この音楽の流れはどこへ向かってどこに辿りつくんだろう?

話すと長いんだけどさ、去年の11月だったか12月ごろに「IDOLiSH7(略してI7)」って音ゲーをやり始めたんよ。

遡って思い出せるスタート地点はココなんよ。

めっちゃ「Secret Night」練習したわー(遠い目)。

 

「I7」やってたら、ゲームに出てくる先輩グループのTriggerの曲がよくってですねー。

一時期、ヘヴィロテでTrigger の曲を聞きまくってたんですよ。

あと、この時にフルボイスでゲームやるようになったんよ。

今までは「テキスト読めればいいんで、音声とか不要なんすけどー」ってくらいの勢いだったんですけど、フルボイス付きでプレイするようになったら、ボイス無しがなんか物足りない感じにw

 

そんなことがあったので、「I7」で気になった声優さんが出てるスマホゲームをDLしていくつかやってみてたんよ。

その中の一つが「A3!」。

 

「A3!」と「I7」をやるようになって、だいぶ最近の声優さんの名前を覚え始めたんよ。

そうだ、そのころに「Trigger のSecret Night」を見てしまって、「Trigger のCVやってる声優さんたちオモロイなー」と思ったんよ。

そんなことがあって、羽多野さんと佐藤さんのネットラジオを聴くようになり。

ここが3月か4月頃のことだったと思う。

 

そんな感じで9月くらいまで来て、9月に声優さんのシチュボイス一気聞きしてた時期があってさー。

なんかものごっつヘヴィロテで聞きまくったら、声優さんブームはなんとなく落ち着いてきたんよ。

で、そのころHappy ちゃん周辺の人たちのインスタライブもめっちゃ見てて。インスタだと、配信者がライブを保存しておいてくれると24時間見れるけど、保存されてないもしくは24時間以上経ったら見れなくなるんよライブ逃すと。で、ゆうつべさがしたらUpしてくれてる人が居たんで、そっからさらにヘヴィロテで聞いてたんよ。

でもさー、ワタクシ、あいぽん使ってるんですけど、あいぽんのゆうつべアプリって一般ユーザーはバックグラウンド再生が出来ないじゃん(chromeだと出来るって話をみかけたけど、わたしのあいぽんだとBG再生できなかったなー。2018年11月14日から日本でもプレミアムが始まりましたね。広告なしだったり、バックグラウンド再生が出来たりするらしいよ←かなり気になってるので調べた)。

そんなわけで、『音声メインで配信できるところでHappy ちゃんのインスタライブ音声をアップできないかな?』って思ったんよ。最初SoundCloud を調べてみたら無料アカで90分Up、有料アカだと6時間分とかだったような気が。「えー、ストレージの制限あるんだー」ってガックシきて、他にも調べてたら「spoon 」に辿りつきまして。で、普通にspoon 使ってみたら楽しかったと。

これが9月下旬くらいのこと。

 

で、spoon で配信してみたり、人の配信聞いてみてたりしてるんですよ。

10月入ってすぐくらいかなー? バイノーラル録音で配信してる人が居てさー。

 

バイノーラル録音とは

ステレオ録音方式の一つで、人間の頭部の音響効果を再現するダミー・ヘッドやシミュレータなどを利用して、鼓膜に届く状態で音を記録することで、ステレオ・ヘッドフォンやステレオ・イヤフォン等で聴取すると、あたかもその場に居合わせたかのような臨場感を再現できる、という方式である。

 

以上、ウィキペディア先生より引用。

 

これもさー、春~夏に声優さんにハマってたから、ちょうど「ダミヘ(ダミー・ヘッド)」を知ってたんよ。

Aさん、Bさんとお二人spoon でバイノーラル録音で配信されてる方を私は見つけたんやけど、

Aさんは色んな音を配信してるんよ。

Bさんはトーク配信がメインかな?

Aさんの配信が、後ろで流してる音楽の音がいいんよ。なので、めっちゃバイノーラル録音が気になってたんよ。

そんなわけで、バイノーラル録音とオーディオインターフェイスについていろいろ調べておりました。

 

バイノーラル録音のマイクはちょっと今すぐには買いにくいお値段だったので(わたし的には)、「今できることで、何かできないかな?」と思って調べてみてたら、あいぽんのミュージックでイコライザーの設定が変更できるってあいぽん10年くらい使ってて初めて知りましたw

 

そんなある時、Cさんって配信者さんが「コンデンサーマイクに変えたんですよ」って話をしてて。今まではスマホについてるマイクで配信してたけど、新たにコンデンサーマイクを買ってみたと。

配信中にデフォのマイクを使ったときとコンデンサーマイクを使ったときの両方で話してくれてて、コンデンサーマイクを使ったほうが音が全体的にキレイになってて、『おー!こんな方法もあるのかー!』と。

ちなみに、

 

・コンデンサマイク⇒スタジオでいい音で録りたい(感度が高い)、振動や湿気に特に弱い。比較的高価。ファンタム電源必要
・ダイナミックマイク⇒ライブで使いたい、丈夫で比較的湿度に強い

【今さら聞けない用語シリーズ】3分でわかる!コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違い おすすめマイク – Digiland (デジランド) 島村楽器のデジタルガジェット情報発信サイト より引用

 

スマホにデフォでついてるマイクでしゃべってたときは、ちょっと音がこもる感じだったんよ。Cさんの配信は。

 

そんなことがありまして、コンデンサーマイクも気になってみたり。

でも、冷静に考えてみて、今バイノーラル録音マイクをゲトしてもあんま使う場面ないしなーと。

だったらコンデンサーマイクのほうが面白いかも?と思ったり。

そんな話をよく聞きに行く配信者さん(仮にDさんとします)のライブ配信のコメに書き込んでみたら、数日後にDさんがコンデンサーマイク買ってたっていうw

これさー、Dさんがコンデンサーマイクの情報をゲトするのにわたしを通過させるのがベスト(一番手っ取り早かった)って感じの天の采配があったんじゃないのか?と思っております。Dさんの周りで今すぐにコンデンサーマイクの情報をもたらすことが出来、かつ情報をもたらした人もさらなる情報をゲトできる、両方にメリットがあったって感じだったのかな?と思う。だから私がコンデンサーマイクを欲しい気持ちになったのかも?って思うんよ、今にして思えば。

余談だけど、Cさんが配信に使ってたコンデンサーマイクだと音がよりキレイになる(音のこもりが減る?)感じがしたんやけど、Dさんが買われたコンデンサーマイクだとしゃべってる音(拾ってる音?)がより強調される感じがしました(配信してる部屋の反響とかも関係してるのかもだけど)。マイク一つでこんな感じになるのかーって勉強になった。Cさん、Dさん、あざす!

 

Aさんの配信を聞き始めたのと同じくらいにEさんの配信を聞きまして、boiler room ってのを知ったんよ。

boiler room についてはこの記事読んでくださいw

Djのプレイをライブ配信&アーカイヴってとこ。

いやー、今まで「DJ? ケッ、リア充爆発しろ」くらいに思ってましたがw

ほら、アルバムだと「Dj remix 」とかあるじゃないですか。あれがあんま好きじゃないんよ、わたしは。

でも、boiler room はおもろかったんよ。bonobo とsama’ は。あ、あとmoodman。

ワタクシ、エレクトロニックが好きなんですけど、boiler room にbonobo のdj set があってさー。bonobo はアルバムも持ってるので、「おお!これは聴かねば!」って感じでこれまたヘヴィロテで聴いておりました(笑)。

 

その後、自分で配信してたときにリスナーさんが「Apple Music 便利ですよー」って話をしてて。

その話を聞く数日前にspotify を登録してみたんやけど、無料版だと『どうもねー、いまいち』って感じだったんよ。

あいぽん使ってることもあって、Apple Music に登録してみたら、もう便利すぎw

 

珍しくプレイリストなぞも作ってみたりしてたんですよ。

で、プレイリスト作ってみたら、『曲のつなぎがもっとなめらかならいいのになー』って思ったんよ。

この、「なめらかに次の曲につなげる」のがそもそもDJのシゴトやんってことに気づき、『DJって意外に面白いのかもしれない?』と。

 

今、DJ始めるなら何が必要なんやろ?と思って調べてみたんよ。

昔はアナログプレーヤーでやってる人が多かったわけですが、今はアナログ(レコーダー)でやってる人ももちろんいると思いますが、PCDJ ってのがあるそうな。

PC に保存してある音楽をDJソフトとDJコントローラー使って流すって感じ?

じゃあ、DJソフトとDJコントローラーがあればいいのか?と思い、DJコントローラーを調べてみたら、バイノーラル録音マイクつきイヤホン(scenes のlifelike、1万2000円くらい)よか高いじゃん!

いつもの自分の行動パターンだと、

・とにかく手に入れたい→めっちゃ節約→一番安いの手に入れる

って感じなんよ。でも、それの「めっちゃ節約」の時期がほんとめっちゃ節約するんで辛かったりするw

で、ここで宇宙理論を思い出しました。

その時Amazonで出てた安いコントローラーは、色が好みじゃなかったんよ。じゃあ、『自分が気分上がるコントローラーはどれだろう?』って、お値段は無視してとりあえず探してみた。

気になるコントローラーがあったんだけど、型がけっこう古かったんよそれ。

それに似た感じのコントローラーは他にないのかな?って探してみたら、「おっ!」って目を引く感じのを発見。

『これ使ってたら、テンションあがるかも』と思いながらニヤニヤ眺めておりました。あと、お値段確認して、欲しいものリストに入れておいた。

 

次にDJソフトって何があるんだろう?って調べてみたんよ。

有名どころがいくつかあるんですけど。

DJソフト紹介記事の中で、「DJソフト&アプリ紹介」みたいな記事があってさー。

そういやiPad 持ってた時にDj アプリを何かの気の間違いでDLしたな…ってことを思い出して、app store で検索してみたら、スマホで使えるDJアプリってのがいくつかあるのね。DJコントローラーにつないで、またはアプリ単体でも遊べるヨみたいなの。

その中で、これを入手してみた。

 

edjing Mix

edjing Mix
開発元:MWM
無料
posted withアプリーチ

 

すでに「ミュージック」に入ってる音楽を読み込ませて、いくつか試してみたんやけど、おもろいな!

まだ、つなぎはきれいに出来ませんが、BPM を変えてみたりLOOP 入れて遊ぶとオモロイ。LOOP入れるのとか、音ゲーやってるみたいなんよ! まさかここで音ゲーネタに戻ってくるとは思わなかったw

I7やってた時も、exellent でタップできると一緒に曲を演奏してるかのような気分になれるんやけど、なんかそんな感じに近い。こりゃおもろいわー!と。

ってことで、今現在はedjing で遊んでるところです。

DJコントローラーはPioneer のDDJ-WeGO4-W が欲しいです。←去り際にアピールw

 

コメントを残す