【募集終了】一緒に御守買いに行きませんか

 

東京都新宿区西早稲田にある穴八幡宮で、冬至の日から翌年の節分の間「[add_ruby k=’一陽来復’ f=’いちようらいふく’]」の御守が配布されとります(平たく言うと販売してる)。

「一陽来復」の御守、何に効果があるかと言いますと、「商売繁盛」「金銀融通」(平たく言うと金運ですね)に効果ありだそうです。

御守は壁に貼るバージョンとお財布に入れとくバージョンがあります。

壁に貼るバージョンは、貼る日時や方角も決まってるのでちょっとしたイベント感満載です。貼る方角は毎年違うので、御守買ったときに一緒に説明書的な紙も付いてきます。

早稲田穴八幡宮「一陽来復」金運お守り授与は、2017年冬至~2018年節分迄。値段・時間も: イベントチェッカー
2017年12月22日(金)の冬至の日に、東京・新宿区西早稲田の穴八幡宮(あなはちまんぐう)で「冬至祭(とうじさい)」が行われます。 冬至の日から節分の日(2018年2月3日)までの約1ヶ月半の期間、穴八幡宮境内で「一陽来復(いちようらいふく)」のお守り・お札を授与。 この期間の土日祝日、冬至、大晦日、節分の日は、西早稲田・穴八幡宮周辺が朝早くから多くの人で賑わいます。 スポンサーリンク 早稲田・穴八幡宮で一陽来復のお札・お守りを授与する伝統は、江戸時代より続くもの。 一年で一番昼間の時間が短い”冬至の日”を境に、日が一日一日と長くなっていくことを、中国の易の言葉で「一陽来復(いちようらいふく)」と言います。 「一陽来復」は、「陰極まって一陽を生ずる」、「よくない事の続いた後に、良い事がめぐって来る」と言う意味の言葉です。 穴八幡宮から授かった一陽来福の御..

 

ってことで、一緒に買いに行きませんか?

ぶっちゃけ一緒に買いに行かなくても、この記事を読んで「お!気になる!行ってみよう」って思って行ってくださったらそれでいいんですけどね。

そもそもね、私が得意な分野って多分、情報や知識の伝達だと思うんですよ。

穴八幡宮の御守は情報の伝達ですな。

ここ半年?いろんな方の助けでいろいろやってこれたのですよ。

で、その恩返し的に何が出来るだろう?と考えたときに、知ってるネタをどんどん出すってことかなー?と思ったのよ。今出来ることとしてね。

お金はあっても困らないし、私一人がお金持ちになるよか関わってくれた人たちも一緒にお金持ちになった方が楽しいやん。

ってことで穴八幡宮なのですよ。

 

お友達と行かれてもよかですが、私は1月22日(日曜)に行きますので都合が合う人は一緒に行きませんか?

今のところ、私以外にお二人参加表明中です。

あと1~2人募集してます。(人数多いと私がダメなので、少人数で行こうかと)

 

私のざっくり予定では、午後1時くらいに穴八幡宮に行って参拝&御守買い、その後希望者でお茶でもと考えてます。

場合によっては、お茶のときに簡単なお金のプチワークもやってみようかと思います。

詳しい集合場所や時間はお申し込みされた方に連絡しまーす。

参加費用などはありません。御守代やお茶代は各自負担でお願いします。

「参加しまーす!」って方はコチラから「穴八幡宮」とか「御守買いに行きます!」とかって題名で連絡いただけると助かります。

 

2月には「鰻といえば冬だよね!美味しい鰻を食べにいこうゼ!」をやる予定。

3名募集すると思います。

ただ、facebook で先に募集します。ブログでの募集はその後になりまーす。

先にfacebook の方でうまっちゃったらゴメンナサイ。

めっちゃ美味い鰻屋を知ってますので、一緒にいきましょう。うふ。( *´艸`)

 

コメントを残す