感情の話

感情について、これ読んでくれてる人はどの程度ご存知なんでしょか?

私は自分で調べたりして多少知ってるかな? なので、みんなも同じくらい知ってるんじゃないかと思ってしまってることがあります。

ってことで、改めて書いてみようかと。

 

私、子供の頃に死ぬかと思った出来事があったんですよ。

人を怒らせて、死ぬかと思ったことが起こったんす。

それに関係してだと思うんだけど、怒ってる人ってのがめっちゃ苦手だったんすよ。

怒鳴る人とかも苦手ー。

 

その子供の時に、「苦しい」とか「助けて」とか「怖い」とか泣き叫んだんだけどさー自分の中では感情を出し切れてなかったみたいんすよねー(A)。

それ以降、似たようなシチュエーションに遭遇すると「怖いけど、大丈夫」とか「苦しい、我慢しなきゃ」みたいなことを心の中でやってしまうんよ(B)。

で、「人を怒らせて死ぬかと思った」なので、人の言動に対してビクビクするようになるしね(C)。

 

(A)のところで、「怖い」とか「苦しい」とかって感情を感じ切るのが足りなかったんですよ。なので、自分の体に残ってたんよ。

(B)は、蓋をする心の癖がついてしまってたので、「怖いけど、大丈夫」みたいにまた蓋し始めるんよ。

(C)は、ある感情を感じ切る(解放する)をしてないので、それに対してまた同じように反応してるだけなんすけどね~。「人の言動に対してビクビクする」という事柄だけ取ると、なぜそれが起こるようになったのかって原因は人それぞれ違うとは思いますよ。念のため。

あー、この出来事は他にもあったから例としては分かりにくいかも・・・。←ここまで書いといて今更かよ!

 

で、この1~2年くらいのんびりとこの時の「怖い」とか「苦しい」って感情を解放してったら、怒ってる人や怒鳴ってる人が以前ほど気にならなくなったんよ。

「あー、やってるな」くらいに思える時もある。

これね、同じような反応しなくなるってのは。

 

 

ちなみに、その残ってる感情を解放しても「感情」自体はなくなりませんからね!

てか、「感情」は自分専用のナビシステムなので、あったほうがいいよ。

あとね、例えば「辛い」を感じたくないって締め出すっていうかシャットアウトすると、もれなく「楽しい」も分からくなりますw

どうもね、「この感情だけ感じたくない」ってことは出来ないみたいで、「感情を感じるか、感じないか」の選択しかできんみたいなんよー。

 

 

さて、「感情解放」と私は読んでますが、それって平たく言うと「感情を感じ切る」ってことです。

「感情を感じ切る」って何?ってのは、例えばさ、失恋してめっちゃ悲しかったとしましょう。

で、気が済むまで泣き続けたとしましょう。

そすると、ある地点で「なんかスッキリしたかも」とか、何となく気分が切り替わるポイントに辿りつくと思うんすよ。

そこが「感情を感じ切った」って地点です。

 

 

「蓋をする」ってのは、例えば職場の同僚に仕事が遅い人(Aさん)が居るとします。仕事が遅い人に対してイラッとする人(Bさん)が居たとします。

また今日もAさんは仕事が遅くって、BさんはAさんの仕事ぶりを見ては「イラッ」としますが、頭の中で『いや、あの人も頑張ってるんだし』とか言い始めるんよ。

この「いや、あの人も頑張ってるんだし」ってのは確かにそれはそうなんだろうけど、今その瞬間に出てきたBさんの感情は「イラッ」の方じゃん。

「イラッ」って感情を、脳内独り言というか脳内会話ってか脳内で「あの人も頑張ってるんだし」とか言って蓋するんよ。

「蓋する」ってそういうことね。

ちなみに、こういう時って「チッ」って舌打ちするくらいで感情が出し切れる(感じ切れる)時もあるし、カラオケボックスとかで「あいつが仕事遅いから私の仕事が増えるんだよ(# ゚Д゚)」とか怒鳴る(大声出す)と出し切れるかもしれんし、まぁいろいろなんすけど。

この「イラッ」がそもそも何から来てるかにもよるんやけどな。「自分の仕事が増えるのが嫌」って思いが深層にある場合、上記のように仕事遅い人が居て自分の仕事が増えると「イラッ」とするし。「仕事は早く効率的にする」って観念がある人は、その観念と違うことをしてる人をみると「イラッ」とするしな。*観念…物事について抱く考えや意識

で、このそもそもベース(深層)に何があるのかってのは、感じ切ると分かったりする場合もあるし、ベースに何があっても「仕事遅い」に対して気にならなくなったり(イラっとしなくなったり)するし。

 

 

なんか話がまとまらなくなったけど、こんな感じです。

また書きます。

 

 

コメントを残す