「ひとり言マッピング」と「潜在数秘術」を受けたヨ

とりあえず、まず先にこれを言わせてください。

人のサービスを受けるのって楽ですね~♪

 

わたしがやってた(やってる)サービスって、事前準備がわりとあるんですよ。

四柱推命は事前に命式だしとかなきゃだし、それについての確認もだし(確認が必要なのは覚え切れてないからって話ですが)。skype なら事前にメールで送っとかなきゃだし、対面だったらファイルを用意したり(クリアファイルに入れてお渡ししてました)。生年月日が違ってたら全部やり直しなので、確認してもらったり(違ってると、後々わたしが面倒なので)。時間直前には必要書類をスタンバイさせて~とやってたので、それに比べるとサービス受けるのって楽ですね~。わたしは何の準備もいらないから。

 

ってことで、今月初旬にれもんさんの「ひとり言マッピング」と「潜在数秘術」を受けましたー!

ひとり言マッピング」のモニター募集記事には対面な感じで書かれてあったんだけど、『skype でやってもらうのは大丈夫かしら?』と思い問い合わせたらOKだったので、skype でやってもらいました。れもんさん、スペシャル対応(お友達対応?)ありがとうございます!

 

「ひとり言」とはなんぞや?ってとこですが、脳内会話と言うか、口に出してはいないけど、頭の中で言ってるひとり言ってことだそうです。

 

で、受けてみて。もう、ほんとね、好き勝手に話せるってラクやわ~!

所々でれもんさんが話の舵取りしてくれるのが、また心地よい舵取りなんですよ~。

で、気付いたんですけど、わたし、わりと話したがりだわ(笑)

四柱推命の鑑定やってたときは、『このネタは話しておかないと!』だったり、『この話の流れだったら、次はコレかな?』とか『多分、今話されてることは表面的な話(またはダミー)で、その奥(や裏)にあるのは何だろう?』とかわりと考えて話してたので、たまに疲れてたんですけど、そういうことやらなくていいってラクねー!!

生命の樹のワークショップでも、「それは要約するとこうでよくね?」とかペロっと言いそうになるのですが、そこはあえて待つってのも大事だったりするので、何も言わずに(ワークショップを受けてくれた人が)しっくりくる言葉が出るのを待ってたりします。わたしが言っちゃうと、それもまた違ってくるしね。

あと四柱推命を辞めて生命の樹をつくるワークショップにした理由もいつかブログに書こうと思ってたんですが、理論立てて説明するのが最近面倒になってきてたんですよねー、正直なところ。

そこら辺も話せたので、個人的にスッキリ!

ほら、文章で説明するのと口頭で説明するのって違うじゃないですか。口で言った方が断然早いやん。

ただ、わたしはそうとう早口な方なので、マッピング用に書き取ってるれもんさんは大変だったのではないかな?と思います。

最後にはれもんさんが記してくれたその日のマップもいただけまーす♪

…ということで、まだまだ「ひとり言マッピング」のモニター募集されてるようなので、気になった方はゼヒ!←モニターの募集はすでに終了されてます。

いきなり一対一はちょっと…って方は、今月19日に谷中で「ひとり言セラピー会@谷中」もありますよ~。詳細は下のリンクたどってねん。あ、こっちは「ひとり言マッピング」ではないけど。

ひとり言セラピーカフェ会@谷中 開催します。|れもん色の日々
https://ameblo.jp/lemonstar65/entry-12277730624.html

 

 

 

潜在数秘術」ですが、秦由佳さんが考案した数秘術だそうです。

普通の(?)数秘より潜り込んでるものにフォーカスされてるよです。

詳しくは秦さんの解説記事をドゾ。

潜在数秘術とはなにか?その2。|秦由佳オフィシャルブログ「それでも世界にYESと言おう。」Powered by Ameba
https://ameblo.jp/hatayuka-ryc/entry-11990671936.html

 

もうれもんさんのモニター募集は終了しちゃってますが。

 

 

生年月日をお伝えしたら、後日鑑定シートをPDF でいただきましたー。

ワタクシ、LP(ライフパス)ナンバーが9でしたので、比較的何でも自分でできたりするんですよ。あくまで比較的ね。

何かやらせてもそこそこできる、みたいな。

だから、自分の中で「コレしかないわ!」みたいなのが決め難い(笑)。

あれもそこそこ、これもそこそこ…みたいな。器用貧乏とも言える。

鑑定シートの方には「状況によって様々な自分を演じられる柔軟性があります」って載ってまして、あーそれ昔あるサイキックリーダーさんにも言われたわ~。実はそこはいまいちピンときてなかったんだけど、あは(笑)。そういう自分もあるらしいよ。

「個性的な人を引き寄せます」ってのも、あるねー。だから、四柱推命のモニターさんのお話聞いてると『いやいや、それ全然常識的な行動でしょ』とツッコミ入れたくなることもありましたね~。わたしがベースに持ってる友人知人の行動は、比較的バラエティに富んでる方だと思うので、それらと照らし合わせると『いやいや、それくらいは大丈夫よ』と思うことはありしたねー。

私は自分が吸収してきたこと(経験なり知識なり)を第三者に伝えることにあまり魅力を感じないのですが(自分で分かればもう満足…みたいな感じ?)、実はそこは伝えてく担当らしいヨ。ディスティニーナンバー(運命・役割)に5があって、「学んだことや体験したことを人に伝えてチャレンジ精神を伝える役割があります」とありました。そーなんだー。

そいや、四柱推命の通変星でも「自立の星」の割合が私はめっちゃ多いんですけど、「自立の星」は言い換えると「自分で発信する星」だったりするので、そこは避けて通れないらしい。

そういえば、ワタクシはブログを書くのは全く苦でないのですよ。読まれても読まれなくてもどっちでもいいし。もちろん、読んでもらえてリアクションをいただければそれはそれで嬉しい。ただ、何らかのリアクションがなくても、ほっといても書いてるw てか、今までの過去ブログがそうだったし。

このブログは始めて1年ちょっとですが、それまでにも書いてたしねー。別のブログサービスで。日記も書いてたから、頭にあることを文字化するのは比較的慣れてたりします。いきなりこんな文章書けるようになったワケじゃなかよ(本を読んでる、ってのもあるけどねー)。

反対に「こういう記事を書いてください」ってのはからきしダメですね~。自由に好き勝手にける方がいい。

で、誰かに指示されるとか命令されるとか強制されたわけでもないのにやれることってのは、つまるところ向いてるんだろうねー。

ってことで、最近精神的余裕がないので、書いてませんが、ブログは続けてく予定どす。

「潜在数秘術」の話から大分逸れちゃったな。

「ひとり言マッピング」のときにれもんさんとも話してたんですが、占い(基本的資質の方ね)ってのは「当たってるはずれてるでなく、その基本的資質を知った上でどう使ってくか」じゃない?

自分ではいつもここで躓きやすいなーと思ってても、それはそれでOKなのかも知れないし。反対に「自分ではそういうところは無いと思ってた…」という部分が出てきたら、「そういう方向の自分もあるのかも♪」って自分に対する見方を変えるきっかけにするのもありだと思うんよ。

占いってのは、より自分を知るツールだと思うんよ。道具よ道具。道具ってのは、「どう使うか」でね? 資質も持ってるだけじゃなくて、どう使うかだと思うんよ。もちろんそれは必要に応じて「磨く」って作業も必要になるかもしれませんが。当たり外れにしか焦点をあわせないのは、非常にナンセンスだと思うんスよ。

 

ってことでれもんさん、ありがとうございましたー!

 

 

コメントを残す