ガイ・リッチー、やっぱセンスいいわ

自分が不感症だと気が付いたので、絶賛リハビリ中です。

過去、自分で覚えてるだけでも確実に2回は自分の感性を閉じたことがありまして、それはあまりにも当時辛かったからなんだけど、辛いを感じたくないと思って感性を閉じるともれなく楽しいも分からなくなります(笑)。

 

昨日偶然ガイ・リッチーの話をしたんだけど、それで『やっぱガイ・リッチーってセンスいいわー!』と改めて思った。

彼の昔の作品って、一歩間違うと泥臭くなっちゃうようなものだと思うんだけど、小気味よくまとまってるのって、彼のセンスの良さなんだろうな~。

で、YouTube 見てたら「(オレ基準の)ガイ・リッチー映画ベスト5」みたいなまとめ動画がありました(勢いそう書いたけど、動画の投稿者が男性なのか女性なのか分かりませんw)。

 

 

うん、有名作をきちんと網羅。私、このうち3本観てないけどw

 

で、「ガイ・リッチー、スゲー!」と言って忘れてはならない、私のなかではガイ・リッチーの代表作だと思ってるNIKE の Take it to the next level(要はCMだ) 。

 

 

うん、分かりやすいイングランド男子の図。イギリスでもブリティッシュでもなくイングランドでしょ、そこは。

言葉では上手く表現できないけど、ものすっごくいい映像作品です。

ちなみに上の動画はディレクターズカット版。それだと「ガイ・リッチーの映像作品」なんだけど、2分の方↓だと「NIKE のCM」になるw

違いをドウゾ

 

ってことで、ガイ・リッチー、やっぱスゲー。

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則


Follow me!

コメントを残す