旧正月と節分と立春の違い

(新春 梅 写真)

 

たまには四柱推命やってる人っぽい話でも。

 

私も聞かれるまでよく分かってなかったのですが、「旧正月(春節)と節分と立春」の違い。

旧正月とは旧暦の正月のこと…みたいです。

えーっといろいろ調べてみてるのですが、私もいまいちよく分かってません。

なので、後日ちゃんと調べて書きます。

ざっくり言いますと、冬至から2回目の新月の日です。

ちなみに、2017年は1月28日となります。

「春節」は中華圏での旧正月の名称。

中国の企業さんと取引がある会社では「確認事項は旧正月までに!」は合言葉となってるのではないでしょうか。「旧正月の時期は誰も捕まらない(マジで)」とかね。

 

 

次、節分。

一般的に2月3日と言われてますが、正確に言うとそれは「立春の前の日」だそうです。

節分は書いて字の如く、「節」を「分ける」ので、本来は年に4回あります。立春・立夏・立秋・立冬の前日が節分だそうだ。

平安時代の朝廷では大晦日を立春の前日としてたようで、翌日の立春からを新年としてたようです(参考文献:戸矢学「陰陽道とは何か」。[add_ruby k=’追儺’ f=’ついな’]の説明で「節分行事は、本来は大晦日の[add_ruby k=’大祓’ f=’おおはらえ’]に行われる行事」という一文があった)。

話し逸れますが、「恵方」というのは陰陽道の考えなのねー。歳徳神も陰陽道の考えなのね。

 

 

次、立春。

節分の翌日。まんまですが。

二十四節気の第一節。太陽黄経が315度のところ。

太陽黄経についてはウィキペディア先生に聞いてください。

黄道 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%81%93

(ウィキペディアで立春のページにある太陽黄経のリンクを辿ると、黄道のページに転送されます)

ちなみに、毎年の暦は国立天文台の暦計算室のページで確認できます。

 

すんません、途中で力尽きました・・・。

説明しだすとキリがなくなってきました。

 

コメントを残す