ブラ師匠、すげー!…からの、世界ってこうなってるんだ! 2

 

ハピチャンネル7回目で、ハピちゃんが「自分はプレイヤーじゃなくて、プログラマー」の話をしてます。

これって引き寄せ界隈でよく言われてる「映写機とフィルム」の話なんですが。

自分が映写機で、起こってる現実ってのは見てるフィルムなんだよって話ね。

 

 

7回目の最初の方で、こういう図をハピちゃんが書いてるんだけど。図が汚いが、そこは気にしないでくれ!

これについて色々考えてたら分かりましたよ!!

自分の人生ってのは、自分が主人公のドラマなり映画なりゲームなんよ。

で、親とか友人とか恋人とか子供とか上司とかメンターなんかは上の図の右側にしか登場しない脇役なのよ。どんだけ発言力や影響力があろうとね。

でも、自分は主役もやってるけど、上の図の左側の監督席ないしプロデューサー席に行けるんよ。実は。

ただ、多くの人はこの理論(ってか考え方?)を知らないので、自分が主人公の映画(いくつも書くのめんどうなので、「映画」ってことで以降進めます)に自分が出演してるのはわかってるけど、監督席には神とか権力がある人とか発言力がる人が座ってると思ってると私は推測します。だから、あの人がこうしたらこっちはこう動いて…みたいにやりがちだし、人と比べたりしがしなのです。

自分の人生に現れるどんだけ凄い人だろうと、その人は自分の人生って映画の中では単なる脇役の一人でしかないんよ!

反対に、友達が見てる人生って映画の中では、自分は単なる脇役でしかないんですよ。

ここが分かると、ハピちゃんの「幸せの教科書」で言ってる「データ、もーらい!」が分かりやすくなると思ふー。

 

で、色々考えてたんですけど、この上の図にある左側の自分ってのは、ハイヤーセルフだとか魂だとか内なる存在だとかソースと繋がってる自分ってのも含めての自分だわ!ってようやっと分かったんよ。

あ、ハピチャンネルのオーバーソウルの回(8月の6回目のヤツ)で言ってたっけ?

 

だってね、上の図がこの世のルールだったとしたら、世界は自分で創ってるってことでしょ?

あ、ちなみに上の図の右側に意図的に登場させるには、「意識する」と出てきます。

だから引き寄せの法則関係の本なんかでは「望みを明確にしろ」って言ってるんだと思う。

 

でも、顕在意識の自分にとっては「嫌だな」と思うことって起こるじゃない?

『それって何なんだ?』と思ったんよ。

自分で創ってるけど、顕在意識の自分にとっては「起きて欲しくない」とか「嫌だな」って思う現象が起きてる。『それって、本当に世界は自分で創ってるのか?』と思ったんよ。

で、ここでも「あれ、まてよ?」と思ってみました。

ハイヤーセルフ(複数書くのめんどうなので、以降この言い方で進めます)も制作に介入してると筋が通るんよ!

前の記事でも書きましたが、まず頭に置いといてもらいたいのが「物事は良い方向にしか向かってない」ってこと。

自分の本質というか、内なる存在と調和するようにいろんな物事は起こってます。

だから、一見「(人間の今までの考え方で言う)嫌な出来事」ってのが起こるんよ。

 

余談だけど、前に私がやってた四柱推命でも天中殺って時期があるんだけど。

その時期って、一般には病気やケガをしやすい時期って言われてるんよ。

でもね、よくよく考えると、病気や大ケガってくらいインパクトのあること起こさないと「本質からズレてまっせー!そっちじゃないよー!!方向転換してねー!!」ってメッセージが伝わらないやん。

だから、私は(人に寄っては)強制的に軌道修正が入りやすい時期って感じでお伝えしてたと思う。余談終わり。

 

ハイヤーな自分も含めて、世界は自分で創ってるんよ。

だから、「コイツ、むかつくわー」って人が自分の世界に表れた時、「あれ?何でコイツ出てきたんやろ?」って考えると、ハイヤーセルフの部分が「自分の世界(自分が主演の映画)」にソイツを出させたんじゃなかろうか?と推測出来るわけですよ。

で、ハイヤーセルフは、本来の自分に戻るように物事を起こすんよ。

ハイヤーセルフは、自分がこの人生で「こういうのやりたい!」とか「こういう経験をしたい!」ってブループリント(魂のプランでも呼び方は何でもいけど)を知ってるので、それを達成させるために全力で動いてるけど、顕在意識の自分はそこらへん忘れちゃってるんよ。なので、こういう(一見すると)ズレが起こるんよ。

ムカつくソイツが自分の映画に登場したとき、「あれ?何でコイツ出てきたんやろ?」って考えてみて、自分が一番しっくりくると思った考えが、ソイツが出てきた理由だと思います。

 

あとね、ハイヤーセルフは自分のブループリントを知ってるって書いたじゃないですか。

自分ってのは、そのブループリントをやるのにベストなものを選択して生まれてきてるんじゃないかと思うんよ。それは時代とか親とか生まれた土地とか生年月日とか、自分ではどうにもできない部分ね(私はこの部分を宿命と呼んでます。ちなみに、宿命は変えられないけど、運命は変えられると思っとります)。

あと、何が好きかとか、何に興味を惹かれるかってのも、ハイヤーセルフが関わってると思うんよ。

何が好きとか何に興味を惹かれるってのは、突き詰めれば自分が生まれる前に決めた「ブループリント」をベストな状態で経験や達成するのに関係してると思うんよ。

だらか心の声に従えば上手くいくって言ってるんよ!たぶん。

心の声ってのは、自分の「好き」とか「あれしたい」だったり「これ興味がある」だったりってことね。

 

 

文章では今んとこ伝えにくいんですが、以上が土曜のハピチャンネル見て気がついたことです。あー!言いたいことがうまくまとまらないー!!

この視点で考えると、世界が180度変わるんよ。

まぁ、でも一度その視点に辿りついたと思っても、またすぐに顕在意識の人間視点に戻ったりしますけどねー(笑)。

ただ、一度辿りつけたので、今のところは『また(その視点に)行けばいいや、たぶん行けると思うし♪』と思っとります。

 

 

カテゴリー: 世界は自分で創る タグ:

コメントを残す

Copyrighted Image