江戸川橋の老舗鰻屋に行ってきた

数か月前にYouTube で料理関係の動画ばっかり見てた時期があるんですよ。

その時に、偶然辿りついたのがこの動画。

 

*テキストは英語ですが、インタビュー音声は日本語です。

 

この動画見て、気になってたんですよねー。

創業が天保6年(1835年)だそうで、180年の歴史を持ついわゆる老舗鰻屋さん。ミシュラン東京版でも星とってるらしいよ。

 

 

ってことで、行ってきました。

最寄駅は地下鉄有楽町線の江戸川橋駅。うん、『え?どこ?その駅?』って感じですよね。

ざっくり言うと早稲田の北のほうって感じ?

新宿区と文京区の境目のあたりです。もうちょっと南に行くと神楽坂があったりするあたり。

 

江戸川橋駅を出て、新目白通り沿いに東へ進み、神田川を越えるとすぐにお店がありました。

 

昼営業の5分くらい前に着いたんだけど、すでに1グループお客さんらしき人たちがいました。

女性の店員さんが暖簾を出され、「いらっしゃいませ」とおっしゃったので先に来てたグループの後から入店。

予約していかなかったけど、お座敷席なら空いてるとのことだったので、お座敷席へ。

テーブル席を眺めてみたら、ほとんどの席に「ご予約席」のプレートが置いてありました。

並ばずに食べたい場合は、予約したほうが無難のようですね~。

 

 

さて、鰻(鰻重)ですが、特上・上・並の3つがございました。

店員さんに聞いてみたら、それぞれご飯の量は一緒だそうです。乗ってる鰻の量が違うそうだ。

「上」を頼もうかと思ったけど、最近胃もたれ気味なのを思い出して「並」にしました。

鰻重に椀物はついてこないっぽかったので、吸い物も単品で頼む(椀物は肝吸いもあるヨ)。

 

 

わりと待ったのち、やってきましたうなじゅー!

 

これが鰻重(並)の外見。

 

で、それぞれの蓋を開けるとこんな感じ。

 

 

あ、あれ?なんか鰻、少なくない??

ミスったわー。鰻重(上)にしときゃよかった…orz

 

さて、鰻ですが普通に旨かったです。ただ、感動するほどの美味って感じでもなかったかなー(個人的にはね)。いや、美味いんだけどね

それより、ご飯が美味かったー!!

タレの濃さも割と好み♡

 

一緒に行った友人がふと「関東の鰻だねー」みたいなことを言ったんですよ。

関東の鰻(蒲焼)は蒸し焼きだそうで、わりとふっくらな感じだそうだ(多分そんな感じのことを言ってたと思う。うろ覚え)

それを聞いて思ったんですが、ある一定以上の美味さの食べ物って、その先はもう個人の好みで美味さが決まるんじゃないかと。『確かに美味しいけど、わたしはあの店のほうが好み』みたいな感じでさ。味覚というのも、「人は慣れ親しんだ味を美味いと感じやすい」って話を聞いたことあるし。

ってことで、私の勝手な意見ですが、「はし本」の鰻は、鰻・タレ・ご飯のトータルバランスが非常にいい鰻重ではないかなーと思います。

 

鰻重(並)とお吸い物で2,750円でした~。

鰻重(並)が2,600円でお吸い物が150円。

たぶん、夜行っても同じお値段だと思う。

参考までに、鰻重(上)は3,300円、鰻重(特上)は4,000円どす。

 

 

うなぎ はし本
東京都文京区水道2-5-7
11:30~14:00 / 16:30~20:00(L.O 19:30)/定休日:木曜日
http://www.unagi-hashimoto.jp/

 

 

カテゴリー: 食べ歩き タグ: ,

コメントを残す

Copyrighted Image