The highly sensitive person

 

って人たちがいるそうだ。

 

ウィキペディアにも載ってた。

 生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは、カール・ユングの造語で言えば生得的感受性)を持つ人のこと。共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。HSPはしばしば、豊かで複雑な内的生活を送っているという自覚をもっている。物事に対して容易に驚き、短い時間にたくさんのことを成し遂げるよう要求されると混乱するという性質を持つ。エレイン・N・アーロンや他の研究者によると、HSPは人口の約五分の一を占めるという(男女によって偏りは見られない)。HSPは感覚データを通常よりはるかに深く、かつ徹底的に処理しているが、それは神経システムにおける生物学的な差異によるものだという 。この特異な性質が発見されたことは、ある種の人々を見る目が大きく変わるという決定的な帰結をもたらす。つまり、生得的なシャイさ、社交不安障害、社会的抑制、社会恐怖症、生得的恐怖症、あるいは内向性などとHSPはしばしば混同されてきたが、それらとは一線を画する性質だということである。この性質は、HSP測定法という内的・外的に妥当性があることが確認されている方法よって測られる。HSPは主に人間を記述するために用いられるが、同様の性質は100種以上の生物にも見られるという。

Wikipedia – ハイリー・センシティブ・パーソン より

 

 

私がこれを知ったのは3~4年くらい前だったと思う。

私はこれとはちょっと違うと思うけど、「この影響を受けやすい体質は何なんじゃー!?」と思って調べてたら辿りついた…気がする。

人口の5分の1は該当するとあるので、ハイリーな人はじつはけっこう居るんじゃないかと思っとります。ただ、そうでない人からすると、「そんなん気のせいだよ」とか「気にし過ぎじゃない?」とかって片づけられてしまうと思うので、本人も『気にし過ぎなのかな…(しょぼーん)』って感じで今まで片付けてしまってたかもしれない。

あと、時期的にハイリーに行ってるって場合もあるかもしれません。センシティブに傾いてるとでも言いましょうか。ほら、お肌でも時期とかその時のストレス状態によってはセンシティブになることありますよね。そんな感じで。

まあ、そういう人もいるよって話どす。

 

参考記事(日本語です)

The Highly Sensitive Person
http://hspjk.life.coocan.jp/

 

 

 

コメントを残す