雑記

そういや、「太陽を曳く馬」がスゴ過ぎた件

投稿日:2016年4月2日 更新日:

前の記事でガイ・リッチーの「Take it to the next level」がスゴイって話を書いたのですが、どこら辺がどう凄いのかってのは私の表現力で文字化するのは無理だと早々に諦めました。

それ全部書くのにどんだけ文字数必要だよ!って感じで、それだけ書いても伝わるかどうかすら微妙だと思ったのよ。

 

世の中には「言葉にはできない部分」ってのが存在すると思うんですよ。例えば感情の細かい部分だったりとか。話逸れるが、感情は突き詰めてくと振動だそうで、言葉で詳細には表現できないっぽいね。

でだ。高村薫さんの「太陽を曳く馬」は、その「言葉にならない領域」を小説というスタイルで言語化し表現してる凄い作品だと私は思う。

なんであえて「小説というスタイル」と書いたかと言えば、「言葉を使った表現」とするとそれには会話だとかスピーチなんかも含まれてしまう。じゃ文字って表現でいいんじゃないのかといえば、そうでもなくて。「文字を使って表現」とすると、詩や俳句や短歌なんかも含まれる。詩や短歌なんかは文字と行間も含めての空気感を味わうものだと思ってるので、高村さんがやってるのはソコじゃないんだよ。小説なんだよ。

私、最初に「太陽を曳く馬」を読んだとき、『高村さん、ついにガチできたな…』と思ったんです。もうね読者が読みたがる作品とかじゃなくて、自分の文章という表現力を使ってどこまで行けるかチャレンジしてるって感じたんです。だから、本読むのに慣れ親しんでない人は、無理にこの本は読まんでいいと思うんスよ。算数がよく分からないのに代数幾何やろうとするな!…みたいな。ついて行ける人だけついてきゃいいと思うんよ。

 

参考までにドウゾ

[amazonjs asin=”4103784067″ locale=”JP” title=”太陽を曳く馬〈上〉”]

 

[amazonjs asin=”4103784075″ locale=”JP” title=”太陽を曳く馬〈下〉”]

 

 

 



ブログ村のランキングに参加しています♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村



-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

人生における意識のプロセス

  小西温子さんの「生命の樹――受け取りの法則」の中で、人生のプロセスの中で「どんな意識の状態にあるか」を3段階で説明されてる文があったので紹介。 ここを知ってると、『あの人はアレをやってこ …

グラボヤ始めました

    グランボヤージュってのが正式なタイトルっぽい。 めんどうなので、個人的にグラボヤって略してます。 公式サイトはコレ。 グランボヤージュ グランボヤージュ グランボヤージュ …

まだまだあったよチェコ

昨日はチェコ語の本をチラ読みしとりました。 本の冒頭に「チェコの紹介」的な文章が載ってたんですが、「ああ!それもあったか!」と独り盛り上がってました。   そんなこんなで、引き続きチェコにま …

髪を洗うのが嫌いなワケではないようです

  先日の雪乃さんの記事で、 「引き寄せたいのが、「うふふ💗」と姫のように微笑んで素敵な物に囲まれた生活なら、そうしてないとダメ。」 とあったので、普段の生活を見直してみたん …

今まで選択できなかった選択肢の存在

  この1~2週間のあいだに見かけたどなたかのブログで、魂の本質に戻る方法だっけかなー?(うろ覚え)ってのが載ってたのですよ。 あ、時代ごとに書いてあって、 ・修行 ・陰徳 ・現在(←これが …



スポンサーリンク





follow us in feedly

Copyrighted Image