターがあるので、エレベーターで28階へ。エレベーターを降りるとロビーラウンジが目に入ります。今回のアフタヌーンティーはここではないので、ピャチェーレを探します。ロビーラウンジは行ったことがあるんですが、ピャチェーレは初めてなのでちょっと場所が分からない。チェックインカウンター(かな?)の先、左手に曲がったところにありました。

 

予約してる旨を告げると、すぐにお席に案内されました。コート類や傘などもこの時に預かってもらえます。お席まで持っていかなくていいって助かるー。

店内ですが、窓側のテーブル席はほぼ満席かな。私が座ってたソファー席はほぼ空いてました。真ん中のテーブル席も半分は空いてたので、予約取りやすいのかも? と言うか、よほど好きな人でないとイタリアンレストランのアフタヌーンティーなんて気が付かないのかも。

MOTIF はけっこう大バコだけど、こっちはほどよい多きさですねー。

 

201602piacere1

 

お席にドリンクメニューがあったんですが、エンボスのデザインが店内の装飾デザインとおんなじー!

日本産の紅茶や緑茶も選べたんですが、オーソドックスにインドのダージリンを。

お茶はおかわりの時に種類の変更が出来ます。これ出来るとけっこう嬉しいんですよねー。

お茶はポットサービス。

 

201602piacere5

 

こんな感じでやってきます。これで大体3杯分くらい入ってます。

上の写真の隅にチラリと映ってますが、ティースタンドはこんな感じ。

 

201602piacere4

 

下段左から、ズッキーニとサフランクリームのキッシュ、グリーンのがパセリブレッドのサンドイッチ、フォアグラムースとリンゴを乗せたビスケット、モッツアレラとアンチョビのカロッツァ、後ろにある細長いのがパルマハムとルッコラを巻いたグリッシーニ。

サンドイッチに赤玉葱が入ってて、見た目的に珍しいですよねー。

フォアグラムースがかなり塩味が強いと私は感じたんですが、一緒に乗ってるソテーしたリンゴが爽やか。これ、最初ハムをサイコロ大にカットしたものかと思ってました。その意外性がいいですねー。

モッツアレラとアンチョビのカロッツァ。カロッツァって初めて食べたんですが、溶き卵や牛乳にパンを浸して揚げたものだそうです。表面のサクサク感が非常によかったです。ただモッツアレラはすぐに固くなるので、早めに食べたほうがいいですね。

 

中段左から、リコッタチーズのズコット、横に長いのがティラミス、苺とチェリートマトのタルト。後ろ側がチーズケーキとブルッティ マ ブォーニ。

ティラミスのベースにエスプレッソを染み込ませてあるのが一般的だと思うんですが、これは違ったなー。『へぇー、こういうのもあるんだー』と新鮮でした。

写真ではぜんぜん見えませんが、ブルッティ マ ブォーニはメレンゲを焼いたような感じでしょうか。

 

上段左から、ホワイトチョコを詰めた金柑のコンフィと、カノンチーニ。

 

途中でその場で作ったチャイの試飲のサービスがありました。ただ、私はセイボリー食べ終えた後でこれから甘いものに入るところだったので、もうちょっと早くに欲しかった! チャイにはマシュマロが入ってて、好きな人は好きだろうけど、すんません、私マシュマロ嫌いなんですよねー。チャイは好きだけど。いろいろタイミングと好みが合わなくて残念。

最初に頼んだ紅茶を飲み終えたので、中段のお菓子を食べてる途中に紅茶の交換。次はホテルブレンドを注文。この紅茶が癖がなくて、非常に飲みやすくスイーツの味も邪魔しなくて、とても良いお茶でした。

お茶そのものが個性があるのって、「お茶」として楽しむ場合はいいけど、何かの料理やお菓子と合わせるとなると『うーん?』と思ってしまうんですよ。だからフレーバーティーなどは時と場合によるよなーと思います。

 

今回は自分でお店に電話で予約を入れました。

ピャチェーレ

シャングリ・ラ ホテル 東京 28階

 

アフタヌーンティー 4,300

サービス料15% 645

税 8% 395

合計 5,340

 

ピャチェーレでのアフタヌーンティーは1度行けばいいかなーと思いますが、お店自体はまた別の機会に使いたいですね!

 

 

2名以上でのアフタヌーンティーのご予約は、一休がお得ですよ

 

カテゴリー: アフタヌーンティー

Copyrighted Image