やっぱり感情の22段階が好き(笑)

シンデレラプロジェクトの特別講座でハピちゃんと旺季しーちゃんの話は、微妙に指してる場所ってかその効果が違ってたんだー!ってことに昨日の夜に気が付いた品川です、こんにちは。

その話を書こうと思ってたんですが、その前に気になった話を。

 

さきほど偶然、このブログ記事を知ったんですよ。

金運アップしたい方必見! お金を呼ぶお札の話。
お金を呼ぶお札があるという話 あなたは知っていますか? おふだ、と読むのではありません。 おさつ、と読むほうです。 この話は私の友人、がねちゃんから 教えてもらった 「淋しがりやのお札」の話です。

へー、おもろい!と思って、さっそく自分の財布を調べましたよ!(笑)。

末尾が「5」はあったけど、続く英字は「X、Y、Z」のどれかじゃなかった。残念!

 

で、この記事を読んでくと下の方にシェアしてくれるとこれらのお札が来易くなるよ♪ってあったんですよ。

それを見て、『あれ?そういえば世にいうチェーンメールの類って、どこからチェーンメールになるんだろう?』って不思議に思ったんよ。

たぶん、最初は「これ面白いよ!楽しいよ!」ってところからスタートしてると思うんよ。もちろん、そうじゃないスタートもあると思うけどな(笑)。

それをシェアして広がれば、楽しみや喜びのエネルギーが広がることにはなるんやけど、どこかの段階で『これをやらねば!』とか『これやったら書いてある通りになるんでしょ!』ってのをちょっとでも入れた(というか入った)段階でチェーンメールになるんだろうな…、と推測。

『ぜったいこれやんなきゃ!(もしくはやらねば)』みたいなのって、それは執着が入ってると思うんよ。で、次に『これやったら書いてある通りになるのよね!』的なのは疑いも入ってると思うんよ。ベースにね。

それらって、最初の「これやってみたらおもろいよ!」からそーとー離れてると思うんよ。ネガティブ側に来てるって言うのかしら?

ネガティブな気分ってのは、「ソースからだいぶ離れてまっせ」ってサインなので、その気持ちが乗っかると起こる現実もそっちに引きづられると思うんよ。

なので、世のチェーンメールって「怪しいメール」的な扱いを受けるようになるんだろうな~と思います。

 

 

あと、余計なお世話なんだけど、元記事の「さびしがりやのお札」って表現もソースから離れてるね。

別にソースから離れててもええんやけどな。そこは選択の自由やしな

「仲間好きなお札」とかの方がよくね?と(私は)思うけど。

例えば人間でも、誰かと何かをするのが楽しいって人居るやん。寂しいから誰かと居る、じゃなくてね。

誰かと何かをするのが楽しいって、ポジティブやん。で、反対に寂しいから誰かと居るって、ベクトルがネガティブになってる気がするんよ。

ポジティブってのは、ソースに近いで~とか大きな流れに乗ってまっせーってサインだし、ネガティブってのはそれらからズレてまっせ~ってサインなので、ポジティブになる方を選んだ方がよくね?

 

あ!そだ。私の友達に人を引き合わせるのが楽しい人が居るんよ。そういう人ってfacebook の友達の数とか、私から見ると凄い数になってるんよ。

そういう人のところには自然と人が集まるやん。

「そんな感じのお札」と思った方が楽しくない?

 

あとさ、個人競技が好きな人も居れば団体競技が好きな人もいるやん。ソロプレイの方が好きって人も居れば、グループやバンドやオケで演奏する方が好きって人も居るしさ。

なので、このお札も「集まって大きな額になってから使ってもらうのが好きなお札」みたいに考えた方が面白くないですか?

お金はエネルギーって言うから、集まれば大きなエネルギーになると思うんよ。ってとこは、仲間を集めるお札は、大きなエネルギーを動かす下地を集めるものってことよね。

で、エネルギーにしても何にしても溜めこまない方がいいと思うんですよ、私は。

なので、使った方がええと思います。使いたいものがあるならね

 

 

コメントを残す