感情の22段階 その2

 

そだ、前の記事書き終えてから思い出したことなど。

 

 

例えば、引き寄せの法則で有名な本と言えば「ザ・シークレット」!

 

 

この本を読んですぐに望む世界を創れるようになる人って、推測するに「感情の22段階」の1~7あたりに居れる人じゃないかな?と思う。

感情の22段階はコレね。

1 喜び、智恵、充実、自由、愛、感謝
2 情熱
3 熱意、やる気、幸福
4 肯定的な期待、信頼
5 楽観
6 希望
7 満足
8 退屈
9 悲観
10 不満、苛立ち、焦り
11 戸惑い
12 失望
13 疑い
14 心配
15 非難
16 落胆
17 怒り
18 復讐
19 憎しみ、激怒
20 嫉妬
21 危機感、罪悪感、自己卑下
22 恐れ、悲しみ、落ち込み、絶望、無力感

 

14(心配)や13(疑い)の感情が常にある状態の人だと、ちょっとシフトチェンジするのに時間がかかると思います。

21(危機感など)や22(恐れや絶望感など)の感情が常にある状態だと、拒否反応が出ると思います。

あれよ、怒りに満ちてる人に「感謝するといいよ」とか言っても、「はぁ?!何言ってんのよ!」って反応になると思うんよ。エネルギーが違いすぎるからね。

 

 

で、段階の上に上がってく方法ですが、平たく言うと出し切ると上がる

例えば失恋したときとか、しっかり悲しみ切ると浮上してくるじゃないですか。思いっきり泣くとかさ。

そこまで大きいものでなければ、前の記事に書いたように「ほっとする」とか「ちょっと上がれる」アイテムを使っても上がれます。まめにやってるとこっち(「ほっとする」とか「ちょっと上がれる」アイテム)だけで上がれるようになってくる気がします。

 

そもそも自分が今現在どの地点に居るのか分からない場合、休むとか緩ませるとよかかと思います。

休むは普通に寝とけって話なんですが。

めっちゃ無気力なときって、「何にもしたくない…」になってると思うんよ。そういう時は、無理せずゆっくり休んでください。ちなみに22あたりは生命力みたいなのも落ちてるので、「何か行動したい!」みたいなことすら思わないと推測します(てか、過去の自分がそうだった(笑))。なので、まずはゆっくり休んでください。上がってくると行動力も出てくるので、それからです。

 

緩ませるはそれこそいろいろ方法があると思うので、自分でやってみて自分に合った方法を見つけるとよいかと思います。それこそお股カイロだったりふんパンだったりよもぎ蒸しだたりマッサージや整体だったり温泉だったりヒーリングだったりアロマだったりカラオケ行くとか、いろいろあると思うんよ。

あと、感情開放もよかですよ~。自分の感覚に敏感になるにはもってこいです。まあ、好みがあるから、すべての人に良いとは言いえないけど。

 

で、ですね。

1~7あたりに行くと、14とか13あたりに居る時では考えつかなかったことが考えつくんよ!

13や14あたりでも視野が狭くなってると私は感じるんですよ。

それが7あたりに行くと、視野が広がる感じ?

例えば、過去にAという出来事があって、その後Bという情報を知ったとします。

13や14あたりだと、それは何の関連もない別々の事に思えるんだけど、7あたりまで上がっていくと『あれっ?!Aってのは、Bに繋がる出来事として起こってたんじゃない??』って発想(アイディア)が出てくるんよ。何の関係もなさそうなことがいきなり繋がるんよ。

思考パターンが変化するって感じかなー? そういうことが起こりやすくなってきます。

 

情報が、探しに行かなくても入ってくるって状態になりやすい。

何か行動したとしても、少ない労力で済むかな~。

 

だから「良い気分でいろ」って言ってるんだと思うんよ。

 

 

コメントを残す