世界は自分で創る

その法則はここにも適用されてたのか…

投稿日:

 

以前、こんな記事を書いたんスよ。

letter お返し
  貴女は人から何かプレゼントを頂いたら、お返しするの気が重いって言ってましたね。   わ&

 

ざっくり言うと、情けは人の為ならずって話です。

 

上にリンクした記事は、プレゼントとお返しを元に話を進めてますが、

これってそれ以外の事でも当てはまるのかも?!

 

とは言っても、現実でそういうことが起こって分かったわけではなく、理論的に『ああ!そゆうことかも?!』ってひらめいたハナシですが。

 

 

どこでハピちゃんが話してた話だったかなー?

今年のシンデレラプロジェクトがぶっちゃけめっちゃ赤字だったって話は。でも、ハピちゃんが、「あれは自分の”こうだったらワクワクする!”を詰め込んだ」って言うてたんよ。

だから、プロジェクト自体は赤字だったけどそのあとの支払いは無事払えた、ってことが起こったって話をしてたんよ。

 

で、ですよ! これって普通に日々の仕事の話でも言えるんでないの?と思ったんよ。

エネルギーワークのサービスについて考えてて「こういうことかも?!」ってひらめいたので、エネルギーワークのサービスを例に書いてきます。

ぶっちゃけて言えば、エネルギーワークだったり占いだったりカウンセリングやコンサルって「言い値」でいいわけよ。この値段で売りますって言ったもん勝ちじゃないや、言った値段になるわけですよ。相場みたいなのはあるかもですが、無視も出来るわけですよ。言うのは自由だから。申し込みがあるかどうかはまた別問題ね。

あ、あとどっかの協会に所属してる人などは「この値段でやってね」みたいなしばりはあると思いますが。

 

例えばあるエネルギーワークのサービスを提供しました。カウンセリングでもコンサルでも原価がないもんなら何でもいいんだけど

あなたがそのサービスを行うのががめっちゃ楽しいとか、めっちゃ好きだったとします。

お値段も自分が「この値段なら買うな!」って価格だったとします。で、ここで多少利益が少ないとか赤字だったとしても、「自分がこの値段なら買うな!」と思える値段だとします。

それって最初に出してるエネルギーが「喜び」のエネルギーじゃないですか。ってことは巡り巡って「喜び」のエネルギーが自分にも返ってくるってことよね?(この世には引き寄せの法則が働いてるから) その「喜び」は、お金というカタチか、人との出会いってカタチか、はたまた全然違うカタチかもしれません。

とりあえず「出した量と同等、もしくはそれ以上」で返ってきます。宇宙は拡大・膨張・繁栄などがベースになってるから あ、「エネルギーが」ね。

だから目の前の人から返してもらおうと躍起にならんでも大丈夫(o^-‘)b グッ!

↑これが最初にリンク貼った記事に繋がります

残念ながら、その「返ってくる」が何時なのかは宇宙にしか分からないんですが…。

何が言いたいかというと、目の前の人(ないしサービスを受ける人)からエネルギー(この場合はつけた値段と同じお金というエネルギー)を返してもらわんでも、出したエネルギーが付けた価格(というお金のエネルギー)以上のものだったら、巡り巡ってどっかでどのような形になるかは分かりませんが返ってくるはずです、ってことです。

 

自分が「この価格なら買いたい!」って値段だったら、一般的にみて高かろうが安かろうがどっちでも大丈夫なんじゃなかろうか?と思ったんよ。

エネルギー的観点で言えばね。

 

ってことをゲームを20時間くらいぶっ続けでやった結果得た考えでした。

 

 



ブログ村のランキングに参加しています♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村



-世界は自分で創る

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

no image

感情の22段階 その2

  そだ、前の記事書き終えてから思い出したことなど。     例えば、引き寄せの法則で有名な本と言えば「ザ・シークレット」!     この本を読んです …

no image

ダリルの「ファーストコンタクト」見たよ

  FIRST CONTACT documentary from First Contact on Vimeo.   バシャールをチャネリングしてるダリル・アンカのドキュメンタリー …

ここ1ヶ月のこと 2

この記事の続き。   エイブラハムは「いい気分でいろ」って言うわけさ。 Happyちゃんも「ほっとするや心地いいを選択する」ってさらに説明してくれてるわけさ。それはポジティブである必要はない …

ブラ師匠、すげー!…からの、世界ってこうなってるんだ! 2

  ハピチャンネル7回目で、ハピちゃんが「自分はプレイヤーじゃなくて、プログラマー」の話をしてます。 これって引き寄せ界隈でよく言われてる「映写機とフィルム」の話なんですが。 自分が映写機で …

no image

宇宙ナビシステム

例えば、「宇宙ナビ」ってナビゲーションアプリがあったとします。 アプリの説明には「あなたにベストなルートで案内します!」ってあります。   Aさんがこのアプリをダウンロードして使ってみました …



スポンサーリンク





follow us in feedly

Copyrighted Image