name your price って何なのさ?

 

アバンダンティア・アバンダンス・レイのヒーリングの料金に「name your price」と書いてありますが、『それって一体何なのよ?』と思いの方もいるかも??

ウチのあいぽんに入ってるロングマン英和辞典によると

name your price

≪話≫希望の値段を言う

となっとります。

載っててビックリした。

 

アバンダンティアのヒーリングの申し込み記事にも書きましたが、「あなたが買いたい値段を入れてネ♪(1,000円もしくはそれ以上の金額で)」ってことです。

 

 

そもそもはレディオヘッドが行った

「自分で好きな値段を指定して音楽を購入する」という販売形式

です。

Bandcamp がこの売り方を設定できるので有名。

ここ数年で日本の楽曲シェア販売サービスでも使われ始めてきてるみたいですが、まだまだ知名度は低そうな希ガス。

 

name your price については、この記事がわかりやすかった(日本語の記事です)。

 

 

 

さて、アバンダンティアのヒーリングですが、あれは特に豊かさに関してのヒーリングです。

アバンダンティアのヒーリング自体もパワフルなんですが、その前にご自身が『”金額に対する思い込み”があるなら気づいてもらうのもアリかもー!』と思ったんよ。

 

 

私の例でいきますが、数年前にbandcamp でミゲール・ロドリゲスさんのアルバム買ったときに「〇 EUR またはそれ以上」ってあって、『何この表記?』と悩んだんよ。

xmz のアルバムだっけかなー? 誰のアルバムか忘れたけど、「name your price 」ってあって、『なんじゃそりゃ?!』と思ってめっちゃ調べたんよ。

先に述べたように name your price は「金額は自分で決めろ」ってことなんですが、まぁいろいろ出てくる訳ですよ。

『幾らでもいいってことだろうけど、これで無料DLしたらケチじゃない??汗』…みたいなのがさ。

売ってる側は「(無料DLも含めて)いくらでもいいよ!」って言ってる訳ですけど、自分の中で『無料DLしてったらケチって思われるんじゃ…』って思い込みがあると、こういう時に出てくるわけですよ~♪ 出てくるっていうのは、脳内会話というか脳内独り言で出てくるってことね。

 

ってことで、アバンダンティアのヒーリングを申し込まれる方も金額書き込むときに『この金額書いたらこう思われるのでは…?』って思い浮かんだら、それはあなたの思い込みです

そういう思い込みがあるかどうかを知ってもらうためにも、name your price にしたんですもの~♪

無きゃ無いでいいと思うんよ。あった人は、『あ、こういう思い込みがあるんだ』って気に留めてもらえればいいかと。そこから設定変更(思い込みを変える)するかどうかは、各自の自由です。

 

ちなみに、1,000円ぴったりの金額にしてくれた人も、それ以上の金額にしてくれた人もヒーリング内容は一緒です。

ただ、私の個人的感情により1,000円より多い金額にしれくれた人には、より気合が入るかもしれませんが(笑)。

 

コメントを残す