新宿 パークアイアット東京 ピークラウンジ

2015-10-04 11 24 43

 

ものごっつひっさしぶりに昼間にピークラウンジに行きました。何年ぶりくらいのレベルで。

ワタクシ、ホテルのラウンジと言ったらピークラウンジを一番利用してると思うんですが、最近は夜にばっかり行ってました(と言うか、この数年ろくに行ってなかった気も…)。

相変わらず眺めがいいのは昼も夜も変わりませんが、昼だといろんなところがはっきり見えちゃうね!

よくも悪くもね。

ちなみに、新宿パークタワーの建築デザインは丹下健三さん。パークハイアット東京のインテリアデザインはジョン・モーフォードです。

丹下さんについてはあまりにも有名なのでさっくり省略しますが、インテリアデザインのジョン・モーフォードについて少々。私、実はあまり知らないのですが、インテリアデザイン界では有名な方だそうです。そのわりに作品集やサイトがないんですよねー。高級ホテル(パークハイアット系は特に)のインテリアデザインをよくやられてたようです(現在はすでに引退されてるそうです)。長野の「桝一客殿」はジョン・モーフォード氏が設計・デザインを手掛けてる数少ないお宿の一つなので、ぜひ泊まってみたいです。

私の記憶違いかもしれませんが、ピークラウンジのスタンドライトはイサムノグチのだったような気がするけど、どうだったろう? ご存知の方がいたら教えてください。

 

2015-10-04 11 30 12

 

アイスティー頼んだら、相変わらずの大グラスで来た。けっこうな量入ってマス。

お茶菓子も付くヨ。

午前中に着いたので、人はわりとまばらでした。でも、この後にランチのご予約がけっこう入ってたようで、すでにテーブルセッティングされてるお席も。

私が行った時は、おひとりで来てる女性もちらほらいらっしゃって、お茶を飲みつつ本を読まれてました。いいですねぇ~、休日の午前中にホテルのラウンジお茶しながら読書って。(ひょっとしら待ち合わせに早く着いたので、読書してただけなのかも・・・汗)

 

パークハイアット ピークラウンジ

東京都新宿区西新宿3-7-1-2 パークハイアット東京41階

03-5323-3461

営業時間 11:00~22:00

パークハイアット東京公式サイト

 

 

カテゴリー: ホテル

ジランドール パークハイアット東京

パークハイアット東京、はるか昔に1度だけ泊ったことありますがレストランは使ったことなかったんです!

で、友達とのランチで行ってきました~。お誘いくださったのは、ホテルラウンジナビゲーターの島村美帆さん。

初ジランドールでしたー!

この日は近くの企業さんの新人研修か何かがあったみたいで、リクルートスーツ姿の皆さんがたくさんいらっしゃいました。

レストランでフレンチだったかイタリアンフェアをやってたそうで、フェアのランチを頂きました。

 

2015-10-01 13 20 05

 

前菜のサラダ。

 

2015-10-01 14 02 57

 

こっちがメイン。

 

2015-10-01 15 01 00

 

で、デザート。

 

この日はあいにくの雨模様だったんですが、ランチが終わるころには雨もやんできてました。

窓側のお席だったので、眺めのよいことといったら!

美帆さん、お誘いしてくれてありがとうざいました!

 

ジランドール

パークハイアット東京 41階

03-5323-3459

営業時間

ブレックファースト 6:30~10:30 (土日祝は11:00まで)

ランチ 11:00~15:00 (土日祝は11:30より)

ライトスナック 15:00~17:00

ディナー 17:00~21:30

ジランドール公式サイト

 

ホテルレストランのご予約には一休がお得ですよ。

一休.comレストラン

 

カテゴリー: ホテル

横浜 ホテルニューグランド ラ・テラス

2015-09-21 10 44 02

 

横浜にあるクラシックホテルのニューグランド。1階にあるラ・テラスでお茶してきました。

祝日に行ったんですが、早い時間だったからか空いてました。

本館の設計は和光の設計で有名な渡辺仁氏。

いろいろなドラマや映画にも使われたことのある建物だそう。昔は歌詞や小説なんかにもよく登場してたらしい。

 

2015-09-21 10 21 53

 

確かにお庭の眺めもいいんだけど、いかんせん建ってからかなりの年月が経ってます。そこはどうにも埋められない感じ。

山下公園側のエントランスから入っていくと「天井、低っ!」って感じます。なので、車寄せがある方から入るのがオススメ。そっちからの方がラ・テラスには近いし。

 

2015-09-21 10 50 55

 

こんな中庭があるのですよ。ラ・テラスからもいい感じで眺められます。天気の良い日に行くのがオススメ♪

 

で、ニューグランドで一番のオススメは中二階です。

 

2015-09-21 10 54 26

 

ここでお茶とかは出来ないっぽいんですが(後日確認に行く予定)。

なんでここをもっと積極的に使わないのか、私にはよく分かりません。

この隣に宴会場があるから、そっちメインで使ってもらいたいって考えなのかなー?

こっちでアフタヌーンティー出来たら、けっこう人気になると思うけど。メンテナンスとかが大変なのかなー?

ちなみに、この中二階は山下公園側のエントランスから入って大階段を上ると行けます。

結婚式とかやってると、大階段にその旨が書いてあり上れないようになっております。

結婚式等がなければ、ふつーにここで本読んだり出来るようです。

私が行った時は、宿泊客なのか地元の人なのか白人の男性が本読んでましたね~。

 

ホテルニューグランド

神奈川県横浜市中区山下町10番地
TEL : 045-681-1841(代)

みなとみらい線「元町・中華街駅」
1番出口より徒歩1分
JR根岸線「石川町駅」徒歩13分

 

ラ・テラス

営業時間 平日 12:00~19:00(L.O. 18:30)土日祝 10:00~19:00(L.O. 18:30)

 

ホテルニューグランド公式サイト

 

 

カテゴリー: ホテル

山の上ホテル ヒルトップ

2015-07-04 11 14 22
土曜(大安)の昼間に行ったので、ちょっとバッタバタな感じでした。

外観はこんな感じ~。
この右手に下り坂があって、その坂からヒルトップの入り口があります。
ホテル内を通り抜けても行けマス。

外資系ホテルに行きなれてる方にはあまり馴染みがないかと思いますが
山の上ホテルといえば昭和の文豪がよく泊まってた(カンヅメしてた)ホテル!なのデス。
池波正太郎さん、川端康成さん、三島由紀夫などなど。
この三人はよく使ってたことで有名じゃないかな?

三島スキーだったワタクシとしては、一回行ってみたかったのデス。

 

2015-07-04 11 28 18

 

ヒルトップの中はこんな感じデス。むっちゃレトロな感じデス。私の中では天井の低さに昭和を感じました(笑)。昭和な感じではあるんですが、でも喫茶店って感じではない。
でも来てるお客さんの中にはフラッと近所からお昼食べに来ました、みたいな感じの人も居る。
なので、ホテルの”ラウンジ”って感じでもない。

 

2015-07-04 11 28 50

 

注文したのは「英国風サンドイッチ」。中身はローストビーフ、トラウトサーモン、タマゴ。
ローストビーフの焼き加減はミディアムと言うかレアと言うか。ステーキ屋さんで食べたことあんまりないので、よく分からない。ローストビーフはあっつ熱ではないデス。そのせいなのか、肉の種類の所為なのか、私が食べ慣れてないせいなのか、下に脂が残る感じがする~。そのうち消えるケドネ。その残り具合が個人的に好みじゃないな。この大きさにカットされてると、一口で食べやすい♪

そんな感じで、サンドイッチはわりと普通かな~って感じなのですが、ポテトチップス美味しかった!(・∀・)b
市販のなのか、ココで作ってるのかは分からないけど、美味しかったです。

 

2015-07-04 12 15 10

 

最後に追加でマサラ・チャイ。あっつ熱で来ました。猫舌なので、飲むのに時間かかるくらい熱々デス。牛乳が入ってるものってあまり高温にすると膜が張るけど、これはぜんぜん膜が張ってなかったな~。どうやって温めてるんだろ?ゆっくり低音で温めると膜は張らないのだろうか?漉してるのかな?

 

 

2015-07-04 12 26 26

山の上ホテル コーヒーパーラー ヒルトップ

最寄駅 : JR御茶ノ水駅、地下鉄御茶ノ水駅(丸の内線、千代田線)、地下鉄神保町駅(都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)
席の予約 : 可能
個別会計 : 未確認
営業時間 : 10:30~21:00
wifi の有無 : 未確認
公式サイト : 山の上ホテル

 

カテゴリー: ホテル

アマン東京  ブラックアフタヌーンティー

大手町に2015年3月にグランドオープンしたアマン東京のアフタヌーンティーへ、6月上旬に行ってきました。

アマンは日本初進出なので、まだそんなに知られてないかも?アジアを中心展開している高級リゾートホテルグループです。

アマン東京のインテリア・デザインは、アマンとよく仕事してるケリー・ヒルが担当。

 

aman2-w1060-h1060

 

33階のラウンジは黒を基調としてるので、アフタヌーンティーの名前も「ブラック・アフタヌーンティー」。

 

aman1-w1060-h1060

 

…ってことでいろんなものが黒かった。
膝にかける ナプキンも黒いし、カトラリー(フランスのドグレーヌ パリってメーカーのだそうだ)も黒いし、ティースタンド(3段になってる鳥籠みたいなアレ)も竹製なのに黒い!
サンドイッチのパンも黒かったのですが、これはイカ墨じゃなくて竹炭が練りこまれてるらしい。
竹炭って食べられるんだ・・。

紅茶&フレーバーティー&ハーブティーはドイツのロンネフェルトのもの。紅茶&コーヒーだけじゃなく、日本茶も選べました~。

紅茶が冷めないようにとキャンドルで暖めるタイプのティーウォーマーが付くのが非常に嬉しい。私は神宮前のJANAT 以外でこのタイプのティーウォーマーを見たのは初めてデス。

ティースタンドの2・3段目のチョコレート類が凄いことになってるのは見た目でわかるので、そこら辺は省略。計画的に食べないと、チョコレートの濃さにやられます。

スコーンもけっこう大きいのが2つも出てくるので、ボリューム満点デス。スコーンにつけるクロテッドクリームやジャムも沢山ついてきマス。

サンドイッチがとても美味しかったのですが、プチタルトも非常に美味しかった。タルトの固さが絶品でした。固すぎず、でも柔らかすぎず。歯を当てて少し力を入れるとサクっとほぐれるという絶妙な固さ。秀逸デス。

フレーバーティーでマサラ チャイを頼んだんですよ。説明してくれたスタッフさんによると「ご想像されてるのとは異なると思いますが」って。確かに煮出しミルクティではなく後からミル クを自分で入れるスタイルなのですが、めっちゃ美味かった!

なんやてー!」みたいな感じ。

チャイってのはこんなに上品にもなるんだな~、と思わせる一杯でした。

 

ということで、アマンのアフタヌーンティーは美味しかったデス。

でも、気軽にふらりと立ち寄って…って感じには使えない混み具合(あ、予約がね)なので、リピはしばらくはいいなか~と思いました。
シガーラウンジがあったので、むしろそっちの方が気になります。

 

ご一緒したのは、
mocoカメラのモコロン部長。もこさんの写真、人物がとても素敵なのです。

あるときはマダム、またあるときはビーズ講師のnoko さん
noko さんはいろいろなホテルに泊まられていて、ワタクシにとってはとても興味深いお話を聞けました~♪

お仕事後にかけつけてくださったメイクセラピーアーティストのあこ さん
あこさんは絵もお上手なのデス。後日facebook であこさんが描かれたイラストを拝見してびっくりしました~。

 
4人ともFacebook で同じ部活に入ってるんです。モコロンさんが部長なのデス。
今回、初部活動ということで、アマンでのアフタヌーンティーになりました♪
(しかも先着順で参加とか、部員のみなさんゴメンナサイ)

 

カテゴリー: アフタヌーンティー

Copyrighted Image