いい気分に戻せるツールを増やす

 

最近MARVEL の「エージェント・オブ・シールド」をよく見てたんですよ。

アメリカのヒーローものを出してるコミック出版社のMARVEL のドラマなので、ヒーローものかと思ってたんですが、もう疑いと恐怖と心配ばっかなの!

 

同じチームのメンバーだと思ってたら敵のスパイだったり、敵のスパイを辞めたと思ったらそう見せかけてるだけで実はやっぱりまだスパイしてただけだったり。

エージェントの階級によってはアクセスできない情報があったり、しかもそれに関係する任務でも階級が下のエージェントは説明してもらえなかったり、そりゃー不信感や不満も溜まりますって。

ただ、こないだの「ファーストコンタクト」の話じゃないけど、それぞれの心持ちっていうのかしら、それがまだ疑いや恐れの感情を常に出してる状態の人だと未知の知識だったり未知の生物だったりって受け入れにくいですよねー。とどのつまり「エージェント・オブ・シールド」でも、そういうエージェントには情報を流さない方向なんだけど、その説明もないので不満が増えるんよ。なんかもう悪循環スパイラルなのですよー。

もう光はないのか…?と思うんだけど、シーズン2のラストまで見て、フィッツとハンターはわりと「心に従う」って感じで行動してるので、そこが救いかなー。あ、スカイの家庭もなんとか落ち着いたしね。メイ姐さんもシーズン2のラストには、かなり変化してたな、そいや。

 

で! そんなドラマを見てたので、自分でも勝手に『なんだかな~』って気分になってたんよ。

それって、「自分の喜びにフォーカスしてる状態」では無いよね

なんとなーくダラダラ見続けてしまったんですが、いつ良い方向にみんなが転換するのか気になったのもあるんだけど、楽しくないんよ!なのに見続けてるのよ!←私はこれ、わりとよくやりがち

 

『これはよろしくないゾ!』と思って、とりあえずハピちゃんのセミナー音声聞きつつゲームしてたんよ。

ハピちゃんのセミナー音声で、「生きる目的は喜びだ」とか「いい気分でいるのが大事」とか「心地いいを選ぶ」とかって話を、しつこく言ってくれるわけですよ(笑)。

私は影響受けやすい人なので、ハピちゃんのセミナー音声聞いてると『あ、そうだよね。心地いいを選ぶんだよね。それやってなかったよね』って感じで思考が変わってくるんよ。思考が変わると気分も浮上するんよ。

ってことで、今現在ちょっと浮上。

 

で、ふと思い出したんだけど、自分が「心地いい」とか「気分が上がる」(要はボルテックスに戻る)ツールも、モノによっては間を開けずに何度も使ってると飽きるんよ

先週、「気分が上がる曲」プレイリストをヘヴィロテで聞いてたら、飽きたんよ。残念なことに。

その前も、ハピちゃんのセミナー音声も何十回も聞いてると、『ちょっと(聞かなくても)いいかな…』ってタイミングがやってくるんよ。

そーゆー時のために、自分が「ほっとする」とか「心地いい」とか「気分がちょっと上がる」とかってツールは、どんどんストックしといた方がいいな~と思います。

 

 

カテゴリー: 世界は自分で創る

コメントを残す

Copyrighted Image