カラダの力を抜く方法

 

ワタクシ、マッサージなどに行ってベッドに横たわると施術者の方から「力抜いていいですよ~」と言われるくらい日々力が入りまくってるってことはどこかに書きましたでしょうか?

いろんなこと試してみて、普段の生活の中で『あ、肩にチカラ入ってるな』と気がつくくらいにはなりましたが、それ以前ってチカラが入っていてもぜんぜん気がつかないくらいだったんですよ。

 

そんな筋金入りのチカラ入りまくりな人でしたので、一時期は「チカラを抜く」ってことをけっこう気にしてました。

で、先月だったか先々月に、偶然にすぐにチカラが抜ける方法を見つけました。

 

まず、もともと知ってたネタを一つ。

わりと有名なやり方だと思うんですが、「一度全身にめちゃくちゃチカラを入れる」

反動でチカラ抜けますよ~。

私はスマホアプリ「寝たまんまヨガ」にこのやり方が入ってて知りましたが、ヨガニードラというヨガの一種の中に入ってるやり方だそうだ。

 

ヨガニードラとは?今 注目のヨガスタイル! | yoga generation [ヨガジェネレーション]
ヨガニードラは、シャバーサナと呼ばれる休息の姿勢をとりながら行うリラクゼーション練習であり、注目のストレスマネジメントの技法のひとつです。「究極のリラクゼーション法」とも呼ばれています。

 

寝たまんまヨガ

iOS

https://itunes.apple.com/jp/app/qintamanmayoga-jian-dan-ming/id505930723?mt=8&uo=8&at=1010laYX

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.excite.netamanma_yoga&hl=ja

 

 

で、先月だったか先々月だかに発見した方法。

皮膚から5cm くらいまでのところに空気の層があると意識します。意識するというか、仮定するでもいいけど。

身体の力を抜くんでなくて、その空気の層の力を抜くとイメージて抜いてみる。

意外とチカラ抜けますよ。

facebook にこのやり方を書いて投稿してみたら、数人試してくれた人がいてチカラ抜けたみたいなので、これも一瞬ではあるけど効果アリです。

ちなみに、この皮膚から5cm くらいまでのところというのはスピ系でいうところのエーテル体の部分。ここの部分からチカラを抜くイメージをすると、肉体の方にも影響がでる様です。

 

 

なんでチカラが抜けないようになるのかって話なのですが。

想像するに、「何かを感じたくない」と思い、身体に緊張を強いてるのではないのかなー?と思う。

あとは、常に防御体制になってるとか。

子どもの頃とか過去生で身を守らなきゃならないことがあって、それが癖になってるのかもねーと思います。

もちろん、それ以外の理由もあると思うけど。

ですので、自分の押し込めてた感情やら言いたかったことを吐き出してあげると、「ふっ」と抜けるようになることもあります。

ただあまりにも長期化してるものだと、筋肉が緊張してる状態を形状記憶してしまってるのかも?

その場合は、もうチカラが入ってるって気がついた時点でまめにチカラ抜いてくって地味にやるしかないかなーと思います。

 

コメントを残す