懐メロ聞いてて思ったこと

 

ワタクシ、あるミュージシャンをずっと追いかけて聞いてるってことがここ20年くらいありません。

昔はニューアルバム出たら予約して買って…みたいなこともしてましたけど(遠い目)。

 

で、昔好きだったアルバムの曲をひっさしぶりに聞いてたら、やっぱり今聞いても好きなワケですよ。

それについて色々考えてたのですよ。

いや、昔から考えてたけど。

 

まず、自分も年を重ねるごとに好みが変わるじゃないすか、そして自分が好きだったミュージシャンも当たり前ですがその時の好みだったりやりたい曲だったり(所属してるトコの意向で、次こういうので!みたいなこともあるのかもしれんけど)で方向性が変わってくじゃないですか、この方向性の不一致が「次も聞きたい」にならないんじゃないのかな?と。

ってのは、ずーっと昔から考えてたことです。

 

最近ワタクシはエネルギーにハマってるので、エネルギーで考えてみたんよ。

10年間くらいずっと好きだったミュージシャンが1組おりまして、私の中ではそれはかなり長い期間なのよ。なので、その人たちをサンプルデータとして考えてみたんよ。

彼らは売れてきた頃から好きだったのですよ。

想像するに、売れ始めた頃って、ミュージシャンの方でも「おぉ!売れてきてるじゃん!このまま上を目指すぜ!」…みたいなエネルギー出してるんじゃないかと思うんよ。いや、実際はどうか知りませんが。

そうだったと仮定すると、上昇するエネルギーに乗ってるんだと思うんよ。

だから、その当時にレコーディングされた音源には上昇エネルギーが封入されてるんではなかろうかと思うのです。

ここの考えは、ハピスクでハピちゃんが一発屋が何で一発で終わるのかって話をしてたのと、こないだエイブラハムの瞑想CD聞いてみたのが参考になった。

 

キャリアが長くなってくるとベスト盤のアルバイトが出たりするじゃないですか。

私ね、このベスト盤は新たに録音したものでなくて、当時の音源をリマスタした方が好きなんですよ。

もちろん、新しく取り直した方がミュージシャンのスキルも上がってるわけで、そっちのほうが聞きやすいんですけど、『なんか違うんだよな~』と思ってたんよ。

私はシンガーに特に興味があるので、声をわりと聞いてるんです。新たに録音したものって、シンガーの声質がほんのちょっぴりですが変わってたりするじゃないですか。それを言い変化(声に深みが出た、とかね)と捉える人もいるだろうけど、私はある時『なんか、声の艶がなくなったな…』って感じたことがあったんよ。

だから、新たに録音したものって好きじゃないのかな~?と思ってたんですよ。

でも、さっき思いついたんだけど、『乗ってるエネルギーが違うんじゃないのか?!』と。

 

あと、ベスト盤でなくオリジナルのアルバムを聞いてたときには、「それを聞いてた当時の自分のエネルギーも乗ってるんじゃないのかな?」と思い至ったんよ。

例えば、悲しい出来事があった時によく聞いてた曲って、聞くとその当時を思い出すじゃないですか! それと同じで、「良い気分の時に聞いてた曲(ないしアルバム)には、自分の良い気分を再生している」のかも?と。

 

たぶん、「そのミュージシャンの当時のエネルギーが乗っかてるのと、それを聞いてた自分のエネルギーを再生してるの両方かも」というところに落ち着いた。

 

 

カテゴリー: ひとりごと

コメントを残す

Copyrighted Image