わりと根っこのヤツを解放できた

 

昨日の夕方だったか昼間だったか忘れましたが、『やっべー、どないすんねん!』って状況に気がつきまして。それに気がついたら、「怖い」というか「恐怖」に近い感覚がやってきたんです。

いつもならタバコ吸ったり、コーヒー飲んだり、ご飯食べたりして見なかったことにするんですが、昨日は『うっしゃ、今日こそはやるゼ!』って気分になって、しっかり感情を感じきってみました。

 

まず20分間書き出しをして、途中で『もういいやろ…』って気がしたのでお布団で寝っころがって感情を感じてみたんです。最初は怖いっていうか、緊張とか強ばる感じがしてたんだけど、その感覚に意識を集中させてたら次に「悲しい」が出てきたんです。何が悲しいのかは分からないけど。その単語が出てきた所(ポイント?地点?)も、思考で考えてるときの脳内音声が出てる場所とは違うポイントから出てきたんです(わたしは認識タイプ?は音声だと思うから。コレ、人によって異なります)。あえてその声に名前をつけるなら、魂の声って感じか? 感覚自体は下腹部の方から出てきてたかな?←この脳内の声とかは人によってまったく違ってくると思うので、あくまで『そういうのもあるんだ~』くらいに思ってください

まあ、とにかく感じ切ってたんですよ。

今度はまた別ポイントから「悲しい」に対して「ごめんね」って声が出てきて、しばらくその声に主導権を任せてたんです。

そしたら、じわーっと涙が出てきそうな感じがして、脳内音声では『おっしゃー!涙が出るのは魂の浄化だから、上手くいってるゼー!』と冷静に判断してる自分も在り(笑)。

で、上手く涙が出たので、『はー、もういいかも~』って感じ切るは切り上げ。その時に落ち着いたからなのか微かにカラダが緩んだ感じがしてはいたんです。その後は気がついたら寝落ちしてました(笑)。

 

 

お昼寝というか夕寝から目が覚めたら、なんかカラダがいつもより軽いんですよね。

あと状況的にぜんぜん気分が上がる状況ではないのに、なぜか悲観的な気分がまったくと言っていい程出てこない。思考も「こうなったらどうしよう?」みたいなネガティブな考えが出てこないんですよ。むしろテンション高めくらいの勢い。頭の中の冷静な部分で『なんだこりゃ?』とは思ってたんですが、考えても答えが出るとは思えなかったので、そのまま楽しいテンションで過ごしとりました。

ワークショップの準備のために書き作業をしていたんですが、その時カラダの歪みがいつもより分かったんです。わたし、左側に重心が寄ってるんですけど、『あ、左に行き過ぎだわ。中心、中心』ってバランス取り直してたり。他にも細かい『あ、ここズレてるわ』ってのがなんとなーく分かったんですよ。

それと肩のチカラがいつもよりも抜けた! いつも肩にチカラが入ってるんで、筋肉の使い方の癖にはなってるのはあるんですが、それでもいつもより肩にチカラが入ってなくて、『あー、普段ってもっとチカラ入ってるよねー。そりゃ肩も凝るわ』って分かったんですよね~。

 

 

今日になってからはテンションは普通に戻りましたね~。あの楽しいテンションは何だったんだろう?

ってことで、感情解放するとカラダも緩みますよ~って話でした。

 

 

コメントを残す