こないだの転換

 

鰻食べに行く日の前夜、ウチの地域はめっちゃ雨降ってたんですよ。

天気予報見たら、翌日の午前中も小雨で最高気温も20度行かないの予報だったんよ。

 

この現実を見て、『あー、明日雨(の予報)だ。嫌だなー。雨だったら、行きはバスかな? バスの時間って何時だっけ? 雨だったら、多少濡れてもいいバッグと靴かなー』ってまず思ったんよ。

そしてバスの時間も確認してました!

 

でも、これって「嫌だなー」って思う現実にフォーカスを当てて行動してるんよ。

ってことに気がついたので、『おーっと!ちょっと待てよ』といったん一呼吸おいてこう考えてみたんよ。

『晴れてたら暑いかもしれないので、とりあえず出かける時に、小雨か雨が止んでたらいいな♪ 最高気温ももうちょっと上がってると嬉しいな♪』みたいな感じ。

 

そう考えて寝たら、翌日出かける時には雨も「もうすぐ止むかな?」ってくらいの小降りになってて、両国駅着いたらほぼ止んでたんよ。

門前仲町に着く頃には、上着着てたら「暑っ!」てくらい天気も良くなってた。

 

「こうなったらいいな♪」ってのも、いきなり大きいところからやろうとすると、抵抗っていうか『そんなん、起こるわけないじゃん!』とか出やすいと思うんだけど、こういう上手く行こうが行かなかろうがぶっちゃけどっちでもいいようなところから始めると比較的ラクに叶いやすいと思う。で、この「比較的ラク」ってときの気分というか心持ちというか、そこが一番のミソで、力んでないから叶いやすくなると思うんよ。

 

 

コメントを残す