「サーカディア」だった

 

そだ。昨年、ゲーム好きって記事を書いたときに、『何か抜けてる…。てか、タイトルが思い出せん』と思ってたゲームがあるんですよ。

サーカディア」でした。

 

思考は実現するって話は、たぶんこのゲームから知った気がするけど、どうだったろう?

ストーリーは、

海底都市ブルージェネシスに怪物・ナイトメアの噂が流れる。それは世界崩壊の予兆をはらんだ真実だった。謎の生命体と合体後、覚醒する。覚醒後、戦う力を持った高校生・片山弘樹(主人公)は自分と同様に覚醒した仲間を謎の生命体とともに探すが…

 

ってことで、詳しくはwikipedia 見てください。

 

アドベンチャーモードだったかで、物理部の実験のシーンがあったと思うんだけど。

実験に関わってる人たちの中で、「成功する」と思ってる人が多ければ実験は成功するし、「失敗する」と思ってる人たちが多ければその実験は失敗する…みたいなセリフがあるんですよ。

これってたぶん、量子物理学の観測者問題のことじゃないのかな?と思うけどどうでしょ?

 

 

思い出したといえば、この動画。

動画のタイトル覚えてなかったから検索するのが面倒で、今まで探してなかったw

 

 

『こういう考えもあるそうだよ』ってことで、どぞ。

物理ネタ(?)続きってことで。

 

 

コメントを残す