抗うことや受け取り拒否について

「犯人わかっちゃいました!」みたいな感じで、わかっちゃいました。

いやー知識では知ってたんですけど、腑に落ちるってか感覚的にも分かるって感じ?

 

いやー、「抗うことなかれ」とはいうけど、「抗うやり方」を教え込まれてたんだから、そらー気が付かなくてもしょうがないよねー(笑)。

ハピちゃんの金沢でのセミナーで、この話の詳細を全部話してるんで、興味ある方はそちらもドゾ。

(↑ リンク先はジブンチャンネルさんが金沢セミナーの音声をYouTube にあげてくださってたので、その動画ってか音声です)

 

例えばさ、「間違うのは悪いこと」って認識の人は多いんじゃないかと思うんですよ。

でもみんな本当は「拡大・繁栄」の流れに乗ってる(ってか居る)ので、起こることは「拡大・繁栄」につながることなのですよ。で、一石三鳥みたいなことが平気で起こるんよ、「拡大・繁栄」やから。でも、それは一般的にみて「間違った」と言われることの場合もあるんよ。

「スムーズにいかない」ってことが起こるのは、「何か気がついてないことがありまっせ」ってことなんですよ。その「気づいてないこと」が何なのかはケースバイケースやけど。

 

何か間違えたときや間違いが起こったとき、「間違えるのは悪いこと」って思ってると、『ああ、自分はなんてダメなんだ』って自己評価を下げてしまったり、『間違えられるなんて、なんか良くないことがあるんじゃないか?』と思ってしまうんじゃないだろうか?

そんなこと、実はまったくなかったりするんやけど。

でも、「間違えるのは悪いこと」って叩き込まれちゃってたら、上に書いたように思ってしまっても仕方ないけどな。

で、その「間違える」とか「間違いが起きる」は「起こされてる」んよ。何か気がついてないことがあるので、「気づいてないことに気づいてー!!」ってことで、「間違う」とか「間違い」ってスタイルで起きてるだけや。

だって、そっちの方がインパクト強いじゃん。

 

 

↑ この中からウォーリーを探すのは大変だと思うんスよ。

 

 

でも、こっちで「紅茶花伝」の文字見つけろってのは、比較的簡単だと思うんよ。インパクトあるから。

 

そういうのとおんなじことだと思うんよ。

些細な違いだと気が付きにくいけど、インパクトがあるものだったら気が付きやすいやん。

 

なんで間違いが起きるのかってのは、大雑把にいうとこういう理由なんやけど。

 

 

で、ですね。

「間違えないように、間違えないように」って行動してるのって、本来なら「間違える」ことでより多くの気付き(意識の拡大ね)を起こそうとしてるのを必死に止めてることになりません?

しかもその「間違える」ことで、多くの人の気づきも得られるはずだったのにそれも止めてるんよ。(全体の大きな流れってのは一石三鳥くらい平気で起こすんよ。拡大・繁栄やからな)

「抗う」って、こういうことですよ。

 

 

受け取り拒否も似たような感じなんやけど。

最初、その表現を聞いたとき『褒め言葉を素直に受け取らないってことかな?』と思ったんよ。

それもあるけど!それ以外にもあるんよ!!

”怒りや悲しみや憎しみなどネガティブな感情が湧いたら、「感じたくない」と拒否しないで、それらの感情も感じきる”、よ。

無理にそれらの感情を「出す」必要はないと思うけど、「湧き上がる」ならちゃんと受け止めて感じる、よ。(相手にぶつけるとかは、また別の話というか別のステップね)

それやってないのが「受け取り拒否」やで。

「抗う」の説明とおんなじなんやけど、何らかの感情が「湧き上がった」んなら、それはその時点や瞬間に「湧き上がる」必要があったから湧き上がるんよ。

それが湧き上がるものが、何かに気がつくのに必要だったといいいますか。

なのに、それをなかったものにするとか蓋をしてしまうと、それを感じたことで及ぶはずだった波及効果も止めてることになるんよ。

 

 

ってことを踏まえて、普段の生活を振り返ってみると、抗ったり受け取り拒否してる人はそーとやってるんじゃないでしょうか?

で、「感情の22段階」で「1の段階がデフォ」ってのも、そんだけ抗ってたら実感できないと思います。ええ。

だって抗ったり受け取り拒否するやり方ばかり教え込まれてきてますからねー。

 

 

ああ、そうだ1番大事なこと言い忘れた。

裏にこういうカラクリはありますが、最終決定権は人間の自分にありますからね!

決定権って行動に対しての決定権だけじゃなくて、思考の選択権とでも言うのかしら?

『お!その考えええな!取り入れてみよう』って感じでこの考え方を選択するかどうかの決定は自分がするんやで。

『そうは言われても、いまいち信じられないなー』が今現在の感情で出てくるかも知れないのに、それをまるっと無視して「抗わない方がいいんだ!」って行動だけ真似するのはちょっと違うかなー?と思います。で、それも『私はそれは違うんじゃないかな?』と思うだけで、行動から入ってて分かることもあるから、何がベストかは人によって違うんよ。

「自分はどう思う?どうしたい?」って自己対話してあげるのがいいんじゃないかと思いますー。

 


SNSでもご購読できます。

-->

コメントを残す

Copyrighted Image