号泣する準備は出来ていた…ハズだったんだけどなぁ

Emotional People103-w1060-h1060

 

 

ちょっと前の話になりますが、雫石雪乃さんの個人セッションを受けてきました。

 

3月くらいから潜在意識レベルの思い込みを解消できる誰かの個人セッションを受けようと思ってたんですよ。

最初はうっかり女神のセッションを受けようかと思ってたんで、5月のお話会に参加したんですよ。でも私の中でどーにも煮え切ってなくって、だらだらとしておりました。

その5月のお話会の時、同じくお話会に参加してたあきんさんのブログを読んで雪乃さんを知ったんです。

 

雪乃さんのブログがかなり納得な話が多かったので、『これは一度お会いしてみよう』と思い、雪乃さんの6月のお話会に参加してきました。

この日のお話会は雪乃さんも書かれていますが、オープンカウンセリングと言うかグループカウンセリング?みたいになってました。

ある参加者さんがご相談をされてた時の事。ご相談に対して雪乃さんが「それは何だと思う?」と言う風にさらに深掘りされていくのですが、参加者さんが「こうだと思う」って返すのですが傍で見てると『え?そっちなの?!』と思わずツッコミ入れたくなる感じだったんですよ。

ほら、他人(ひと)の悩みや問題って傍から見るとよく見えるじゃないですか。でも、自分のこととなるとけっこう自動的にそこを避けて通っちゃうんだな…ってのをありありと見させていただき、『これは自分で深掘りするより、誰かにお願いした方がいいな』と確信を持てました。

 

…そんなことがあったので、翌週には個人セッションを受けました。

雪乃さんのブログで「(みんな号泣するから)バスタオルの準備はお忘れなく」というようなことが書かれてたのですよ。ええ、持っていきましたバスタオル。本当に

で、結論から言うと、ハンドタオルで事足りました(私の場合は)。

それよりティッシュの方が必需だった! もー洟が出て洟が出て(けっきょくお手洗いに駆け込んだ)。

 

私、もともとお金のブロックがあると思ってたんですね。

お話会に参加した後、お話会の感想と合わせてお金のブロックがあると思うってことも雪乃さんにメールしておいたんです。でも、この時点で私もぼんやりお金のことはダミーかもしれないと思ったんです。雪乃さんも返信をくれたときに「お金の問題じゃないでしょうね」と書かれていて。

まず、自分でお話会に参加&感想書いてみて浮き彫りになったのが、「人に言えない」ってこと。

自分が「辛い、苦しい」って事に関しては「人に言えない」が特に顕著に出るのですよ。

個人セッションを受ける直前に、自分でも思い当たる節をノートに書きだしてたんですが、この「人に言えない(特に”助けてほしい”時)」に関しては、子供の頃に風呂場で死ぬかと思った出来事があって、その時泣いて叫んでも助けてもらえなかった(と私は記憶している)が原因じゃないのかなーと。

お金のブロックに関しても、自分で事前に「お金があることのメリット、デメリット」を書き出してみたんですが、なんかピンと来ないんですよね。なのでそこはセッションに持ち越し。

参考記事:自分の心の掘り下げ方|裏庭のないしょ話 byリーディングカウンセラー雫石雪乃
http://ameblo.jp/cocoles/entry-12037447905.html

 

だいぶ話が紆余曲折しましたが、セッション当日。

雪乃さんとお会いして、最初の10分くらいは自分で「問題だと思ってること」の話だったり、雪乃さんからいくつか質問が出されたのでそれに答えたりなどし。

「じゃあ今日は先にリーディングをします」と雪乃さんが言われ、リーディングしていただくことに。

リーディングしていただいて、まず雪乃さんが言われたのが「負けず嫌いですか?闘争心って言葉が一番でてきてる」って。

おっかしーなー、平和主義者だと思ってたんですけどー!(笑)。

「穏やかな品川さんですけど~」と言ったら、雪乃さんがすかさず「いや、無理ですね」って。( ゚艸゚)・;’.、ブッ

 

その後は私が問題だと思ってるお金の話だったり、自分の過去の話をしたり、家族の話をしたり。

で、やっぱりお風呂で死ぬかと思った出来事は、自分のなかでぜんぜん消化してなかった!

なので、そこの感情の解放。

ここで号泣だったのですが、バスタオルよりティッシュの方が欲しかった品川です。

 

 

話逸れますが、感情の解放について私は最初溝口あゆかさんのブログで数年前に知りました。どの記事だったか忘れたんですが。

ちなみに、岡田さんのこの記事も詳しい。

参考記事:【アダルトチルドレンからの脱却 〜感情は身体の振動であることを理解する】|【本来の自分らしく楽に生きるために】心身調律セラピスト岡田哲也のブログ~アダルトチルドレンからの脱却法
http://ameblo.jp/iyashiya1848/entry-11600114241.html

ここら辺の記事を読んでいたので、以前自分でやってみたことがるんですが、人にリードしてもらってやった方が断然ラクですね。

抜けきらない場合も質問を投げかけてくれてリードしてくれるので。

 

 

…と言うわけで、雪乃さんにリードしてもらいつつ感情を味わう(?)をやる。

でもお店の中だったので、正直「恥ずかしいなぁ」が先立ってしまって、完全には抜けきらなかった…。なんせ約30年の熟成モノでしたし。

ただ雪乃さんがエネルギー的にもサポートしてくれてたので(←ですよね?)、一人でやるより私はすごくラクでした。

私は喉に感情が詰まってたので、解放後(なのか?)は息をするのが凄くラクになりました

昔から呼吸が浅いって言われてたんですよ。胸くらいまでしか吸えてない感じ。でも、この後横隔膜が下がって、きちんと深呼吸出来てる感じがしました~。

 

 

ここで9割がた自分で自分にかけた呪いは解けたみたいです。

”ハートから出てくる言葉”がどれなのか雪乃さんのリードで一緒に確認したりした。

 

で、よいよ本題のお金の問題に入ってくのですよ。

結論から言うと、「(お金があると親に心配してもらえないから)お金を持ってちゃいけない」だったり、「(辛い状況じゃないと心配してもらえないから、あえて)自分で辛い状況を選んでる」ということだった・・・。

要はかまってちゃんでした~

あーがっかり、そんな自分にがっかりだよ!

あ、ひょっとしてコレか? さきこさんの言う「絶望しろ」ってのは。

 

私、セッションを録音させてもらってたんですが、あとからこの部分を聞き返してみて『かなり頭で考えてるかも…』と思いました。

この直前にハートで感じる状態に持ってったのに!

 

そんな感じでぴったり2時間のセッションでしたー♪

 

個人的な感想として、「やはり餅は餅屋だ!」。

私、わりとなんでも自分でやろうとしてしまうんですが、セッション受けてみて、専門家にお願いした方がよっぽど早いしちゃんとした方向に導いてもらえるというのを実感。自分でやってると、見たくないものってほんと自動的に無意識に避けて通っちゃう。あと客観的かつ冷静に指摘してもらえる(特に雪乃さんの場合は)。

セッションは録音しておいたほうがいいかも。セッション中は答えるので精いっぱいになるし。

あとから聞き返してみて、セッション中に感情が揺さぶられた部分をまた聞いてみて同じように揺さぶられるなら、それはまだ感情が抜けきってないと思うので、そこら辺の確認などにも使えるし。

感情解放の誘導をセッション中にしてもらった場合は、録音聞いて同じように別の感情を解放するのにも使えるし。

そいや今回のセッションで始める前に「録音してもいいですか?」って確認したら、「いいですよ~。気の利いた事は言いませんが」って答えてた雪乃さんに爆笑。

 

あんまりにも長くなったので、その後の変化は別記事にします。

 

保存

保存

保存

保存

“号泣する準備は出来ていた…ハズだったんだけどなぁ” への2件の返信

  1. ぱるまに@夏見なみ2016年7月3日 13:17返信

    こんにちは〜

    受けたセッションをちゃんと客観的にとらえていて、言語化できるってすごいですね〜!

    めっさわかりやすいです〜!(^_^)

    1. しなあや2016年7月3日 15:24返信

      なみさん、こんにちは~(^o^)丿
      ブログ読んでくださり、ありがとうございます。
      コメントもくれて、ありがとー!
      書いてて、だいぶ簡略化してないか?話飛び過ぎてないか?と気になりましたが、分かりやすいと言っていただけたので一安心しました。
      今回はカンニング(セッション時の録音)できたので、比較的書きやすかったのですヨ♪

コメントを残す