タスクとプロジェクト 物事を細かく分けてみること

 

 

Photo by Elli O. on Unsplash

 

たぶんライフハッカーのブログに載ってた話だったと思うけど(うろ覚え)、「タスク」ってのは比較的簡単にできる作業のことで、「タスク」がまとまったのが「プロジェクト」になるそうだ。

例えば「カレーを作る」はプロジェクトね。

人によってはタスクかもしれんけど(笑)。

 

料理をし慣れてないとかカレーを作るのが初めての人がカレーを作ろうとした場合で考えてみましょう。

まず、「どういうカレーを作るのか決める」から始まりますよね。

スーパーで売ってるカレールーを使ってビーフカレーとか、ちょっとこだわってインドカレーとかグリーンカレー作っちゃおうかしら?とかさ。個人的にはバターチキンカレーが好きですが、最近マッサンカレーも好き

 

で、次に

・カレーのレシピを調べる

 

それも

・レシピサイトで調べる

のか

・本で調べる

のか

・誰かに聞く

のか

・カレールーの箱裏に書いてあるレシピを参照する

のか、選択肢はいろいろありますが。

 

レシピが分かったら、

・食材があるか確認する

→・不足している材料があったら買いに行く

→・不足してる材料があるけど、そのまま作る

と続くわけですよ。

 

次に下ごしらえがあると思いますが、これも「タスク」として見ていくと、

・材料を計量する

・野菜を洗う

・野菜を切る

・肉を切る

みたいに分かれていくと思うんよ。

 

あと煮るって感じですか?場合によっては、事前に肉を炒めるとかあるけど。すんません、めんどくさくて最後一気に飛ばしました

 

 

で、何が言いたいかと言いますと、何かを始めようと思ったときに「プロジェクト」で考えてるとちょっと大変よ、ってことです。「タスク」で考えると、比較的ラクよーってこと。

今までやったことがないことをやろうと思ったとき、最初の一歩だったり一歩一歩を小さくしておくと比較的取り掛かりやすいっすよーってことです。

いきなり全部完璧に!とか思うと、腰が重くなるやん。

『とりあえず、ここらへんくらいからなら出来るかな?』ってところくらいからやってみると、やりやすいかと思います。

 

人によっては、この「細かく分けて考える」ってのが苦手な人も居るかと思います。

そん時は、出来そうな人に聞くか相談してください。

自分で全部やらなきゃ!ってなると、それも大変だと思いますので。

 

 

カテゴリー: tips

コメントを残す

Copyrighted Image