感情の22段階 その2

 

そだ、前の記事書き終えてから思い出したことなど。

 

 

例えば、引き寄せの法則で有名な本と言えば「ザ・シークレット」!

 

 

この本を読んですぐに望む世界を創れるようになる人って、推測するに「感情の22段階」の1~7あたりに居れる人じゃないかな?と思う。

感情の22段階はコレね。

1 喜び、智恵、充実、自由、愛、感謝
2 情熱
3 熱意、やる気、幸福
4 肯定的な期待、信頼
5 楽観
6 希望
7 満足
8 退屈
9 悲観
10 不満、苛立ち、焦り
11 戸惑い
12 失望
13 疑い
14 心配
15 非難
16 落胆
17 怒り
18 復讐
19 憎しみ、激怒
20 嫉妬
21 危機感、罪悪感、自己卑下
22 恐れ、悲しみ、落ち込み、絶望、無力感

 

14(心配)や13(疑い)の感情が常にある状態の人だと、ちょっとシフトチェンジするのに時間がかかると思います。

21(危機感など)や22(恐れや絶望感など)の感情が常にある状態だと、拒否反応が出ると思います。

あれよ、怒りに満ちてる人に「感謝するといいよ」とか言っても、「はぁ?!何言ってんのよ!」って反応になると思うんよ。エネルギーが違いすぎるからね。

 

 

で、段階の上に上がってく方法ですが、平たく言うと出し切ると上がる

例えば失恋したときとか、しっかり悲しみ切ると浮上してくるじゃないですか。思いっきり泣くとかさ。

そこまで大きいものでなければ、前の記事に書いたように「ほっとする」とか「ちょっと上がれる」アイテムを使っても上がれます。まめにやってるとこっち(「ほっとする」とか「ちょっと上がれる」アイテム)だけで上がれるようになってくる気がします。

 

そもそも自分が今現在どの地点に居るのか分からない場合、休むとか緩ませるとよかかと思います。

休むは普通に寝とけって話なんですが。

めっちゃ無気力なときって、「何にもしたくない…」になってると思うんよ。そういう時は、無理せずゆっくり休んでください。ちなみに22あたりは生命力みたいなのも落ちてるので、「何か行動したい!」みたいなことすら思わないと推測します(てか、過去の自分がそうだった(笑))。なので、まずはゆっくり休んでください。上がってくると行動力も出てくるので、それからです。

 

緩ませるはそれこそいろいろ方法があると思うので、自分でやってみて自分に合った方法を見つけるとよいかと思います。それこそお股カイロだったりふんパンだったりよもぎ蒸しだたりマッサージや整体だったり温泉だったりヒーリングだったりアロマだったりカラオケ行くとか、いろいろあると思うんよ。

あと、感情開放もよかですよ~。自分の感覚に敏感になるにはもってこいです。まあ、好みがあるから、すべての人に良いとは言いえないけど。

 

で、ですね。

1~7あたりに行くと、14とか13あたりに居る時では考えつかなかったことが考えつくんよ!

13や14あたりでも視野が狭くなってると私は感じるんですよ。

それが7あたりに行くと、視野が広がる感じ?

例えば、過去にAという出来事があって、その後Bという情報を知ったとします。

13や14あたりだと、それは何の関連もない別々の事に思えるんだけど、7あたりまで上がっていくと『あれっ?!Aってのは、Bに繋がる出来事として起こってたんじゃない??』って発想(アイディア)が出てくるんよ。何の関係もなさそうなことがいきなり繋がるんよ。

思考パターンが変化するって感じかなー? そういうことが起こりやすくなってきます。

 

情報が、探しに行かなくても入ってくるって状態になりやすい。

何か行動したとしても、少ない労力で済むかな~。

 

だから「良い気分でいろ」って言ってるんだと思うんよ。

 

 

感情の22段階

 

「感情の22段階」が最近すごく役に立ってます。

エイブラハムたちが唱えてる指標(ってのかしら?)なんですが。

ハピちゃんがわりとセミナーで言ってたりするので、ご存知の人もいるかな。

 

エイブラハムたちが言う「宇宙の法則(引き寄せの法則でもいいけど)」では、「明るくて良い気分でいる」ことが大事だって言ってるんですよ。

「明るくて良い気分でいるとき、あなたは「内なる存在」と同調してる状態です」って。

この「内なる存在」ってのは、「魂」とか「ソース」とか「神」とか「ハイヤーセルフ」とか呼ばれてるのとほぼ同じらしい。ハピちゃんは「ボルテックスにいる状態」って表現でよく言うよね。

このゾーンにいると問題が問題でなくなるってことが起こってくるそうなので、「明るくて良い気分でいることが大事」って話らしいのよね。

 

で、現在地点が分からないとボルテックス(内なる存在と同調してる状態)に居るかどうか、ボルテックスからどれくら離れているのかが分からないと思うんよ。

そんな時に!感情の22段階ですよ!!

1がボルテックスにいる状態です。1から離れるほど、「ボルテックスから離れてまっせー」ってだけね。

 

1 喜び、智恵、充実、自由、愛、感謝
2 情熱
3 熱意、やる気、幸福
4 肯定的な期待、信頼
5 楽観
6 希望
7 満足
8 退屈
9 悲観
10 不満、苛立ち、焦り
11 戸惑い
12 失望
13 疑い
14 心配
15 非難
16 落胆
17 怒り
18 復讐
19 憎しみ、激怒
20 嫉妬
21 危機感、罪悪感、自己卑下
22 恐れ、悲しみ、落ち込み、絶望、無力感

 

右側に書かれてる感情は、あくまで「こんな感情を感じる時」って目安ね。

*最近の私の実験では、1~7あたりの感情を感じるときは、「おおむね良い気分」になってるように感じます。

 

 

数日前に落ち込むことがあったんですが、その事柄を知って、まず22あたりに行ったんよ。

ここら辺に行ってると、思考に勢いがつきやすい気がします。

悪いことを想像し始め、さらにそれに伴った出来事を想像しだすの(笑)。

先月からここら辺のトレーニングを地味にやってたので、今回は22に行ったときに『いや、待てよ。今めっちゃボルテックスから離れたんだな』と一呼吸置けたんよ。

でも一呼吸置く前に行動しようとすると、たいていろくなアイディアが思いつきません(笑)。

なぜなら、その時発してるのは問題のエネルギーだし、22あたりに居ると視野が狭くなってるので、ヒラメキにつながらないんよ。

余談だけど、いわゆるヒラメキが起こるのって脳波がアルファ波を出してるあたりらしいんよ。アルファ波を出してる時ってのは、リラックスしてる状態と言われてます。だから「散歩してるとひらめく」って人は、散歩がその人にとってリラックスした状態を作り出すからなんね。お風呂入ってるとひらめくみたなのも同じ理由どす。

たぶん、22あたりだとガンマ波あたりを出してるんじゃなかろうかと思うんよ。ガンマ波ってのはイライラしてる時に出てる脳波。

そんな時にいいアイデアなんて思いつきませんよ(笑)。

 

で、どうしたかというと、『ちょっとずつ上がっていこう』と思って、まずはハピちゃんのセミナー音声聞きながらゲームしてたんですよ。

ハピちゃんのセミナー音声でも、奥平亜美衣さんのスケジュール帳でも、「自分がほっとする、いい気分になることを書いておこう」ってのがあるんよ。

先月後半からトレーニングしていて、「あ、これやるといい気分になれるな(この場合の「いい気分」ってのは、何もハッピーな気分とか前向きな気分でなくて、「ほっとする」とか「ちょっと上がれるな」ってのでOK)」って思ったものは書いておいたんよ。私の場合は、その中にハピちゃんのセミナー音声があったので、それ聞いてた訳ですわ。

そうすると、めっちゃ地味~に上がって行くんよ。ちょっとずつね。

あとエイブラハムの本読んでましたね~。

 

昨日の午前中だったかな? 『あ~、なんか暇やな~』ってふと思ったんよ。

そのときの私の脳内会話をドゾ。

『あれ?今、私、「暇」って思いませんでした? 暇ってことは退屈と近いよね? ってことは(感情の22段階の)8まで戻ってきてるってことやん!』

はい、もう一度「感情の22段階」をドゾ。

 

感情の22段階

1 喜び、智恵、充実、自由、愛、感謝
2 情熱
3 熱意、やる気、幸福
4 肯定的な期待、信頼
5 楽観
6 希望
7 満足
8 退屈
9 悲観
10 不満、苛立ち、焦り
11 戸惑い
12 失望
13 疑い
14 心配
15 非難
16 落胆
17 怒り
18 復讐
19 憎しみ、激怒
20 嫉妬
21 危機感、罪悪感、自己卑下
22 恐れ、悲しみ、落ち込み、絶望、無力感

 

22に一度行ったけど、8まで戻ったんよ。

かなりボルテックスに戻ってきました。

もちろん途中で「危機感」だったり、「心配」だったり「失望」「疑い」あたりも通ってきてます。今の私の場合、14(心配)・13(疑い)・10(焦り)あたりの滞在時間が長いですね~。

ちなみに、昨年四柱推命始めた時って、多分10あたりに居たと思うんよ。「早く結果が出て欲しい!」って感じ。行動をスタートした時の感情と同じ感情の結果を引き寄せるので、「早く結果が出て欲しい」って状況をまた生み出すんよ。引き寄せの法則ってそういうことですよ。なので四柱推命は辞めました。

 

あともうちょっとボルテックスに近くなると、もっと視野が広がるので良いアイディアが思いつきやすくなるはず。

ってことで、落ち込んだときに感情の22段階を目安に使って上がってきました、って話でした。

 

 

合わせてこちらもドゾ。

感情の22段階 その2

 

 

喜びを感じれることにお金を使う

 

えーっとですね、ちょい前に「カフェでPC広げて作業してみたい!」と思って実行したのですよ。

トートバッグにPCを入れて、さらにスケジュール帳やら新しくゲトしたあいぽんさんなども入れて左肩にバッグをひっかけて移動してたんですねその日は。

そうしましたら、後日メッチャ左肩痛くなってさー(笑)。

あんまりにも痛いので、ほぐし屋さんに行ってきたんですよ。

 

先月ハピちゃんのセミナー音声で自分洗脳してたんですが、その音声の中で「マッサージ受けてるときめっちゃいい気が出てる!」って言われてたのが印象的だったので、『じゃあ、私も試してみよう!』と思いまして行ってきました。

家の近所のほぐし屋さんに行ってきたんですが、

いやー、おもろかったわ!

 

ワタクシ、そんなにマッサージとか行ったことないので、とりあえず近所にあったとろこで特に担当者の指名もしなかったんですよ。そこ行くの初めてだったし。いや、安いところがあるんですよ、家の近くに。

そんなワケで行ったんですよ。全身60分だったかな?

特に左肩と腰が気になるってことを伝えたら、そこら辺を重点的にやってもらえたようです。

で、やってもらってたときなんですが、確かに手や腕からエネルギーが出てる感じがする。

ちょっとビリビリって感じの時もあるんですが、まさにそんな感じでした。

*後日Happy channel の動画見てたら、ハピちゃんもマッサージの時に出てる気の説明で似たようなこと言ってた。たぶん8月の回だったと思うけど、どうだったろう?

 

 

ここ1年程メガネ生活をしてたんですよ。コンタクトなくして、新しいの作ってなかったので。

ワタクシ、非常に目が悪くてですね。裸眼だと視力検査の一番上のヤツの空いてる方向が見えない人(って説明でわかるんだろうか?)で、さらに乱視も入ってるんですよ。

ここ数年持ってるメガネが安いメガネだったので、フレームは軽いんだけど(上記の理由により)レンズが重いのよ。

1日かけてるとメガネ跡がつくのですよ。さらにワタクシ、鼻周辺のアブラがすごく出る人なので、メガネがずり落ち易いんよ(高いメガネだとここら辺は違ってくるのかも??)。

そんなワケで、鼻の上の方に力が入りやすくなってて、ちょー疲れるんすよ。

 

…ってことで、ようやくコンタクトレンズ作ってきました。

お店に入った瞬間、入口の一番近くに居た男性店員さんが目に入ったんだけど、『どーにもこの人とは波長が合いそうにない…』って感じたんです。

が! 上手く他の店員さんの方に行くこともできず、あっさり捕獲されました。

処方箋を持ってなかったので、「隣に眼科がありますので、まずそちらで診断してきてください」と案内されたので、いったん眼科へ。内心『あー、これ以上この人と話さなくてほっとした~』と思ったのはヒミツです。

眼科で検診してもらい、無事処方箋もゲトして再びお店へ。

もちろん先ほどの男性店員さんもまだ店内にいたのですが、そちらに目線をやることなくさささささーっと素知らぬフリしてレジカウンターの女性店員さんのいる方へ速攻で向かう。

思わず『よしっ!無事回避できたゼ!』と心の中でガッツポーズをしたのはヒミツです。

いやね、こういう小さな「なんとなく、嫌だな…」を回避するっての実は大事なんじゃないかと思うんですよ最近。

処方箋を見せましたら、度が強すぎて在庫がないそうなので、受け取りは後日ということになりました。

 

 

さて、せっかくちょっと都会まで出てきたので、『前から気になってたお店に行こう!』ってことで、またもお好み焼き食べてきました。

 

 

千房」ってお好み焼き屋さん。全国チェーンのお店だけど、内装が比較的好み♡

先日ハピカフェの粉もん祭り行ってから、微妙にお好み焼きブームが来てます。

で、お好み焼きですが、美味かったー!

しかし、一人で1枚は食べきれなかったので、「(残った部分)持ち帰りに出来ますか?」って聞いてみたら、可能とのこと。

お店の方で持ち帰り用の容器に入れてくれました(容器は電子レンジでの加熱OKなヤツでした)。

いやー、今までだったらお腹いっぱいでも全部食べようとしてたか残してたと思うんよ。

こうやって、「〇〇ってできますか?」みたいな提案だったり交渉だったりって全然できなかったので、それに比べると最近の進歩が目覚ましいですね♡

 

 

カテゴリー: 世界は自分で創る

望みをより明確にさせる

 

 

カフェでPC作業をやりたかったんですよ!

PC作業というか、仕事というか、なんかそういうの。

「小ノマド」と私は勝手に呼んでるんですが。

「小ノマド」は小規模ノマドだと思ってます。オフィス以外でも仕事してますみないなの。「ノマド」はほんと海外も含めて移動先で仕事してまーすみたいな感じ?と思ってます。 なので、私は区別してます。

以前から「やってみたいー!」と思ってて、ようやく新しいPCもゲトしたのでやってみました(笑)。

ハピちゃんの言ってる「自分の望みを自分で叶えてやるんよ」って、たぶんこういうことじゃないかなーと思います。

 

ここのゴールって、「やってみる」とか「まずやる」なので、とりあえず第一段階はクリアだと思うんよ。

しかし、実際やってみて

・家から駅まではやっぱり遠いな…

・今日の移動は自転車だったけど、今日持ってきたバッグにPC入れると、肩めっちゃ痛いな

とか出てくるわけですよ。

で!こっから「じゃあ、どうしよう」って思考を使うんじゃなかろうかと思うんよ。

 

今出来るもので、考えつくのってなんだろう?』と考えてみたんよ。

・この日はトートバッグみたいなのでPCを持って行ったので肩を痛めた→リュックに変えてみる

・肩が痛い→安いほぐしやさんが近くにあったはずだから、ほぐしてもらおう!

 

こんな感じで「あれやりたい!」みたいなのが出てきて、それがすぐに実行可能なものならやってみるってアリだと思うんよ。やってみたら『あれ?想像してたのと違う』って部分も出てくると思うんよ。で、だ。大事なのは次で『違うなと思った部分と比較して、じゃあほんとうはどうだったら良いんだろう?』こっちを出すというか、出させるのが大事じゃねーかと思うんよ。

より望みを明確にしていくって感じでしょうか。

 

そんな感じで、日々実験しとります。

 

 

カテゴリー: 世界は自分で創る

宇宙ナビシステム

例えば、「宇宙ナビ」ってナビゲーションアプリがあったとします。

アプリの説明には「あなたベストなルートで案内します!」ってあります。

 

Aさんがこのアプリをダウンロードして使ってみました。

住宅地で道に迷ったAさんは、さっそくアプリを使ってみました。

アプリを起動して、目的地を入力しました。

すると、アプリ音声がこう行ってきました。

このアプリでは、ルートの表示や到着時間が出ません。ですが、あなたにとってベストなルートをお伝えします

『え?何それ?』とAさんは不信に思いましたが、とりあえず使ってみることにしました。

まずこのまままっすぐ歩いてくださいとナビが言うので、Aさんはしらばく道を直線に進みました。

しばらくするとナビが、

「右側に生け垣がありますね。下方に人が通れる穴がありますので、そこに入ってください」

といいました。

Aさんは、『いやいや!それありえねーし!! 何このクソアプリ』と言ってアプリを削除しました。

 

 

次に、Bさんも同じ地点、同じ目的地で「宇宙ナビ」を使ったとします。

やはり生け垣の地点にくるとナビが「生け垣の下の穴に入れ」といいます。

Bさんは、『え?これ、どうなるんだろう?』と思い、そのままナビの指示に従いました。

生け垣を抜けると、どこかの家の庭でした。

その後もナビは、「家の中を突っ切れ」とか「空き地を通り抜けろ」とか、普通のナビアプリでは出てこないルートを言ってきます。

Bさんも、『なんだこりゃ?』と思いながらもナビ通りに進んでみました。

よいよBさんは目的地に到着しました。

Bさんが、google マップで通ったルートを確認してみると、確かに出発地から目的地まで直線の最短距離でした。

 

 

次にCさんが同じ地点と目的地で、やはり「宇宙ナビ」を使ってみました。

Cさんの場合は、「50m先の〇〇さんの家に行ってください」と指示がありました。

Cさんも『なんだ?これは』と思いながらも、ナビの指示に従ってみました。

指示された家に行ってみると、Cさんの知り合いのDさんがその家にはいました。

Dさんが「おっ、Cじゃん久しぶり!今から駅前に車で行くけど、一緒に行く?」と言いだしました。

Cさんの目的地も駅前にあったので、一緒に乗せてもらうことにしました。

Cさんも無事、目的地に着くことができました。

 

 

宇宙にお願いするとか、宇宙にオーダーするってのは、このアプリみたいな感じじゃないかと思います。

ただ、実際にはそのナビの指示は「右折」とか「左折」とか「生け垣くぐれ」とか分かりやすい指示じゃなくて、「ふと」でやってくるってところが違いますが。

あとオーダーが実現する時間は、その人の宇宙貯金がどれくらいあるかで違ってくるそうです。

 

車のナビやスマホのナビアプリのイメージが強いと、宇宙ナビの特殊なシステムに慣れるのは最初ちょっと大変かもしれません。てか、大変。

てか、そういうシステムになってること自体知らないしねー。

 

そうそう、「あなたにとってベストなルート」と謳ってるんスよ。だから、上の例ではBさんとCさんのルートは違いましたよね。

例えば「本を出したい!」って目的地を設定したとしても、どういうルートを通るかは人によって違うやん。

ブログから出版になる人もいれば、出版セミナーに出て出版繋がる人もいるだろうし、企画書を送って出版になる人もいるだろうし。

 

で、「ふと」も目的地に分かりやすく繋がってなさそうなものがくるんですよ(笑)。

上のBさんの例で書いたような、次のステップが見えそうな指示じゃないんよ。

多分、一見ぜんぜん関係がなさそうなものだと思います。

 

「宇宙にオーダー」とか、「設定する」ってのざっくり説明でしたー。

 

 

カテゴリー: 世界は自分で創る

Copyrighted Image