両国で鰻重食べてきました

201602kawayuh

 

数日前に知人に東京の東の方の美味しいお店をいくつか教えて頂きまして、その中で両国の鰻屋さんがすごく気になったんです。来週の週末に行こうかと思ってたんですが、来週までこの鰻熱を保持していられるのか?! 「ウナギ、ウナギ」言いながらあと1週間も過ごすのはキツイ! …と思いまして、早速食べに行ってきました。

両国駅から歩いて15分くらいのところにある「川勇(かわゆう)」という鰻屋さん。テレビでも何度か紹介されてるお店のようです。店内にその時の写真が貼ってありました(サイトにも載ってる)。

お店に着くとテーブル席は満席。お座敷だったら空いてるのですぐ座れるとのこと。私、お座敷ってあんまり好きじゃないので、テーブル席が空くのを待つことにしました。待ってる間におかみさんらしき女性が「先に注文決めておけば、早くお出し出来るわよ」って感じで、注文を聞いてくれました。肝吸も飲みたかったので「鰻重 上」を注文。

しばらくすると、テーブル席のお客さんがお帰りになられた。で、通された席が神棚の下のお席。神様とディナーって感じで、なんか嬉しい。他の席からは見えにくい席なので、ゆっくり食べれるー。しかも四人席独り占め~♪

お席に着いたら、女性の店員さんが緑茶とお漬物とおしぼりを持ってきてくれました。でも、すぐにはお漬物に手が伸びなくて、しばし正座しそうな勢いで姿勢を正して鰻が来るのを待ってしまった(笑)。テーブル席だから、正座はしてませんけど。

その後、肝吸が来て『おぅ、そろそろ鰻とご対面かしら!』と思ってると、ほどなく鰻重のご登場。それが上の写真です。

鰻に箸を入れると、スッと箸が入るんですよ。ステーキが箸で切れると感動しますが、あれに似た感動がっ! 食べてみると、フワフワですよー! 鰻ってこんなにフワフワなんですねー! 初めて知りました。鰻自体は、サッとタレをくぐらせただけなのかな?それほどタレの味は濃厚ではないんですが、その分お重の中のご飯にタレがしっかりかかってる感じです。

肝吸は好みな味でしたが、お漬物はもっと浅漬けの方が私は好みかな。

お重のご飯はけっこう入ってますねー。食べ終えた頃には、お腹いっぱいでした。で、食べ終えてからテーブルに置いてあった山椒をかけて食べ忘れたことに気づき、ショック・・・。しもうたー! 食べる前にテーブルを眺めてて山椒が置いてあるのに気が付いて、『鰻、半分食べたら山椒かけてみよーっと♪』とか思ってたのに、鰻の魅力に負けて一気に食べ終えてました。

また行きたい。

 

うなぎ川勇

東京都墨田区石原3-30-9

営業時間 11:00~14:00(LO 13:45) 16:30~20:30(LO 20:15)

定休日 水曜

公式サイト 食べログ

 

カテゴリー: 食べ歩き タグ: ,

コメントを残す

Copyrighted Image