なかったことにしないトレーニング

 

寒いですね。

東京都内は雪に弱いね。

 

んなことはどうでもいいんですが。

 

 

ワタクシ、愚痴や不満ってのを速攻でなかったことっていうか蓋してしまいがちなんですよ。

ほら、愚痴や不満だけ言ってても生産的じゃないじゃん。←これも一つの思い込みでしかないケド

なので愚痴や不満が出てくると速攻で蓋してるんよ。

 

今よく行ってる単発バイトで遭遇する人の中に、あった瞬間『なぜかこの人を見るとモヤモヤする…』って感じた人が居たんよ。

『何に(どの部分に)ひっかかってるんだろう?』ってずっと考えてたんですよ。

で、あるとき気がついたんですが、その人は要領がいいんですよ。

 

以下最近気がついたことなので理論的に説明できませんが、とりあえず書いてみる。

まず、

A アイツ、自分だけラクして(重いもの持たないとか、面倒なのやらないとか)ずるくない!

B Aが自分の中で出てきてるのに、その感情に速攻で蓋するので「何かモヤモヤする」としか感じない

C その人は仕事をしてないわけではないし、そもそも仕事早いし←これは思考

 

こういう感じの流れが本当はあるはずなんだろうけど、Aに蓋しちゃっていきなりCに行こうとしてるんよ。わたしは。なので余計モヤモヤする(笑)

別にCにいきなり行ってもいいんだけど、その瞬間出てきてる感情(というか本音?)は「あいつだけラクしてずるくない!私も重い物持ちたくないし、辛い態勢の作業したくないんですけど!」なんよ。

 

なので、オウチに帰ってきてから『あいつズルいー!(きー!!)』って感じで、キレてみた(笑)。

あ、ちなみにその出てきた本音を相手に伝えるかどうかってのは、また別問題だとわたしは思っとります。別に大半の事は伝えなくてもいい話だとも思うし。だって要は「自分がどう感じてるか」なだけだし、それって今回気がつけなかったらまた相手を変えて起こる話だろうから。

そしたらねー、『いやー、そんな嫌な役回りやってくれてありがとー』とか思えてくるんよ(笑)。

あ、その人の人間的な部分でなくて、魂の部分に対してって感じでしょうか。

 

ハピちゃんが何かのセミナーで言ってたような気がするんだけど、「自分の内側から出てきた感情は神様の声だから大事にしてね」ってことを言ってたと思う(ハピちゃんじゃないかもだけど)。

それは怒りだとか嫉妬だとか憎いとかそういうネガティブな感情でも。出てきたってことは、「今それ出すタイミングやで」ってことなんよ。だから大事にしてねってことだったと思う。

その話が今回のことでめっちゃ腑に落ちたんよ。腑に落ちたというか、しっくりきた?

 

 

ここまで辿りついたら、最近の懸念事項に対して全然別の考え方が出てきたんよ。上記に書いてたこととは全然関係ないことだけど

『あれ?こう考えることは出来ないかな?』って感じで。

それって、『ここの部分、どーにかなんないのかな?』って考えてるときには全然出てこなかった考え方で、しかも『何そのひっかけ!』みたいな感じなんよ。一字違うだけで、だいぶ内容が変わってきますみたいな感じか?

あれですね、「日々思ってること」と「自分の望むこと」ってのは違うって差と似てる。どちらも「思い」って表現できる(言える)ことなんだけど、中身的には相当違うよね。

 

まあ、その新しく出てきた見方ってか考え方が上手くいくかどうかは分かりませんが、「選択肢が増えた」ってことは確実に言えますね。

ってことで、新たに実験してみたいと思います。

 

 

カテゴリー: 日記

コメントを残す

Copyrighted Image