人生における意識のプロセス

 

小西温子さんの「生命の樹――受け取りの法則」の中で、人生のプロセスの中で「どんな意識の状態にあるか」を3段階で説明されてる文があったので紹介。

ここを知ってると、『あの人はアレをやってこうなったのに、同じようにわたしもやってみたけど同じようにはならないのはナゼ?』ってのが分かるかもです。

 

 

0から1の段階

自分のことをまったく分かっていない。

暗闇の中にいるような状態。

心も重たく生き辛さを感じる。

無い、足りない、欠けている意識が強い。

人の役に立ちたいと思っても、人のことより自分のことで大変な状況になる。

〔解決方〕

感情の解放をする。

自分を癒す。

自分をみつめる。

外側に向かってる意識を、自分の内側へと戻していく

物事を始める動機を「自分のため」にして、自分を満たしていく。ここでいう「自分のため」は、自分さえよければいいとうことではなく、自立のためのもの

 

わたしも長らくこの段階に居たと思います。

まだこの段階に片足突っ込んでるかもしれない…と思うけど(笑)。

感情解放オススメー!って言ってるのも、この段階から出ていくのに有効だからです。

そだ、癒しにも段階がありまっせ。田中みっちさんが記事にしてました、参考にドゾ。

 

癒しにも段階があるんやで!人が言うことを。鵜呑みにしたら、あかん|愛も豊かさも使命も手に入れる!性愛セラピストマスタートレーナー田中みっち公式ブログ
http://ameblo.jp/micchi222/entry-12042227709.html

 

 

 

1から10の段階

0から1の段階を出て、自分の意識が立ち上がった状態。

一歩超えたはいいけど、先に進む道がまったく開かず、後にも戻れず先にも進めない状態で進んでいかなくてはいけない

自分ではコントロール不可の未知の可能性に向かって進んでいかなくてはいけない

潜在意識(の中でも比較的表層に近い部分)が必死に抵抗してくる

本気度を試されるようなことがおこる

〔解決方〕

自分を知ることに加えて、自分を自分で育てることが必要

自分との約束を守り、自信をつけていく

自分が自分の応援者になって、育てていく

意識を内側に向けて、自分の中に在るものをみつける

 

ここの段階に入ってる人が最近すごく増えてきてると思います。

わたしも片足突っ込んだと思いたい(笑)。

ここのプロセスを経験すると、次の高次の意識に目覚めていく。←って本に書いてあった

 

 

10から100の段階

ここのプロセスは、「10」が「100」にも「1000」にも「1万」にも「1億」にもなる天文学的飛躍を秘めた段階。

成長が進み、宇宙や自分とつながってる

自分にしかできないことで活躍してる人はこの段階にいる(もしくは、その状態の自分がもう見えてるような状態)

充分に満ちた、在るの意識

今に集中することができる

 

最近、この段階にきてる人がぽつぽつ出てきてるように感じます。

Happy ちゃんとか、はるちゃんとか。たぶん著者の小西さんもこの段階に来てると思う。あとよく知りませんw

ここが「王の意識」って呼ばれる段階。

 

 

…とまあ、意識の段階は3段階あるのですよ。

ひょっとしたら、それぞれの段階の中でも細かく段階があるかもしれないし、ないかもしれないw

それぞれの段階があるのに、スピリチュアルとか引き寄せって括りで一緒くたに語るのはちょっと乱暴だなーと思うのですよ。

ってことで、意識の段階でしたー。

 

 

コメントを残す