勝手にエネルギーを送りつけてみた

 

意外と楽しい♪(笑)

 

そもそも、お金困ったなーと思ってたんですよ。最初は。

で、偶然辿りつたこの記事に載ってたことをやってみたんですよ。

 

本当にお金に困った時の「祈りの技」 – 気功.info
http://kikou.info/page/cat2/cat9/638.php

 

 

エイブラハムの瞑想CDの中でも、「人の成功を心から喜ぶ」とかあったし。

 

ちょうど外に出てたので、道行く人とか喫煙所で見かけた人とかに勝手に送りつけてたんですよ。エネルギーを。あ、「本人が望むなら受け取れるように」ってif関数みたいな宣言を先に入れてますが。

 

 

最初は、スーツ着てる男性を見かけたら「仕事上手くいきますように」とか見た目で(勝手に)判断して送りつけてたんですが、そのうち『この人はこっちじゃなかろうか?』とか出てきて、何かの練習になったみたいです(笑)。

あと、やってると『この人はいけそう(送れそう)』って人と、『この人はちょっと難しそう』って感じがしてきたのですよ。思うに、「氣を張ってる人」ってのは難しい感じがします。バリア張ってるみたいな感じ? 緩んでる人はいけそうな感じがしたんですよねー(+本人が望むなら。ほら、if関数の宣言入れてるから)。

 

あれ? そうか。脳は主語(?)を気にしないから、人に言ってるんだけど自分に言ってることになるのか。

 

 

で、気が付いたんですが、一昨日のヒーリング(?)も、「あれ、わたしも受け取りたい」って人は、自分で宣言すれば受け取れると思うんですよ。だって、あれソース(源)からやってきたエネルギーみたいだし。

いろいろ調べた結果、みんなソースには繋がることができるのよ。ってか多分、みんな繋がってる。それを取り入れる(または受け取る)許可を出してるか出してないかの差だと思われます。

 

エネルギー送るのは、面白そうなので、しばらく自主トレしてみます(笑)。

 

 

コメントを残す