4. そうだ、日光行こう!

10月初旬に行った日光の話。

前記事はこちらからドウゾ。

1 そうだ、日光行こう! 下準備~新宿駅~神橋偏

2 そうだ、日光行こう! 本宮神社~日光東照宮~客殿・新社務所偏

3 そうだ、日光行こう! 観音堂・開山堂~北野神社~ようやく辿り着いたゼ!滝尾神社偏

 

 

 

滝尾神社から下山(?)してきて、次は二荒山神社に向かいます。

今度は石畳の参道を歩いてく。

膝にきそうですな。それか、翌日もしくは数日後に筋肉痛になりそう…。

 

大小べんきんぜいの碑あたりで道が二手に分かれます。

二荒山神社方面に進もうとすると、またも上り!

 

201610nikko31

 

もう下るだけじゃなかったのー?!←誰もそんなこと言ってない

 

もうペットボトルの水が無くなってたので、早く水飲みたい一心で、猛スピードで二荒山神社に向かう。

石段を上りきると行者堂があったりしました。

201610nikko33

 

さらりとスルーし、先に進みます!

トントンとリズミカルに石畳を下ってく。

 

ここら辺を見渡すと、こんな感じなのですよ。

201610nikko34

 

今はもう石畳の道もアスファルトの道(滝尾高徳水神社方面のみ)もあるけど、最初にここにやってきた人たちは、こういう野山状態のところを切り拓いて行ったんだなーと想像すると、すごい労力だよなと思います。

ただ、昔は世の中自体もおおむねこんな感じ↑だったんだろうから、労力かけるのが当たり前って感じだったのかも?

そう考えると、東京から日光に行くまでも、昔だったら一大イベントよねー。川だって大きなの二つも(荒川と利根川)越えるし。

今は便利な世の中なんだなー。

 

修験者ルートを一気に降りてきて、辿りついたぜ二荒山神社。

201610nikko35

 

久しぶりに人口密度が高くなる。

神門をくぐったあたりで、「生クリーム大福」の看板を見かけ、本殿そっちのけで御休憩所を目指す!←何か間違ってる気がする

 

二荒山神社境内にはこんな御神木(でいいの?)があったり、

201610nikko36r

 

大国殿の横には「輪投げで運試し」スポットがあったり

201610nikko37

何のアトラクションですか?

日光社寺には、「投げて開運」とか多くないですか?

身体動かせってことなの?

 

途中、二荒霊泉があったので、お参り。

そして湧き水もあったので、ささっと空のペットボトルに水を入れて飲む。

生き返った…。

かなり喉乾いてたので、ほんと助かりました。

 

休憩所で目的の(←え?)生クリーム大福をゲット。

201610nikko52

 

冷や甘酒もつけちゃうぜ!

甘酒と大福で500円くらいだったかな?

またまた生き返ったわー

 

…ということで、今回の目的はほぼクリア!

大猷院たいゆういんはこれといって興味が湧かなかったので、時間的な余裕はあったけど寄りませんでした。

 

で、ワタクシ、以前ホテル紹介ブログも書いてたので(現在休止中)、日光金谷ホテルも見てみたいわ♪と思っておりましたの。

 

またまた国道120号線を越えて、今度は日光金谷ホテルへ。

201610nikko40

 

おー!まさにクラシックホテルですなー!

余談ですが、日本のクラシックホテルというと、横浜の「ニューグランドホテル」、箱根の「富士屋ホテル」、軽井沢の「軽井沢万平ホテル」、奈良の「奈良ホテル」、東京の「東京ステーションホテル」とここ日光の「日光金谷ホテル」が挙げられますね。

ってことで、勝手に期待度大で1階にあるコーヒーラウンジ「メープルリーフ」へ。

カレー食べてきました。

 

201610nikko41r

 

ランチョンマットには日光金谷ホテル周辺の観光スポットのイラストと、日光金谷ホテルの歴史写真がプリントされてました。

で、肝心のカレー。

 

201610nikko42r

 

うん、カレーは美味しかったです

まさにホテルのカレーって感じで、上品なお味でした。

レトルト買って帰ってもいいかも?と思うくらいには美味しかった。

あとはいろいろ期待し過ぎました。以上。

 

帰りぎわにも写真を撮る。

201610nikko43r

 

日光金谷ホテルの紹介でよく使われてるのは、このアングルですね。

もうちょっと左に振ってもよかったかも。

 

あとは東武日光駅に向かうだけ…のはずでした。

何気にまだつづきます

5へつづく

 

 

保存

保存

保存

保存

カテゴリー: お出かけ タグ:

コメントを残す

Copyrighted Image