新クエストですか?

昨日の昼間にほけーっとしながらI7 とTRIGGER の曲だけが入ったプレイリストを聞きつつ数独やってたんすよ。数独好き。日本でいうところのナンプレですな

ぼけーっとしてたんですけど、その時にある人と飲みなのか食事なのか分からないけど、そういう席で話してるシーンが思い浮かんだんすよ。

で、私が相手に宇宙心理だったり感情のカラクリ(?)だったりの話をしていて、「そっからかよ!」ってツッコミ入れてたんですよ。

ツッコミ入れたシーンまできた瞬間、『いやいや、ありえねーし!』と思ったんよ。

 

思い浮かんだイメージに出てきた相手の人ってのは、そんなに親しくはないし私よりはるかに年上の人なので気軽にツッコミ入れるとか『ないわー』と思うんですよ。

でも、それについて再考してた瞬間、お腹が熱くなって足の裏にめっちゃ汗かくんですよ。

先週末にやってたアルファ版テストの時も、テストを含むもろもろのことを考えた時にめっちゃお腹が熱くなって足の裏の汗もめっちゃ出たんよ。

先々週くらいに体にそういう反応があったので、『あー、これはやっとけって反応じゃなかろうか?』と思ってやったんよ。

で、昨日イメージが浮かんだ時とそれについて再考してた時も似たような反応が起こってたので、『あー、これもやっといた方がいい案件?』とは思ったけど、それハードル高過ぎです

 

さて、こっから脳内会議が開かれまして。

百歩譲って、思い浮かんだイメージが未来のどこかの地点をダウンロードしてきたものだと仮定しますが、それは来週とか来月って近い未来ではなく1年とかもっと先の数ある未来の一つをDLしてきたんじゃないかと思ってみたんよ(この世界はパラレルワールドだって価値観を私は採用してるんでね)。そうすると、ちょっとハードル下がる気がしたんよ。

でも、やっぱお腹は熱いので、もうちょっと考えてみたんよ。

それでもまだハードル高いなーと思ったんだけど、そう思った瞬間には「でも、自分、ブロック解除できるよね?」って脳内から回答がきてたり。

そうだった、出来るんだった…。Orz

じゃあ、ちょっと紙に書いてみようと思って、そのイメージが起こるには自分がどんな行動をしたら起こるのか現時点の私が想像することを書き出してみたんよ。今これ書いてて思い浮かんだけど、自分が予想してる行動がそのイメージ内のシチュエーションに直結するとは限らないんだった。すっかり忘れてた。

書き出すことで、どこら辺が制限になってるのかより分かるんで。自分で自分のブロック解除する時って、こうやってまず最初に外したい制限が何なのか書き出して絞ることもたまにしてます

 

書いてみて出てきたのが、「いきなり連絡して怪しまれないか」とか「嫌がられないか」とか「そんなに親しくないしな」とか「なのに食事とかに誘うとか無理じゃね?」とか「そんな話は興味ないんじゃ」とかそんな感じ?

まぁ、それ全部思い込みだから。と自分に言いたい。というか、紙の上で自分にツッコミ入れてたけどな

さらに言えば、自分の思い込みをベースにして相手を勝手に判断してるよな…。ジャッジメントってヤツ?

ここまで書き出してふと思ったんだけど、その相手に連絡するかどうかはとりあえずどうでもよくて、「これらの制限を今外しとけよ」って話なんじゃなかろうか?と。

 

書き出すのが終わった時、『明日バイトも休みだから、明日やろー』って思ったんよ。

で、最近旺季志ずかさんのブログが気になってたんで旺季さんのブログを見に行ったんよ。

そしたら、今朝のインスタライブが~って話が書いてあって、インスタライブ見に行ったんよ。

意識が内に向いてるか外に向いてるかって話だったんだけど、私がピンときた部分は別のところで、全部が自分みたいな発言だったかなんかそんな感じのところ。

自分とかかわりがある人ってハイヤーのさらに上のオーバーセルフで繋がってるって話がベースにあるんですけど(詳しくはハピちゃんの動画見てね)、例えばイメージに浮かんだ相手の人が上に「この問題を解決したい」とか「解決策、何かないかな?」って質問を投げたとしましょう。

それをその人のハイヤーが拾って、さらにオーバーに投げたとして、オーバーはオーバーの方で「それに最適な回答は何だろう?どういう形だろう?」って考えた時、私のハイヤーに目をつけて、私のハイヤーから私にイメージという形で下りてきた…ってことがあってもおかしくないな。あくまで可能性の話だから

『あー、そういうこともあるかもなー』と思ったわけさ。ここまでくるとだいぶハードルは下がった感があったんよ。

でも、まだ連絡はしてませんw

 

たぶん、これは「制限外す」が今回のクエストの気がするんよねー。「たぶん、コレ、かなー?」ってくらいですけどね。

ってことで、たぶん今日中に外すと思います。

 

 

カテゴリー: 日記

コメントを残す

Copyrighted Image