どーなる? DJ コントローラー

NO IMAGE

DJ コントローラーが欲しいって話は先日ちらりと書きましたが、今これについてちょっと実験してるんですよ。

なので、その記録。

 

まず、Amazon さんで「DJコントローラー」で検索してみると、PIONEER かNumark のコントローラーが出てくるんやけど、だいたい25,000〜37,000円くらい。『マジで!?』 とビビりました。余談やけど、PIONEER はDJコントローラーではちょう大手みたいです。映画やら写真やらでDJ コントローラーが出てきたらメーカー名をちらりと確認してみると、かなりの確率でPIONEER のコントローラーだったりして、これまたびびった。

いやー、だってさー。続けるかどうかもわからんのに、いきなりその金額は今のワタクシには払えんなーと。

『じ、じゃもっと手が届きやすいお値段のってないの?』と調べましたら、Numark のDJコントローラーが1万円以下で売ってたんよ。

しかし、『なんか、パッと見が好みじゃないなー…』と。

 

ここにきて、ひとつ気が付きました。

『もっと手が届きやすいお値段の…』って、これいつもやってる思考パターンだわ!って。

今、”世界は自分で創る”を実験中なんよ。そのためにここしばらく思考の転換とかやってたのに、以前と同じ思考パターンで行動してるやん!と。

気がつけたら転換をかけることができるから、こう考えてみました。

『それを見たときにニヤッと思っちゃうようなコントローラーってどんなのだろう?』って。

 

『白いコントローラーだったらかっこええな』って出てきたんよ。

DJコントローラーを検索してみると分かると思いますが、だいたい色は黒なんよ。

白、またはシルバーで検索してみたら、Vestax のspin2 ってのが出てきまして。

しかし、これがiPad、iPhone、iPod touch、Mac 用のコントローラーなんよ。しかも5年くらい前の製品なので、iOSデバイスへの接続がコネクターケーブルなんよ。ワタクシの手持ちのiPhone で使うにはLightning 30 ピン変換アダプタが必要。

『え?じゃあVestax の製品でWindows でも使えるのってないの?』と思い調べましたら、「Typhoon」ってのがあったんだけど、こちらも製造終了品(Vestax なくなっちゃったし)。

カラバリも黒、白、赤とあるんやけど中古で出回ってるのは黒か赤が多いかなー? しかも、なんかあんま心惹かれない・・・。

 

で、ここでもひとつ気が付きまして。

『自分で値段って制限をかけてないかい?』と。

まず現段階では「心惹かれる」とか「見ててウキウキする」とかってアイテムを探してるはずなのに、「(今の手持ちの金額で)手が届きやすいかどうか」って制限が入ってますよね?と。

じゃ、値段を気にしないでもう一度探してみよう!

で、目に止まったのがコレ。

ここまできて、いったん気持ちが落ち着いたんよ。

なので、いったん保留ってか放置に。←コレ結構大事

 

じゃ、「趣味DJやってみること」に対して何かアプローチできないのかな?と考えてみました。

趣味で簡単なEDMのDJをする方法を書いていく※プロの方はどうか読まないでくださいhttp://imlv40.hatenablog.com/entry/2016/03/01/144052

って記事をちょっと前に読んで、動画(やmix)を真似してみるって話が載ってたんよ。

じゃ、wego4 で動画あげてる人居ないのかな?と探してみたら、

こんな動画がありまして。『このMix けっこう好きだな〜』と。

 

あとこの時期かなー?有名なDJって誰がいるんだろう?と思って調べてみたんよ。

boiler room 聞いてみたり、EDM だったらこの記事読んでみたり。

ココらへんやってたときは、YouTube、SoudCloud、Apple Music をヘヴィロテで聞きまくってた希ガス(笑)。

Zedd やAvicii を知れたのはよかったけど、『これになるには、これをやらなければ』みたいな感覚に陥ってるかも!?ってある時気がついて、ここでも一旦止まってみたんよ。

”新しい音楽を探して聴くのが義務”みたいな感じになってきてて、『これは楽しくないな』と思ったんよ。

じゃ、今楽しくできることってなんだろう?と改めて考えてみたんよ。で、『外側ばかり埋めようとしてないか?』と思ったんよ。なんか勝手に『今はまだできない』みたいな感覚を持ってたような希ガス。

でもさ、上で埋め込んであるAlex Moreno の動画はiPhone 使ってるよね?ってことは、今持ってるiPhone でも何かしら出来るんじゃね?と思って、iOS で使えるDJアプリ調べたり。

でそれとほぼ同じ時期に『あれ?PCで使うDJ ソフトって今メインで使ってるPC のスペックで入るのかな?』と気がついて、DJソフトについて調べだしたり。

そんな経緯がありまして、「DJアプリ3種を使ってみた」って記事ができたのです。

この記事が書けた時に、ちょっと気分的に落ち着いてきたんよ。

 

ああ、そうそう。DJソフトにつて調べてたら、『あれ?私、linux 入ってるPC 持ってるよね? linux で使えるDJソフトも視野に入れてみてもいいかも?』って思いついてさー。

調べてみたら「Mixxxx」ってソフトがありまして。

で、対応コントローラーの一覧を眺めてたんですよ。そしたら、Vestax のtyphoonが入ってたんやけど、欄外に「一覧にないものはフォーラムで調べてみてね」みたいな文章(英語)が載っててさー。

コントローラーのボタンとソフトの機能を連携させるみたいなのをマッピングって呼ぶみたいなんやけど。で、世のオタクな人たちが世に出回ってるDJコントローラーとMixxx のソフトを連携(マッピング)してくれてるみたいなんですよ。オタク、すげー!

そんなわけでフォーラムを検索してみたら、「XW-J1」とMixxx(win版)をマッピングした人が居てさー。XW-J1 ってのは(アメリカの)CASIO から出てるSpin2 の後続機みたいでさー。「お!これはもしやSpin2 をwindows で使うのも可能なのか?!」と期待したのですが、そもそもXW-J1 はwindows で使える機種なのですよ。ちょっと微妙な感じなので、Spin2 を買う気になってたけど、またクールダウン。

 

で、しばらくしてまたDJコントローラーを検索してたんやけど、そんときにふと気がついちゃったんですよ。

『あれ?世界は自分で創るんやから、自分好みのDJコントローラーを産みだすことだってできるんじゃね?』と。えっとですね、「今あるものの中から選ぶ」ではなく、「こういうの!」ってのを創る(産みだす?)みたいなことすら出来るんじゃね?と。

もちろん現時点ではないかも知れないよ?

これってさ「自分の望みを知る(気づく)」をやって、現時点でそれが物質化してるものだったらそれに関する情報が「やってくる」って現象が起こると思うんよ。で、現時点で物質化してなければ、ちょっとお時間かかりますが誰かが作ってくれるって現象が起こるんじゃないかと(そして、その情報がやってくる)。

 

ってことに気がついたら、『あれ?もしかして、このカラクリに気がつくためにDJコントローラー欲しくなってたのかも?』って気がしてきたんよ(笑)。

要約すると、今現在類似品があるものに対しても「今あるものの中から選ぶ」じゃなくて「自分で創る」が出来るってことじゃねーかと。

 

Copyrighted Image