宇宙銀行ってそういうことか

引き寄せの法則を最初に知った時に、「宇宙銀行に蓄えがあるんだよ」的な話を聞いたんよ。

これがようやっと腑に落ちてきた。腑に落ちるっていうか、その考えを利用できそうなところまできた?

 

そもそも、この世界には波動領域と物質領域だったり現象の領域があるってのが、その話の大前提にある。

で、人が何か望みを思った瞬間、波動領域ではそれが瞬時に叶ってるそうな。

でも物質領域では時差がある(?)ので、すぐにはかなわんのよ。ただ、自分の思考が波動領域と同じ場合は「ポジティブな気分」になるし、だいぶ違ってまっせって場合は「ネガティブな気分」ってサインが出る。

んーと、何かを考えた時、「それが望んでる状態」と「望みが欠けてる状態」ってのが同時に出てるらしいんよ。

多くの人は「望みが欠けてる状態」に意識を向けがちなので、それについて考えるとネガティブな気分になるって現象が起こる。

 

例えば「100万欲しい!」って思ったとする。別に「恋人がほしい!」でも「仕事に就きたい」とかでもええんやけど。

この「~が欲しい」って思った瞬間、波動領域ではそれが手に入ってるらしいんよ。でも、物質世界ではまだ起こってないんよ。

この「波動領域ですでに叶ってる」って部分が、宇宙銀行ってヤツのことらしい。

今、ハピちゃんの集合意識書き換えプロジェクトやってるから、「お金」で書いてこうかな。「お金」に関する「何か」を考えた瞬間、波動領域ではその望みが叶った状態がすでにある、で同時に物質世界または現象の世界ではそれがまだ叶ってない状態なんよ。同時に両方起こってるってのはそういうことらしい。

この時に、波動領域と同じように考えられた場合は「ポジティブな気分」になり、違ってると「ネガティブな気分」になる。

引き出す方法はどうやるのさ?って話ですが、引き寄せの法則は「同質のエネルギーは引き寄せあう」やん。波動領域で「すでに叶ってる」状態のエネルギーを物質世界ないし現象の世界でも感じれたら引き出せるんよ。

先に叶ったときの気分になるってのはそういうことやね。

 

で、思ったんだけどさ。

何かについて考えた時、「望みが叶った状態」と「望みが欠けてる状態」ってのは同時に発生してるらしいんよ。

ってことは、お金の問題が常にある人が「あー、支払いどうしよう・・・」って考えた瞬間、「望みが叶った状態(この場合は支払えてるって状態かな?)」も発生してるんよ。毎回思う毎に「望みが叶った状態」が波動領域では発生してるんよ。波動領域で発生してるってことは、宇宙銀行にまた溜めまくってるってことにならね?ww

ってことは、「あー、支払いどうしよう・・・」って思ったときに、『ああ、こんなネガティブに考えてちゃダメだ!』とか思わなくてもよくね?と。瞬間そう思っちゃったんだったら、『まぁ、ネガティブな思考を選択するのを今までやってきてたから、そう思ってもしゃーないよねー』って自己受容するって手もあるけどな。で、考えた瞬間にまた宇宙銀行には貯金してるんだから、『ひゃー!もう宇宙銀行の定期が満期になってるのにまた貯めちゃったー!あは』って思考(解釈)を選ぶのもありじゃね?と思った次第。

 

コメントを残す