売れている商品が自分にとってベストな商品とは限らない

 

あまりにも当たり前だと思ってることなので、あえて書くまでもないと思ってたんですが、ふと思いついたので書いとく。

まあ、その売れ筋商品がどんなジャンルの物かにもよるけどね~。

 

例えば、新しいPCを買おうと思って、PCに詳しい人にアドバイスを聞きに行ったとします。

気の利いたPCに詳しい人だったら、「それで何がしたいの?」というようなことを聞いてくれると思うのですよ。で、それに合ったスペックを教えてくれると思うのよ。

十数年くらい前だったら、動画の編集や画像編集ソフトを動かすとなると、それなりにCPU やらメモリやらハードディスクの容量が大きいのじゃないと、動作がもっさりして、それらのソフトに見合ったスペックのPC でないと、のちの作業が厳しかったりしてたので、そこら辺の確認って重要だったと思うのよ。

何か打ち込む作業が多い人は、キーボードが使い易いかどうかってのはわりと重要ではないかと思う(thinkpad のキーボードは使いやすいので、個人的に好き)。

あとさー、ibook 欲しい人だったら、スペックどうとかより、『それ持ってる自分、カッコいいぜ』って実感できる方がより重要だったりするかもしれないしさ。

それらというのは、要は自分の中で何がキー(重要点)なのかだと思うのよね。それって、自分を知ってないと分からないですよね。もしくは、何がしたいのか明確になってないと分からないと思うのよ。

もちろん、どれかPCを買って使ってみてから、『あ、(PC使って)これやってみたい』って事が出てくることもあるとは思います。

 

自分の中でのキー(重要点、大事にしてること)が分かってる人にとっては、売れ筋の商品って参考にはなるだろうけど、自分の要望を満たしてなければそもそもお話にならないと思うのよね~。

 

 

カテゴリー: ひとりごと

コメントを残す

Copyrighted Image