思考を観察する

ワタクシのリアル友達って、カウンセラーさんのお話会とか自己啓発なんかのセミナーとかで知り合った人たちがわりと多いんよ。

で、そういう人たち(含む自分)って、「自分の思考を確認(観察・モニタリング)する」ってのを日常的にやってると思うんですよ。

なので、今まで特筆すべきことでもないと思って書いなかったんやけど、もし何かの間違いでうちのゲーム記事にやってきちゃって、でさらに『あれ?世界は自分で創るって何よ?』とか思ってそこら辺の関連記事を見てしまっても『なんのことやらさっぱり?』の人も居るかも知れないなーと思い至った。小中高では教えてくれない事柄だと思うし。

あくまでも「こういうやり方がありまっせ」って話ね。

 

「思考を選択する」って話をブログやspoon のキャストに上げたりしてたんですが、選択以前に「自分の思考に気づく」って段階ってかプロセス?があるんよ。

例えば朝起きた時に

1 今日は仕事だー、がっかり(もっと休みたいな)

2 今日の仕事、Aさん入ってたらヤダなー。

3 でもBさんだったら、仕事テキパキさんだからラッキー

4 お、そういや今日はゲームのメンテ(メンテナンス)の日じゃね?新しいイベクエ追加されたかも?

・・・みたいな脳内独り言をしてたとします。

こうやって「何を考えてたか」を観察ってかチェックってかモニタリングしてみるんよ。

『あ、今こいうことを考えてたんだー』くらいな感じ?

ある事柄について考える(意識を向ける)のが単に癖になってるだけのこともあるしねー。

単純にこんだけなんやけどな。

 

よくやりがちなのが(主に過去の私がw)、2の思考が出てきた時に『てかさー、あいつ(Aさん)もう何回もやってるんだから、いい加減仕事覚えてくんないかなー』みたいに、「嫌な思考」について「より思考する」ってのをやってました(笑)。

それやると、なんかねーどんどん思考が加速するってか増幅するんよw 「勢いがつく」みたいな感じ?

その状態まで行くと、ちょっと抜けるのに時間かかるようになります。寝ると思考の勢いは止まるので、寝れるんなら寝たほうがええんやけど、そうもいかない場合は別の動作などをして勢いを止めてみてもいいかと。

「ま、とりあえずお茶でも」ってのは、けっこう的を得てるってか理に適ってるので、お茶のんだりします。単に(ネガティブな思考をより思考するのが)癖になってる場合は、こっち(別の動作を入れる)が効果的だったりします。

どーしても止まらんときは、いっそそのままやりきる(それについて気持ちが落ち着くまで思考する)のも一つの手やけどな(笑)。

 

 

以下余談

 

ちなみに、上記の1・2はネガティブな思考ね。それについて考えると「嫌な気分になる」がネガティブな思考。

反対に3・4は比較的ポジティブな思考。それについて考えると「気持ちが軽くなる」のがポジティブな思考。別にどっちがいいってことはないけど、転換をかける時にこの「どっちの気分になるか」を使ってくんよ。

ついでに言うと、これらは全部「未来について思考してる」んよ。上記の例の場合ね。朝起きた瞬間に起こってる出来事ではないので。数分先だろうが数時間先だろうが思考は未来に飛んでるんよ。その瞬間「(数分ないし数時間先の)未来について考えている」と言えるので。それが「今にない」って状態。

でも、「今にない」状態でも、何かを考えた瞬間の感覚は「今感じてる」なので、ポジティブな思考をすると「今、いい気分を感じる」になるんよ。だからポジティブな思考を選択するとよかって話なんやけど。

 

じゃ、反対に、「今猛烈に怒りを感じてる」みたいな時は無理矢理『いやいや、怒っちゃダメだよ。怒りの感情はよくない』みたいなことは考えないほうがええよ。

「湧き出る(あがる)感情を否定しない」方が大事。湧き出る感情を否定すると、それって自己否定になるんよ。自分の感覚を否定するって感じかしら? あんまコレやりすぎると、自分を信じれなくなるよ(自分を信じると書いて自信なので、何に対しても自信が持てなくなる希ガス。やったことがない事柄に対して自信が持てないみたいなのは、またちょっと違う「自信」な希ガス)。

こういうときに自分の感情を否定するとより気分が悪くなります。なので、心ゆくまで怒ればええんよ。でもね、怒りを感じるのと、その怒りを何か(相手とか物とか)にぶつけるのは別やで。怒りを感じきっても「それでも相手てに物申したい!」って出てきたとき、相手に言えばええ話やで。感じきってみたら別に言わなくてもええかも…になるときもあるしねー。

で、私は「感じきる」って書いてるけど、要はその感情を発散とか昇華とか消化するみたいなことね。人によってやり方のベストは違うと思う。スポーツなど体を動かして発散する人もいるだろうし、私は平和的に紙に書きなぐって破いて燃やします(←かなりスッキリするヨ)。大声出すのがいい人もいるだろうし、人それぞれやと思います。

「感じきる」をやるメリットって、回数やってると、次に「イラッ」ってしても長引かなくなるヨ♪ 「引きずる」みたいなのが減る感じかな?

で、そうすると1日のうちに「イラっ」を感じてる時間と回数と深さ(密度ってか濃度ってか、そういうの?)と、「ほっとする」とか「いい気分」ってのを感じてる時間と回数と深さを比較すると、「ほっとする」とか「いい気分」のほうが多くなるんよ。

1日のうちにどっちをより多く長く感じられるかで、未来に起こる出来事が変わってくるんですよ。

 

コメントを残す